Kurotosiroの部屋
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP-J

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-Jは現在サイト-██の危険物収容ロッカーに収容されています。実験の際はレベル3職員2人以上の事前許可を必要します。又SCP-XXX-JP-Jは現在財団に利用されています。

説明: SCP-XXX-JP-Jはビンに入った粉薬です。ビンにはラベルが貼られており、ラベルには「おしるこの素」と書かれており、裏側には「これ一つでおしるこ食べ放題!(1回につき1グラム)—-製造元・エリキサ研究所」と書かれています。
このオブジェクトは██県██市の薬局にて██研究員が偶然発見し購入、使用した事で財団に存在が知られました。
このオブジェクトの異常性はSCP-XXX-JP-Jがなんらかの液体に触れた場合に発現します。SCP-XXX-JP-Jが液体に触れるとその液体がの面積、性質に関係無くその液体はお汁粉(以後SCP-XXX-JP-J-Aと記述)に変化します。

██研究員の事件を受けて実験の意向を変えおしるこの有用性について実験をした結果SCP-XXX-JP-J-Aはあらゆる液体状の物と代用出来る事が判明しました。


SCP-XXX-JP-Jは現在飲食目的ならば自由に使用できます。

エネルギーの進化は火→木炭→石炭→石油→天然ガス→お汁粉 だな ─ ██研究員

補遺: SCP-XXX-JP-Jを全国から収集した結果全部で██箱発見されました。

以上がおよそ10000年前に書かれた有色人の存在した根拠であるノートです─ ██研究員

しかし…未だに信じられん…本当に黒くなくそして甘くない地面や海そして人間がいたのか?─ ██