KyleAdelbernのSCP下書き

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在■県■市の財団のサイト81■に収容されています。収容室は10m×10m×5mのサイズで、室内すべての壁には防音処理を施してください。 現在SCP-XXX-JPは床面にうつ伏せの状態で配置されています。収容室床部は超硬度チタニウム合金を使用した重量計を組み込み、オブジェクトの重量変化を観測できる構造とし、室内は常時カメラで監視してください。1ヶ月に一度重量計のメンテナンスを行い、適宜修理交換を行ってください。実験とメンテナンスのため収容室に入室する場合は、必ず防音ヘッドホンを着用し、入室中に外さないでください。質量増加以外にオブジェクトに変化があった場合、即時サイト管理官に連絡してください。サイト周辺は封鎖し、警備員による巡回を行ってください。侵入を試みる者が居た場合、カバーストーリー「土砂崩れの危険性のため立入禁止」を説明し侵入させないよう対処してください。カバーストーリーは近隣住民にも流布してください。

説明: SCP-XXX-JPは、 SCP-XXX-JPは、全長12.5cm、胴長3cm、腹長7.5mm、翅長10cmの精巧なトンボのオブジェです。組成の大半はチタニウムで構成されています。このチタニウムは一般的なもので、異常性はありません。頭部に当たる部分にはスピーカーが、胴体から腹部にかけて未知の機械が組み込まれています。SCP-XXX-JPは常時150dB以上の音声を発し続けています。解析の結果、老若男女多数の人間の泣き叫ぶ声が混ざり合った音声であることが判明しています。音声は常に変化しており、この音声から個人を特定する試みはすべて失敗しています。SCP-XXX-JPはその大きさに対し、異常なまでに巨大な質量を持っています。2018年12月01日現在約23トンの質量があり、常時ランダムな時刻に21gずつ増加し、一日あたりでは約6.3kg~7kgの速度で質量が増加しています。この質量増加は腹部に組み込まれた機械の働きであると推測されています。

補遺: SCP-XXX-JPは、2010年04月13日に■県■市■山の頂上展望台にて発見されました。SCP-XXX-JPは展望台の床コンクリート上に放置され、そばに30~40歳の男性が全裸で仰向けの状態で死亡しており、周辺には破れた紙片が散乱していました。登山客が「展望台で男性が死んでる」と警察に通報し、殺人事件として調査が行われました。当初SCP-XXX-JPは証拠品として警察に押収されましたが、大きさにそぐわない不自然なまでの重量に不審に思った警察に潜入していた財団エージェントの調査によってオブジェクトと判明し、即時収容要請がなされました。事件の調査は財団が引き継ぎ、関わった登山客と警察官にはAクラス記憶処理が施されました。調査により、警察へ通報がなされる10分前まで、展望台に異常が無かったことが判明しており、何等かの時空間異常によって別の次元から発見地点に出現したものと推測されています。また、男性の身元は日本人であること以外一切判明しておらず、調査が続けられています。

要セキュリティクリアランスレベル4(リンクにする予定)