記事を読むお前の背後におれは立つ
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその異常性によって自己収容を成しているため、異常性発現後の市民に対する記憶処理、カバーストーリーの流布は不要です。ただし、SCP-XXX-JP-AとSCP-XXX-JP-Bの保護および観察はエージェントによって実行してください。

説明: SCP-XXX-JPは長野県███市内で観測される市内放送と、それに伴う異常現象です。8~12年ほどの間隔で、██市内の放送用スピーカーより12分間、迷子情報を伝える放送が流れます。内容は常に同様で、以下の通りです。

███市迷子センターより、迷子のお知らせです。███市在住の、ヤサカ ムコウヨくん 8歳が本日14:30頃から行方不明となっております。失踪時の服装は、半ズボン、赤い帽子、血濡れのTシャツ、です。見かけましたら、███市迷子センターまでご連絡をお願いします。繰り返します…

放送内で言及されているヤサカ ムコウヨという男児については、日本の戸籍上では確認できません。

放送後、███市内において、1~3年内に「ムコウヨ」と名付けられた男児が同日に25人〜67人誕生します(この集団をXXX-JP-A群とする)。この現象について当該両親に事情聴取を行っても有益な情報は得られません。「ムコウヨ」という名前については、「そう名付けるべきだと感じた」などの不明瞭な答えが得られます。

XXX-JP-A個体についてはその共通した名前以外に異常は認められません。特に事情が無ければ、XXX-JP-Aは親の教育方針に基づき、通常の日本の義務教育過程を受けることになります。また、ほとんどのXXX-JP-Aは明るく社交的であり、同世代の子供たちと良好なコミュニティを形成します。

XXX-JP-A群が誕生してから8年後、その誕生日にXXX-JP-A群は一斉に行方不明となります。各対象の位置情報を追跡する試みは全て失敗に終わっています。

行方不明現象が発生した同日に、██市内にて市内放送が流れます。これは通常の市内放送と比べノイズが大きく、その全内容の把握は未だに完了していません。以下がその内容となります。

███市迷子センターより、  の、お知らせです
コウヨ   █人   行方不明   █山中にて   666箇所の刺傷    共に
   右腕は、見つかっていません。
  殺し   母親    死ね

本放送直後、「ムコウヨ」の母親達(XXX-JP-B)は一斉に重度の鬱病に似た症状を発症します 。この段階より、XXX-JP-Bにはあらゆる接触や呼びかけに対し無反応になり、また食事や睡眠を行わなくなります。延命治療は全て失敗に終わっており、通常1ヶ月から2ヶ月の間にXXX-JP-B郡は全員衰弱死します。

また放送終了後より、人々のXXX-JP-Aに関する記憶は急速に薄れていきます。1時間程度経過すると、XXX-JP-Aに関わった人間はXXX-JP-Aについて思い出すことが出来なくなります。ただし、完全な記憶喪失では無いため、「ムコウヨ」の名前を伝えると「そんな存在がいた気がする」程度に思い出すことは出来ますが、XXX-JP-Aの容姿や、共有した時間などを思い出すことは出来ません。

この現象により、本行方不明事件は警察機関によって捜査が行われることがありません。行方不明イベントが発生してから市民が通報するより先に、記憶が薄れて忘れてしまうためです。

追記:
本報告書の執筆者が上記の異常性の影響を受けずに報告書を書くことが出来た理由は不明です。

また、本報告書の執筆者は不明です。

また、███市迷子センターという施設は存在していません。