Lycoris Radiata1925
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

説明:

SCP-XXX-JPの異常性は、対象の心臓部にSCP-XXX-JPを突き刺すことで発現します。SCP-XXX-JPを心臓部に突き刺した対象はSCP-XXX-JPを中心とした胸部から変身し始め、一時間以内に元の姿と人格及び記憶を完全に喪失し、同時にSCP-XXX-JPの花弁は深い赤色に染まります。この時点で対象の胸部からSCP-XXX-JPを取り外すことはできません。対象の変身が完了した後の実体(以下、SCP-XXX-JP-1)は必ず十代後半から二十代前半の姿であり、SCP-XXX-JP-1自身の生前の記憶を完全に有しています。この時対象が変身できるSCP-XXX-JP-1の姿は、対象の親族にあたる人物のみであることが確認されています。SCP-XXX-JP-1の人体構造は一般的なヒトと全く同じものであり、胸部からSCP-XXX-JPを露出させていること以外に異常はありません。SCP-XXX-JP-1はその後、一週間以内に激しい嘔吐や下痢、並びに痙攣や呼吸不全等の症状をを引き起こし死に至ります。死亡直後からSCP-XXX-JP-1はミイラのように干からび始め、同時に胸部のSCP-XXX-JPの花弁は元の白色に戻ります。その後、SCP-XXX-JP-1からSCP-XXX-JPを取り外すことができるようになります。