超加速空間
Deinocheirus_mirificus.jpg

腕部の骨格のみ実体化したSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Neutralized

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXX-JPは、不可視の部位を持つ恐竜に近い生命体です。SCP-XXX-JPは、成長するに従い巨大化並びに実体化される部位が増えていき、最終的に全体像が実体化するようになると考えられますが、後述する特異性により完全な実体化はできる限り阻止されます。SCP-XXX-JPの各部位は全て違う恐竜の部位で構成されており、トリケラトプスの頭部、イグアノドンの胴体・尾、ディノケイルスの腕、ディノニクスの脚、背中から生えているプテラノドンの翼がエコーロケーションにより確認されています。また、SCP-XXX-JPが可視化される場合は、骨格が最優先され、その後に内蔵、皮膚と可視化される順序がある程度決まっています。
SCP-XXX-JPの特異性は、文章/音声/画像/映像による「虚偽」を捕食し自らの糧とすることです。SCP-XXX-JPに捕食された虚偽は無力化または消失し、SCP-XXX-JPが虚偽を捕食するほど実体化が進みます。この時、規模が大きい虚偽ほど大きく実体化が進行します。
SCP-XXX-JPは自身を中心とした同心円状の範囲で発生する、捕食したことのある虚偽の発生を永続的に封印します。これは細かい内容が違っていても効力を発揮し、実体化が進むほどより広い範囲での封印が行えます。ただし、これは捕食ではなくこの特異性によって無力化された場合でも実体化の進行は発生しません。

補遺: