KowaretaRobotの工作室

書きかけ

ラウンジでノートパソコンを開いてコーヒーをすすりながら、昨日先輩から読むように念押しされた報告書のコピーを読む。

先月から財団に入った俺は、新人エージェントが受けるオリエンテーションや、俺の配属先に指名されたとある博士と共に様々な博士やエージェントへの挨拶回りをやっとのことで終え、「財団で働くってもっとかっこいいことやるんじゃないのかよ」と内心思いながら毎日ベッドや床に倒れこむ日々を送っていた。

つまり財団に入る前の俺は、財団はもっと華々しい場所だと勘違いしていたのだ。誰かとは違う、特別な何かになれる場所なのだと。研究室にこもりきっていたあのころとは違う何か、的確にそれを示してくれる言葉が見当たらないが素晴らしいと誰もが称賛してくれるような何かに……。

そう思っていても現実は非情で、つまらない作業やつまらないフィールドワークばかりの活動を聞かされてうんざりするのだった。結局、研究室で反物質と向かい合ってた時期と何ら変わりはないのだから。

報告書を読み終え、これから俺はSafe区分のオブジェクトを取り扱うことになるのだということを理解した。せっかくならEuclid区分のオブジェクトを扱いたかった、と今までやって来た研究とは全く違う方向を向いた内容の報告書を見つめる。報告書の最後にあった無機質なフォントの「このオブジェクトは危険ではないと思うかい?」という文字がやたら憎たらしく感じて、勢いよくノートパソコンを閉じようとした。

その時、どこからか「新聞でーす」という声が耳に届いた。

瞬きの間に、目の前のキーボード上には四つ折りの新聞が置かれていた。周りを見回しても新聞配達員のような姿はどこにも見えない。白衣を着た人間と、白衣を着た人間ではないような何かが楽しそうに談笑しているのが目に入っただけだった。

改めて、先ほど“届いた”新聞に目を向けた。「茜刺財団新聞 新人職員用」と書かれた熨斗紙がご丁寧に巻かれていて、