kuzirano
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

fb530e0ceb62b19e77f1e2bf22831e3b_s.jpg

SCP-XXX-JP

説明: SCP-XXX-JPは██県██市及び、██市一帯のコンクリート道路に設置されている607mm四方グレーチング蓋とその下方を流れる用水路です。確認されている限り八つのSCP-XXX-JPが現存しています。いずれも、異常性を除いて、通常のグレーチング蓋との差異はほとんど確認できません。八つのSCP-XXX-JPの詳細な地点を確認する場合は資料XXX-JP-1を参照して下さい。

 SCP-XXX-JPの上に22kg以上の重量を持つ脊椎動物が乗った時、瞬間的に下方に向けて垂直に対象を押しつぶす力が発生します。この力は非常に強力かつ瞬時に発生するため測定が不可能ですが、仮に力の値を重力加速度に置き換えた場合およそ100Gに相当すると思われます。またSCP-XXX-JP自体はこの力の影響を受けません。そのため、異常性が発生する起因となった対象は多くの場合SCP-XXX-JPの格子に身体を押し付けられ、結果的に細断、死亡に至ります。現在に至るまでこの異常性の発生プロセスを観測する

実験記録SCP-XXX-JP-5 - 20██/02/23

目的:SCP-XXX-JPの面積以上の体積を持つ脊椎動物を対象とした場合の異常発生状況、及びその上限の検証
実施方法:
結果:
分析: