しがない学芸員の手帳
評価: 0+x

下書き仮案

トランプェ…

[[/code]]

scp-xxx-jp『鶴声器/人類達への贈り物
オブジェクトクラス:safe Euclid

特別収容プロトコル:scp-xxx-jp-aは、防音設備を備えた専用の物品保管庫にて厳重に保管して下さい。scp-xxx-jp-aを使用した実験を行う際には必ず、精神テストを受けて総合精神強度が70以上と判断された、セキュリティクリアランス3以上の職員2名の許可を得た職員が主導して下さい。又、実験に参加した職員は必ず、実験の記録を附けた後にクラスB記憶処理を受けて下さい。
scp-xxx-jp-bを発見した際には、速やかに回収し、解析の後に跡形も無く破壊して下さい。

説明:scp-xxx-jp-aは、一般的な拡声器に非常に良く似た形状をしており内部構造は極めて複雑ですが、使用方法は一般的な拡声器と変わらない事がわかっています。
このオブジェクトは1945年頃の太平洋戦争の終結後にドイツの[削除済]収容所にて発見されドイツ国内では最終的に█点回収されました。又、総統地下壕周辺の隠し倉庫からも同様の物が多数発見されており、他にも██点に及ぶ異常な物品や生命体が回収されましたが、既に[編集済]されたと見受けられる痕跡が残されていました。

尚、発見時の収容所内で確保された人物達については、皆一様に数種類の精神疾患を併発しており、意識の混濁や痴呆、著しい判断力の欠如が見られましたが、scp-xxx-jp-aに関連する情報が得られないと判断された為、記憶処理を施された後に解放されました。

初期の調査結果から、scp-xxx-jp-aは[編集済]によって開発された物品であり、『使用者の声を特定の周波数に変換した音声により、対象者を一種の催眠状態に導入し、使用者に対して従順にする効果が在るが、影響を受け難い人間が全体の比率として表すと23,6%と成る上に、同じ対象への使用に関しては4~13回の使用で対象者が全く反応を表さなくなる、洗脳器具の一種』である事が明らかになった為safeアイテムとして収容され、研究は少数の職員で行う事になりました