詰め替え用品が詰め込まれた箱

とりあえずcollapsibleで見えなかった所を修正

SCP-XXX-JP下書き

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは、SCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-2共に施錠可能な低危険物収容チャンバーに収容します。SCP-XXX-JP-2の影響を不用意に受ける事を避ける為、実験時以外は不透明なカバーによりSCP-XXX-JP-2が視認出来ないよう全体をを覆ってください。6ヶ月に1度、SCP-XXX-JP-1の損傷を検査し、必要に応じて補修を行ってください。SCP-XXX-JP-1が損傷されることを防止するため、SCP-XXX-JPを用いた実験は現在停止されています。

説明: SCP-XXX-JPは
SCP-XXX-JPは20██年██月██に要注意団体███████の倉庫襲撃時に放棄されていた所を発見されました。発見当時、オブジェクトの周囲は自身の異常性による影響か、激しく汚損していました。そのため、清掃した上で財団に収容されました。
SCP-XXX-JPは2つの構成物からなるオブジェクトです。1つは600mm四方、高さが平均993mmの大きさを持つコンクリート製の直方体(SCP-XXX-JP-1)です。もう一つはコンクリート製の直方体の天面中央に未知の動力でおよそ30mmの高さを保持して浮遊している立体(SCP-XXX-JP-2)です。SCP-XXX-JP-1は調査の結果から標準的なコンクリートで構成されており、天面を除く表面にアクリル系シリコン樹脂の塗料が塗布されていることが判明しています。また、一部に欠けや傷付きなどの経年劣化と思われる損傷があります。SCP-XXX-JP-1自体に異常性は見られませんが、SCP-XXX-JP-2をSCP-XXX-JP-1上から移動させる試み1は現在まで有用な成果を得られていません。SCP-XXX-JP-1をクレーンに係留し上下逆にした場合でも、SCP-XXX-JP-1とSCP-XXX-JP-2の相対位置は変化しませんでした。この異常性がSCP-XXX-JP-1によるものなのか、SCP-XXX-JP-2によるものなのかは分かっていません。
SCP-XXX-JP-2は三辺が0.7mの立方体に収まる大きさを持つ、およそ4200kgの未知の金属で構成された物体です。SCP-XXX-JP-2は常に不定の方向に向かってゆっくりと回転しており、回転に伴ってその形状を変化させる特徴があります。この形状の変化は一定でありませんが、およそ大十二面体や正二十面体に近い形状をしていることがこれまでの観察で多く確認されています。SCP-XXX-JP-2の表面は滑らかな金属光沢を持っていますが、直進性の高いレーザー光を照射した実験ではオブジェクトの反対側に透過する場合や、複数箇所に分光されてレーザー光が反射することが確認されています。これらの調査から、SCP-XXX-JP-2は超立体の形状を持っているという仮説が挙げられています。どのようにしてオブジェクトが現在の形状を保っているかは不明です。
SCP-XXX-JP-2を直接視認した人間はオブジェクトの異常性に晒されます。この異常性はカメラを通した映像、静止画、写真では現れませんでした。SCP-XXX-JP-2の異常性は、視認する時間の長さによって、以下のように症状が進行していきます。

暴露開始から5分未満: 被験者は次第にリラックスした状態になり、質問や命令に対して非常に従順になります。また、異常性を受けた対象はSCP-XXX-JP-2に対し「素晴らしい芸術作品だ」「神々しい」「もっと近くで見たい」といった賞賛の言葉を述べるようになります。 この時、SCP-XXX-JP-2を被験者に視認できない状態にするとこの異常性は即座に改善されます。異常性が取り除かれた被験者に対しSCP-XXX-JP-2についての質問をした所、短期間の健忘症のような症状を示しました。

暴露開始から5~10分: 被験者はよりオブジェクトを褒め称えるようになり、可能であれば被験者はSCP-XXX-JP-2に接近しようと試みます。被験者に対して質問や命令を行うと暴露開始時と同様に従順ですが、その見返りとしてSCP-XXX-JP-2への接近や接触を求めるようになります。SCP-XXX-JP-2を被験者に視認できない状態にすると、被験者は即座に失神します。回復後の被験者は一様に強い喪失感の症状を訴えます。この症状は数時間ほど続きますが、カウンセリング等により容易に治療が可能です。

暴露開始から10分以上: 被験者はSCP-XXX-JP-2に接触しようとあらゆる試みを行います。この状態の被験者に対して質問や命令を行った場合、オブジェクトに接触させるよう懇願する回答のみが得られます。この状態に至った全ての被験者は拘束し固定した状態でも激しく暴れます。拘束から逃れるために無理に全身を動かし骨折を引き起こすなどの重症を負うことが多く報告されています。症状を発症している状態被験者からSCP-XXX-JP-2を視認出来ないようにした場合、被験者の意識レベルが速やかに低下し、数秒後に眠りに付きます。被験者はおよそ数時間~数日に渡って目を覚ましません。症状から回復した被験者は自身の記憶を全て喪失した症状を訴えます。被験者へのインタビューから、SCP-XXX-JPについての曖昧な説明やオブジェクトを見つけることで記憶が戻ると感じるといった情報が得られることが明らかになっています。しかし、被験者を再度SCP-XXX-JPに暴露した場合でも特にオブジェクトの与える異常性に変化は見られず、記憶喪失の症状が回復するといった結果は得られていません。

この性質から、SCP-XXX-JPは要注意団体の███████において尋問用具として使用されていたと考えられています。もし、被験者が十分にSCP-XXX-JPに近づくことができた場合、自らの手などでSCP-XXX-JP-2に触れようとします。SCP-XXX-JP-2に接触しようとしたものは、SCP-XXX-JP-2の回転によって非ユークリッド的に湾曲もしくは切断されます。この時、被験者は損傷に対し苦痛を感じないため、そのまま全身をSCP-XXX-JP-2に触れさせようと試みます。多くの場合、指先を喪失した後に頭部をSCP-XXX-JP-2に接触させることで被験者は死亡します。SCP-XXX-JP-2は非常に高い破壊耐性を持っており、被験者が暴力的な接触を試みた場合でも物理的な影響を受ける様子はありません。しかし、SCP-XXX-JP-1は飛散した物体や液体などで汚損や損傷を受けることがあります。

補遺: 以下はSCP-XXX-JPの収容時に見つかった2通の書類です。どちらも手書きと思われる文面で、一部判読不能です。1通目がA5サイズの横書きの便箋、2通目がA6サイズ程度の淡黄色の紙片です。文面や筆跡から文書中の企業や個人について調査が進められていますが、詳細は判明していません。

Obj-2A[判読不能] 20██年 10月 吉日
拝啓
上 様
いつもお世話になっております。
████の████です。
以前大[判読不能]かを頂きました[判読不能]のものですが、
申し訳ありません、こちらの不手際で現在[判読不能]状態でございます。
現在、代替の品をご用意しております。
10月12日にて[判読不能]にてお送り致しますが、ご都合はよろしいでしょうか。
この品なら財団の██████でも███でも何でも教えてくれるはずです。
貴方様の随に。
敬具
████

████ 社
████ 殿
毎回とても美しい作品をありがとう。
これなら自宅に飾っても申し分無い美しさだ。
しかし、試したが時間が短すぎる。これでは使えない。
いつもの通り置いておくから持って行ってくれ。
次の品を楽しみに待っているよ。
                      Dr.

ボツ案、アイデア他

その他

○脚注
:脚注の位置が思ったように動かない。

██████ Kuronully!!

○テンプレの太文字
アイテム番号:SCP-XXX-JP

○リンク 他のSCP参照など Taleとかで使う奴
・カッコの数が2つなの
[SCP財団]

・カッコの数が3つなの パイプラインに注意。
・ちなみにページ名ハイパーリンクはこっちだっけ?
SCP財団

○しかくいしるし

  • 文字列
  • 文字列
  • 文字列