Log2

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト8181の低危険物収容ロッカーに保管し、毎日朝、夕に1回ずつ、愛猫家のDクラス職員1名に全てのSCP-XXX-JP-Bを摂食させて下さい。適任者がいない場合他の職員で代用しても構いませんが、動物虐待の前科を持つ、またはその兆候がある職員は非推奨です。

説明: SCP-XXX-JPは直径15㎝深さ5cmの円柱型の動物用餌皿(SCP-XXX-JP-Aと指定)とその中に乗せられた複数の猫型チョコレート(SCP-XXX-JP-Bと指定)です。
 SCP-XXX-JPは19██年に██県█市にある██荘の█号室で発見されました。当時█号室に住んでいた███ █氏は室内にて死亡しており、後述するSCP-XXX-JPの特異性により右隣の部屋に住んでいた男性が█号室に不法侵入しSCP-XXX-JP-Bを摂食していたことが警察に潜入していたエージェントに伝わり収容に至りました。関係者には記憶処理が施され解放されました。
 1日に2回、午前7時時点と午後6時時点でSCP-XXX-JP-1内には10粒のSCP-XXX-JP-Bが出現します。SCP-XXX-JP-Bの成分は微量の猫の唾液を含んでいる点を除けば一般的なカカオ分60%のチョコレートとほぼ一致しています。SCP-XXX-JP-Bを一口摂食した人間は、一定時間をかけて全てのSCP-XXX-JP-Bを完食します。これは本人の意思に関係なく、いかなる妨害を受けても例外なく完食しました。
 SCP-XXX-JP-Bを摂食した場合の作用は、摂食した人間のネコ科の動物に対する感情や日頃の扱いによって変化します。好意的な人間が食した場合通常の美味なビターチョコレートと報告しますが、関心が薄い、または否定的な人間が摂食した場合、悪感情に比例した体調不良を報告しました。
 SCP-XXX-JP-Bが出現して3時間以内にSCP-XXX-JP-Bが摂食により消費されていない場合、SCP-XXX-JPは最も近い人間にSCP-XXX-JP-Bの摂食を促す精神作用をもたらします。この効果は数分ごとに範囲拡大と精神作用の強化を起こすため、現在のプロトコルが制定されました。

実験記録001 - 日付19██/██/██

対象: D-XXX-JP-1

実施方法: D-XXX-JP1にSCP-XXX-JP-Bを摂食させる

結果: D-XXX-JP-1は一口目で「不味い、腐ってるのか?」と発言。摂食中嘔吐感、腹痛、動悸、胃の異物感を報告しながら10分ほどで完食。D-XXX-JP-1の体調不良は5時間ほど継続した後完治した。

分析: 一般的な食中毒の症状に見えますが、診断の結果この症状はネコ科の動物がチョコレートを摂食した際の中毒症状、すなわちテオグロビン中毒に類似しているという点は特筆に値します。SCP-XXX-JP-Bの形状とこの症状から、SCP-XXX-JPは猫に関係したオブジェクトと考えるのが自然でしょう。

実験記録002 - 日付19██/██/██

対象: D-XXX-JP-2(過去に猫を飼育しており、現在も動物に好意的であることを確認済み)

実施方法: D-XXX-JP-2にSCP-XXX-JP-Bを摂食させる。

結果: D-XXX-JP-2はSCP-XXX-JP-Bを「普通の美味しいチョコレートだ」と評価し、10分ほどで完食。D-XXX-JP-2は途中から吃逆を起こしたが数分で治るものでありそれ以上の体調不良は見られなかった。

分析: 猫に好意的、または親しい間柄の人物であれば症状はほぼ発現しないと推測できます。また、D-XXX-JP-1の時は癖か中毒症状の影響かと思われていましたが、D-XXX-JP-1とD-XXX-JP-2の摂食時間がほぼ変わらないことから確認したところ、摂食者は日頃の食べ方に関わらずSCP-XXX-JP-Bを噛まずに口内で溶かして消費するようです。