サーバルキャットの飼育小屋

メタタイトル: lunatic troublesomeness


評価: 0+x
画像差し替え予定

SCP-XXX-JPの全景。"ファーカレス"により撮影された。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは財団所有の月周回衛星"ファーカレス"により、常に監視されます。SCP-XXX-JPに変化の兆候が見られた場合、緊急プロトコルXXX-JP-815に従い対処してください。1週間に1度、規定の手順に従い、眼球をSCP-XXX-JPに投入してください。

説明: SCP-XXX-JPは、月面に存在する眼です。付近には何者かによって開けられた形跡のある穴が存在し、SCP-XXX-JPの瞼にあたる部分を貫通しています。現在、この穴は後述する目的で眼球を投入するために使用されています。

SCP-XXX-JPは時間経過により徐々に開き、完全に閉じている状態から開ききるまでに約2か月を要します。この変化は眼球を投入することにより抑制でき、さらに投入することで閉じ始めます。そのため、現在財団によりSCP-XXX-JPへの眼球の投入が行われています。SCP-XXX-JPは完全に閉じている状態では視認が不可能です。SCP-XXX-JPが開ききった場合、異常性を持った空間(SCP-XXX-JP-1に指定)がSCP-XXX-JPの周囲に出現します。SCP-XXX-JP-1が出現している間、SCP-XXX-JPは徐々に閉じ、それに伴ってSCP-XXX-JP-1も縮小します。

SCP-XXX-JP-1の内部に人間(以下対象と呼称)が侵入すると、眼窩に月の岩石と同一の組成の岩石が、眼球と置換する形で出現します。この際、出現する岩石の大きさは、対象の年齢が高いほど大きくなる傾向にあり、おおよそ直径(年齢 ± 10) cmとなります。多くの場合、出現する岩石により対象の頭蓋が破壊される、脳が強く圧迫されるなどして対象は死に至ります。