Aqua‐Terrarium
評価: 0+x
gcfhghjlkm3.jpg

███産婦人科病院にて摘出されたSCP-XXX-JP-2a(画像は無人機によって撮影されたもの)

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter 

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-1の存在する洞窟は入り口を封鎖し、内部を無人機により24時間体制で監視してください。洞窟内への侵入実験はセキュリティクリアランス2以上の職員による許可が必要です。補遺-2の事案発生に伴い、現在SCP-XXX-JP-1の存在する洞窟への侵入は全面的に禁止されています。また洞窟への侵入を試みる者がいた場合、侵入者を無条件で終了することが許可されています。
SCP-XXX-JP-2は全ての個体をサイト-8139の医療セクター内の人型実体収容室に収容し、その体調を常にモニタリングしてください。収容外にあるSCP-XXX-JP-2を発見した場合はその体調を確認し、問題なければサイト-8139に収容しますが、「くわるた・イベント」の発生が予見される場合、速やかに緊急プロトコル「べんぼう」によるSCP-XXX-JP-2aの封じ込めを実施してください。
プロトコル「べんぼう」の詳細な手順については、別紙添付資料を参照してください。
201█/█/██追記: 現在収容下にある全てのSCP-XXX-JP-2aに成長が確認されました。対象の異常性を無力化する方法が確立されなかった場合、「くわるた・イベント」が発生すると考えられる20██/█/██までにプロトコル「べんぼう」によるSCP-XXX-JP-2の封じ込めを行う予定です。

説明: SCP-XXX-JPは異常な性質を持つ樹木状の実体であるSCP-XXX-JP-1と、その影響を受けた人間の女性であるSCP-XXX-JP-2によって構成される存在です。

SCP-XXX-JP-1は長崎県███市████学校の敷地内の洞窟1内に存在する、バラ科の樹木に酷似した実体です。枝や葉にあたる部位が存在せず、幹の上端が洞窟の天井にも根を張る上下対称の極性を有します。また幹の中央には樹洞が存在し、その内部には四肢の末端部が樹洞内部の植物組織と一体化した人型実体が存在します。この実体は████学校で2年A組のクラス委員を務めていた柚木加菜子氏であることが財団の調査で判明しています。実体からの自発的な行動は後述の異常性を除き今のところ確認されていません。
SCP-XXX-JP-1の周囲にはフユシャク亜科の成虫に酷似した外観を持つ起源不明の生物実体(SCP-XXX-JP-1aと呼称)が多数2存在します。SCP-XXX-JP-1aは薬物等に強い耐性を持つほか、非常に人間に近い体組織3によって構成されていますが、その細胞には一切の核酸が含まれていないことが確認されています。またSCP-XXX-JP-1aはシルク状の物質を分泌することができ、それを用いて樹洞内の実体を覆い隠しています。
SCP-XXX-JP-1の異常性は、SCP-XXX-JP-1を中心とした半径██m以内の範囲に侵入した人間4に対して発生します。対象が男性であった場合は非常に強い不快感と苦痛により行動不能に陥り、24時間以内に対象は衰弱死します。また何らかの手段によって衰弱死する前に影響範囲から脱した場合でも、対象は高確率で性機能障害を発症します。
女性が影響範囲に侵入した場合、対象はSCP-XXX-JP-1内の人型実体に対して接吻を行うことへの極めて強い欲求に支配されます。この欲求に従いSCP-XXX-JP-1に接近した対象は内部の実体と接吻を行いますが、その際実体から口移しの形でSCP-XXX-JP-1aを与えられ、対象はそれを嚥下します。
行為を終えた対象は自発的に影響範囲外に移動することで意識を取り戻しますが、その後48時間以内にSCP-XXX-JP-2aが体内で発生することで、対象の肉体はSCP-XXX-JP-2に変化しています。
また二次性徴前の児童が対象となった場合、男性の場合では性器の委縮やホルモンバランスの変化による女性化を、また女性であった場合は初潮の発生を促すことが判明しています。

SCP-XXX-JP-2は、異常な胎児であるSCP-XXX-JP-2aを体内に有する、妊娠した女性の総称です。現在サイト-8139には47名が収容されていますが、そのうちの38名は長崎県███市████学校の、収容当時2年A組に所属していた生徒です。
SCP-XXX-JP-2aは六脚亜門の幼生と解剖学的な共通点を持ち、また胎盤を介して常に未知の化学物質を母胎へ分泌しています。この化学物質には母胎であるSCP-XXX-JP-2の生命を維持する働きを持つほか、SCP-XXX-JP-2を強い酩酊状態にする作用があります。そのため、SCP-XXX-JP-2は常に意思の疎通が困難となっています。SCP-XXX-JP-2aは医学的には妊娠█ヶ月頃に当たると考えられますが、収容以来成長が確認されていません。

SCP-XXX-JP-2は発見時胎児の異常性が十分に認識されていなかったため、生徒による組織的売春を想定した学校側により警察への通報が行われました。その際行方が分からなくなっていた2年A組の2名の生徒(当時クラス委員長を務めていた柚木加菜子氏と、副委員の楠本頼子氏)の捜索を行っていた警察組織によってSCP-XXX-JP-1の存在する洞窟が発見されました。その際異常性によって警察官3名と、その救助活動を行っていたレスキュー隊員4名が犠牲となり特性が発覚したことから、警察組織からの要請により財団による収容が行われれました。現在カバーストーリー「新型感染症」を流布し、SCP-XXX-JP-1の存在する洞窟を閉鎖するとともに、発見されたSCP-XXX-JP-2の全個体を収容しています。

インタビューログ
以下の文章は、警察官を装ったエージェント・鳥口による事情聴取という形で、2年A組の担任教師(以下担任と表記)及び生徒の保護者(以下保護者と表記)、2年B組の生徒(以下生徒と表記)に対して行われたインタビューの抜粋となります。

回収文書XXX-JP
現在行方不明となっている楠本頼子氏の自宅から、SCP-XXX-JPに関係があると思われる日記が発見されました。以下の文章は、その中で特に重要度の高いと思われるものを抜粋したものです。

補遺-1: 201█/██/██、当時未収容のSCP-XXX-JP-2による「くわるた・イベント」が███市内の産婦人科病院にて発生しました。SCP-XXX-JP-2となっていたのは1年B組の生徒1名で、保護者が学校に対し妊娠の事実を隠していた事が発見の遅れにつながりました。保護者からの依頼を受けた産婦人科医により中絶手術を行ったことが「くわるた・イベント」発生の原因と考えられています。その結果当時院内にいた人間の内男性██名が死亡、入院していた妊婦を含む全ての女性がSCP-XXX-JP-2へと変化しました。摘出されたSCP-XXX-JP-2aの影響が外部へ拡散する恐れがあったことから、収容チームは病院の即時閉鎖を決定し、カバーストーリー「医療用放射性物質の漏えい」を展開しました。現在病院の建屋内部には速乾性コンクリートが注入され、またメトカーフ非実体反射力場発生装置とシャンク/アナスタサコス恒常時間溝を併用して外部との接続を完全に遮断しています。またこの時の対応をもとに、緊急隔離プロトコル「べんぼう」が制定されました。

補遺-2: 201█/██/██、SCP-XXX-JP-1の封じ込めが何者かによって外部より突破される事案が発生しました。事案発生時、SCP-XXX-JP-1が収容されている洞窟の入口を警備していた財団職員は一時的にSCP-XXX-JP-1の影響を受けたときと同じ状態になっていたことが後に判明しました。警備システムは全て原因不明の機能不全を起こしていましたが、停止直前の監視カメラの映像には行方がわからなくなっていた2年A組生徒の楠本頼子氏が、全身から血を流しながら洞窟内に侵入する様子が確認されました。SCP-XXX-JP-1を監視していた無人機もすべて破壊されていたため新たな観測機を送り込んだところ、SCP-XXX-JP-1内の実体の口唇を中心に大量の血液が付着し、またその腹部が肥大化しているのが確認されました。のちに行われた調査で子宮内部にSCP-XXX-JP-2aに酷似した大型6の実体が存在することが判明しました。

201█/█/██追記: 事案発生後、SCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-2ともに内部の胎児に生育が確認されました。財団生物部門の予測では██ヶ月以内に出産による「くわるた・イベント」が発生すると考えられています。これに伴い日本支部理事会は全会一致でオブジェクトクラスの変更とSCP-XXX-JPの終了を決定しました。現在サイト-8139ではSCP-XXX-JPの異常性のメカニズム解明と、それによる終了を最終目的とした研究が行われています。