Mcshrimpの砂箱
評価: 0+x
gomibako

発見当初のSCP-1053-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██に存在する5m×5m×5mの防弾ガラスで囲まれた収容セル内に保管し、収容セルのドアの前に2名以上の財団職員を常駐させてください。収容セル内でSCP-XXX-JP以外の異常物品や異常性が確認された際には機動部隊ご-3("廃棄物処理場")に連絡し、無力化を試みてください。また、SCP-XXX-JPと意思疎通を試みる場合は担当職員に許可を申請してください。

説明: SCP-XXX-JPは定期的に廃棄物(以下、SCP-XXX-JP-1群)を周囲に出現させる小型のゴミ箱です。サイズは高さ124cm、底面の直径40cm、蓋の直径55cmです。水色の蓋と金網でデザインされていますが、どちらも未知の金属で構成されており如何なる破壊も受け付けません。SCP-XXX-JPは紙面上における意思疎通が可能です。質問や要求を紙に書き、SCP-XXX-JP内に入れると紙は消失し、1〜3時間程度で質問や要求に対する返答がなされた紙やSCP-XXX-JP-1群がSCP-XXX-JP外に出現します。
SCP-XXX-JP-1群は定期的にSCP-XXX-JPから出現し、過去に廃棄された形跡が存在する異常性を保持した廃棄物の総称です。SCP-XXX-JP-1群が出現するサイクルは主に7日周期ですが、要求によるSCP-XXX-JP-1群の出現はサイクルには影響しません。
SCP-XXX-JP-1群の保持する異常性は出現するたびに異なります。

補遺: