mayu_dogのサンドボックス

おべんきょうちゅう


現在批評受付中の記事

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 毎週日曜13時~14時の間にDクラス職員1名を用意し、"対局イベント"に従事させて下さい。

説明: SCP-XXX-JPは19目×19目サイズの碁盤です。分析の結果、材質に異常は見られませんでした。
SCP-XXX-JPは、日本時間の毎週日曜13時~14時の間に異常性を発生します。

上述の規定時間になるとSCP-XXX-JPは盤面上に大量の碁石を出現させます(以後、対局イベントと呼称)。碁石をSCP-XXX-JP上から故意に移動させる試みは全て失敗しています。出現する碁石の並びは基本的にランダムですが、以下の法則性があることが判明しています。

・黒と白で対局中であるかのように見られる。
・対局終盤付近が再現されている。
・白側が僅かに劣性である。
・黒側の何処かに「一眼」が存在する。
・黒側一眼の傍の白側に、「アタリ」と呼ばれる部分が存在する

対局イベント発生中1人以上の人間がSCP-XXX-JPの傍に近づいた場合、その人物の手中に白の碁石が発生します。この白の碁石を適切な黒側の「一眼」へ打ち込むことで対局イベントは終了し、その人物はSCP-XXX-JP-1へと変化します。

補遺1: SCP-XXX-JPはテレビ局であるの備品保管倉庫で発見されました。「テレビ局職員が倉庫内に備品を取り行こうとした際、倉庫内から突如爆発音がした」との通報を傍受し、財団の注意を惹きました。警察及び消防署に潜伏していたエージェントが倉庫内にて爆発の痕跡を確認中、爆発の中心部に無数に砕けた碁石と無傷の碁盤が存在していたことから異常物品と推測、秘密裏に回収されました。現場にはカバーストーリー「ガス漏れによる爆発」が適用されました。

補遺2: SCP-XXX-JP

Euclid


下書き

考案中のモノを入れています。


その他
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

説明: [SCPオブジェクトの性質に関する記述]

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]