Masi_to_zyのサンドボックス
rating: 0+x

██のやわらかせっけん詰め合わせセット
SCP-1222-JPとして投稿済み

以下のものはDクラス職員を使用した実験のインタビュー記録です。

補遺1、補遺2:

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP
オブジェクトクラス: Euclid Neutralized
特別収容プロトコル:
SCP-XXX-JPは、19██/12/25に無力化されました。 

説明: SCP-XXX-JPは、██県██市にあるアパートメント『█████』の一室です。オブジェクトは通常のアパートメントと外見上異なる点は無く、オブジェクト内に20歳以上の人間(以下、対象)が入室すると異常性を発揮します。入室すると同時に、室内に人型実体(SCP-XXX-JP-1)が発生します。SCP-XXX-JP-1は一般的な50歳代の女性の姿をとります。SCP-XXX-JP-1の内部は未知の繊維で構成されており、表面は人間の皮膚で覆われています。対象はSCP-XXX-JP-1を自身の母として認識し、SCP-XXX-JP-1もそのように振る舞います。実験開始から終了までの期間は3ヶ月です。その間対象は、日常の全てをSCP-XXX-JP-1に任せる状態となり、対象の体は緩やかに衰弱していきます。SCP-XXX-JP-1も多くの場合応えます。最終的に対象が死に至ると、SCP-XXX-JP-1は消失します。対象の遺体はSCP-XXX-JP-1の消失後、直ちに消失します。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

rating: 0+x


[

haikyo_kowaine.jpg

SCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの転移が確認された場合、███山中に設置した監視カメラでSCP-XXX-JPを捜索し、座標特定後にカバーストーリー「野生動物の被害」を適応し収容してください。SCP-XXX-JPの出現箇所から半径20m以内の、一般人、実験時以外のDクラス以外の侵入、及び付近の単独行動は禁止されます。実験は必ず、Dクラス職員を除く関係者3人以上で行ってください。

説明: SCP-XXX-JPは、岡山県の███山中にて出現する異常性を持った金属製の扉です。出現箇所は一定ではなく、1週間に1度SCP-XXX-JPは███山のどこかに転移します。
扉の周囲はコンクリートブロックのおよそ3m程度の塀が形成されており、人の手で破壊することは不可能です。
通常SCP-XXX-JPは閉じていますが、半径20m以内に人間が侵入すると、SCP-XXX-JPが自発的に開きます。それにより、内部への更なる立ち入りが可能となり、多くの場合その暴露者(以下、SCP-XXX-JP-2)はSCP-XXX-JP内部へ侵入します。

haikyo_naibu_outi.jpg

SCP-XXX-JP内部の写真。D-18442が撮影。

SCP-XXX-JP内部には、古めかしい木造建築住居(以下、SCP-XXX-JP-1)が存在しています。SCP-XXX-JP-1を取り囲むように木々がはえ、木々から向こう側は広大な森が広がっています。森から脱出することは不可能であり、SCP-XXX-JP内部から出る手段はSCP-XXX-JPを使用する事以外ありません。SCP-XXX-JP内部の天候は常に晴れています。これらのことから、SCP-XXX-JP内部の空間が地球上に存在している可能性は低いと考えられています。
SCP-XXX-JP-1内部は過度に襖で仕切られています。1部屋ごとの広さは平均約1.5畳程度です。ほとんどの部屋には汚れた布団が畳まれて配置されています。そして玄関から反対側に、屋根裏部屋に上がることが出来る梯子が存在しています。
SCP-XXX-JP-2がSCP-XXX-JP-1内部の仏間を目視すると、SCP-XXX-JP-2は何かを視認しその場からの逃走をはかります。この際SCP-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-1内部からの脱出を試みますが、扉、窓が開かなくなることによりそれは失敗します。その後SCP-XXX-JP-2は仏間がある方向に顔を向け絶命します。絶命後、遺体は0.2秒間その場から消失し、体のいずれかの部位を失った状態で再出現します(以下、イベント)。
番号 データ
SCP-XXX-JP-2-a 20代男性。████大学学生。本名██ ██。右腕を喪失。
SCP-XXX-JP-2-b 同上。本名███ █。左足を喪失。
SCP-XXX-JP-2-c 同上。本名██ ███。右足を喪失。
SCP-XXX-JP-2-d 70代男性。本名██ ██。SCP-XXX-JP-aと血縁関係あり。四肢の指を喪失。
SCP-XXX-JP-2-e 10代女性。本名██ █。眼球を喪失。
SCP-XXX-JP-2-f 乳幼児。SCP-XXX-JP-2-eの娘。舌を喪失。
SCP-XXX-JP-2-g 60代女性。本名██ ██。右耳を喪失。
SCP-XXX-JP-2-h 30代男性。本名███ ███。性器を喪失。

イベント中、暴露者同士は双方の存在を認識することが出来ません。イベント終了後の暴露者の遺体は、肉眼で視認する事が不可能になります。しかし、カメラ等の記録映像でのみ、SCP-XXX-JP-2-a郡の姿を確認することが可能です。
SCP-XXX-JPは、███山がある██市内にて言い伝えられていた「神隠しがおきる山」という噂を、大型掲示板サイトで「神隠しではなく異世界へ繋がるドアからみんな消えていく」といった一定の解釈を複数の人間が主張しているスレッドを、サイトを閲覧していたエージェント2名が発見し収容に至りました。

SCP-XXX-JP事案: 2015/9/1

被害: D-18442、███博士、██研究員、██研究員

内容: SCP-XXX-JPの内部調査に出向いた4名が戻らないことを不審に思った職員らが現場に急行し、SCP-XXX-JP付近で4名が死亡しているのを発見した。4名の死体は下半身を失っており、また体全体に多くの損傷が見られた。異常性の発現が仏間を視認したことではなく、D-18442が採取した小箱を視認したことで発現した点、そして音声記録の内容から、本件を特殊事案と制定した。