KowaretaRobotの工作室

書きかけ

何見て跳ねる

SCP-XXX-JP-17

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized(暫定)

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは21██年██月██日に最後の個体が自壊しました。財団が他の個体の捜索を行いましたが、特徴が完全に一致する個体が見つからなかったためSCP-XXX-JPは存在しなくなったと判断し、暫定的にNeutralizedに分類されました。他の個体を発見、財団で確保次第Euclidクラスへ格上げとなります。

説明: SCP-XXX-JPは全身がガラスで出来たウサギです。SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JPの所持者が何らかの原因によって死亡することを予知し、所持者死亡の後に自壊する異常性を所持しています。SCP-XXX-JPがどのようにして所持者を決めているのかは不明です。

SCP-XXX-JPは複数体が日本国内にのみ存在しており、その全ての個体の所持者は60代から90代(最高齢は102歳)です。SCP-XXX-JPの種類は主にニホンノウサギ(Lepus brachyurus)であり、通常のニホンノウサギの寿命1を超えて生きている個体も存在しています。

SCP-XXX-JPの所持者はSCP-XXX-JPをどのように手に入れたかの質問に対して、野生に生息、または何らかの店舗での購入をしたものではなく、全て「伊賀汀明」なる人物から譲り受けたと証言しています。

SCP-XXX-JPの各個体に共通する点は4つです。
▪ 落下させても割れない
▪ 身体がガラス製にも関わらず食事を必要とする上に排泄行為をする
▪ 内臓は内視鏡検査によって存在を確認しているが、ガラスには透けて写らない
▪ 自壊イベント(後述に詳細を記載)が発生する

SCP-XXX-JPの自壊イベントは次の通りです。自壊イベントを阻止することは複数の実験の結果、不可能であると結論が出ています。

①SCP-XXX-JPの身体に小~中程度のひびが出来る。
②24時間から48時間かけて、SCP-XXX-JPの全身にひびが広がっていく。
③SCP-XXX-JPが目を閉じたと同時に、内側から衝撃を受けたかのように粉砕する。

①に関して、SCP-XXX-JPの身体に直接触れた、落下させた等、衝撃を与えることはSCP-XXX-JPの自壊イベント発生の理由にならないことをしっかりと理解してください。――██博士

発見、登録の経緯: 財団が初めてSCP-XXX-JPを確認したのは200█年██月██日のことであり、財団職員の██研究員が「祖母から動くガラスのウサギを貰ったとの連絡があった」とAnomalousアイテム担当職員に相談がありました。その財団職員が確認に向かったところ存在が認められ、Anomalousアイテムとして登録されました。発見から536日が経過した20██年██月██日、前触れなく自壊イベントが発生。このアイテムが失われることを懸念した██博士が自壊イベントの阻止を行おうとするも、全て失敗に終わりました。

自壊イベントの発生後、このアイテムの体内から小さな紙片が発見されました。内容は以下のとおりです。

お元気ですか? わたしは元気です。
もうそろそろ眠くなる時期がやってきますね。
ですから、眠るときに寂しくないように抱くものを贈ります。
外見は少し冷たいけれど、心は温かい子です。
あなたの側で跳ね回ると思いますが、
最後まで可愛がってくださいね。
                      酩酊街より 愛を込めて

自壊イベント発生後、初めに報告を行った職員の祖母が老衰で死亡したことを受け、このアイテムによって死亡したのではないかと調査を開始。しかし異常は見つからず、死亡は偶然であるとの結論を出しました。
同時期、同種と思われるオブジェクトの通報が数件あり、全国に流布している可能性が浮上したために捜索を開始。全国の捜索の結果、自壊イベントが発生したものも含め発見された同アイテムは33体です。自壊イベントの発生したアイテムの所持者は全て死亡しており、所持者の家族はアイテムのことを「死亡の何年か前に知り合いの伊賀汀明から送られたものである」「いつの間にか壊れていた」等の共通した供述をしています。

その後の調査の結果、自壊イベント発生の4時間から12時間前、その全てでSCP-XXX-JPの所持者が死亡していることが判明。死因の多くは老衰であり、アイテムとの関連性は見られませんでした。そのため「このSCiPはこのSCiPの所持者が何らかの原因によって死亡することを予知し、所持者死亡の後に自壊するアイテムである」と結論付け、20██年█月██日、職員によって通報された1体目をSCP-XXX-JP-1として指定し、Euclidクラスに格上げとなりました。20██年現在、現存するSCP-XXX-JPは25体であり、譲渡等で財団の手に渡ったSCP-XXX-JPは22体です。現在、他の3体に対しても譲渡等を行うように説得しています。 20██年██月██日、残りの3体も財団に収容されました。

補遺-1: 「伊賀汀明」の捜索を行っていますが、名前に関しては酩酊街のアナグラムであるため偽名の可能性が高く、その上日本に同じ氏名の人物が確認出来ないため、酩酊街との関連性が高いと考えています。また、自壊イベントが阻止できない以上、このアイテムが失われる可能性が高いと考えられます。所持者の延命措置等を早急に執り行うべきです。 承認されました。

補遺-2: 20██年現在、財団が所持しているSCP-XXX-JPは12体となりました。財団の力を持ってしても、延命措置が全て失敗に終わっています。このオブジェクトには所持者の延命措置を無効にする能力が付与されていると思われます。早急に調査を行うべきです。 承認されました。

補遺-3: 21██年██月██日、SCP-XXX-JP-33の所持者が死亡しました。SCP-XXX-JP-33の自壊イベントは滞りなく進んでいます。
財団が全国の捜索を行っていますが、SCP-XXX-JPの同個体は発見されていません。