評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPがインストールされたコンピューターは、サイト-8104のセキュリティロックのかかった部屋に保管します。部屋には監視カメラを設置し、職員が入退室する際には持ち物検査を行います。SCP-XXX-JPがインストールされたコンピューターに対して許可なく記憶媒体を接続する行為や、インターネットに接続する行為は禁止され、そのような行為を行った職員は処罰の対象になります。実験をする場合は事前にレベル4以上の職員に書面にて許可を取った後に行ってください。
追記(████/██/05):今後実験を行う際は、当オブジェクトの担当研究主任の立会いのもと行ってください。

万が一財団の管理下にないSCP-XXX-JPが発見された場合は、機動部隊█ー█("███████")が対応に向かい入手経路、再配布の有無などの調査を行った後に所有者に記憶処理を行い、インストールされたデバイスごと回収します。

説明: SCP-XXX-JPはコンピューターで動作するソフトウェアです。今現在は物理的に孤立した環境のWindows系OSが搭載されたコンピューターにインストールされた状態で収容されていますが、様々なOSにて動作することが判明しています。ソースコードの解析を行いましたが、内部は未知のプログラム言語によって書かれており、解読には失敗しています。ソフトウェアの製造元には[編集済]と組織名が記載されており、現在調査を行っています。

SCP-XXX-JPは、インターネット上の匿名掲示板で「自分の記憶を覗けるソフトウェアがある」と話題になっているところを財団エージェントが発見したことにより収容に至りました。エージェントの迅速な対応によって発覚からサーバー上での削除まで、█時間程度ではありましたがそれまでの間に██件のダウンロードが確認されました。後日、逆探知などを用いた探索の結果、███件のインストールされたデバイスの回収に成功しています。再配布やインターネットに接続されていないデバイスにインストールされている可能性を考慮して、現在も各種Webサイトや掲示板、P2Pソフトの監視、探索活動が行われています。

SCP-XXX-JPは、操作者の記憶をディスプレイ上に表示できます。記憶の内部は一般的なWindowsExplorerと類似した形で描画され、ファイル形式は動画、音声、文書、画像の4種類が確認されています。それぞれのファイルが形式に対応した記憶に結びついており、読み込みのできる環境が備わっている場合は中を閲覧することも可能です。実験の結果、これらのファイルはその他のデバイスに記憶媒体などを用いて持ち出した際も正常に閲覧可能であることが判明しています。どのような技術で操作者の記憶を読み取っているかはわかっていません。

内部のファイルを編集、削除することは、操作者の記憶に影響が出ることが判明しています。ファイルの配置や名称は操作者によって傾向が異なりますが、いずれの操作者においても共通して"ごみ箱"と書かれたフォルダの存在が確認されています。内部には忘れたと思われる記憶が格納されており、内部のファイルを他のディレクトリに移動した際に、思い出すことが確認されています。また、外部にあったデータを"ごみ箱"内部に移動した場合、対象の記憶について忘れることが確認されています。記憶処理によって削除された記憶について、"ごみ箱"内部から発見されていません。詳細は実験記録を参照してください。

実験記録XXX-JP-1 日付:████/██/25

対象: D-1137
実施方法: ███博士が適当なファイルを選んで、被験者に開かせる。
結果: ”ここの説明”という名前のファイルを開くと、被験者の一人称視点で映されたと思われる、Dクラス 職員が財団へ加入する際に行われるオリエンテーションの映像が流れた。彼の証言と加入時の記録を照らし合わせた結果、確かにこれは彼自身が受けたオリエンテーションの映像記憶であることが裏付けられた。
考察: 映像記憶の場合は一人称視点からの映像になるのか。しかし、Dクラスのオリエンテーションはここまでぞんざいなのか? - ███博士

実験記録XXX-JP-2 日付:████/██/25

対象: D-1137
実施方法: 先の実験で開かれた動画ファイルを"ごみ箱"に移動する。
結果: 被験者にオリエンテーションの内容について質問したところ、そんなものは知らないと回答した。記憶は忘れられたものと思われる。
考察: 記憶処理の新しい手段として利用できるかもしれない。 - ███博士

実験記録XXX-JP-3 日付:████/██/26

対象: D-1137
実施方法: 先の実験で"ごみ箱"に送られたファイルを元のディレクトリに戻す。
結果: 被験者に再度オリエンテーションの内容について質問したところ、詳細な回答ができた。記憶は思い出したものと思われる。前回に同様の質問をした際に、「知らない」と答えたことについては「あの時はすっかり忘れていた」と答えた。
考察: どうやら記憶の復元はしっかりと行われるらしい。 - ███博士

実験記録XXX-JP-4 日付:████/██/31

対象: D-1524
実施方法: 被験者自身の[編集済]に関する記憶をAクラス記憶処理を用いて消去した後に、オブジェクトを 用いて"ごみ箱"から別ディレクトリへと移動する。
結果: ゴミ箱内部から[編集済]に関する記憶は発見されなかった。
考察: 残念ながら処理された記憶は"ごみ箱"からも完全に消去されるみたいだ。- ███博士

補遺:以下の情報を閲覧する場合は、レベル4以上のセキュリティクリアランスが必要です。