Konaka112のゴミ箱
評価: 0+x

SCP-1020-JP

監督評議会命令

当ファイルの閲覧は、記録情報セキュリティ管理室(RAISA)による特別情報公開許可及び日本支部理事の認可による、レベル4/1020-JPクリアランスを保持する職員のみに限定されています。
SCP-1020-JPに関する実験は現在進行中です。接触により、[CK-クラス:再構築シナリオ]を発生させる危険性があります。これらの特性についての情報は関係者以外極秘事項とします。
上記に違反し閲覧を試みた職員にはミーム抹殺エージェントを含んだ画像提示による即時終了措置が実施されます。職員コード並びにパスワードの入力による認証が必要です。

認証中…

……………

認証成功

ようこそ。担当職員様

閲覧可能資料: SCP-1020-JP関連資料

閲覧終了時にログイン記録及び端末情報は削除されます。
エラーの発生が確認された場合はRAISAへ通達してください。

LEVEL4/1020-JP CLASSIFIED

アイテム番号: SCP-1020-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-1020-JP-1は、サイト-81██の高価値アイテム収容施設内の異常物品収容保管庫にて保管されます。保管庫から移送する際は、セキュリティクリアランスレベル3以上の職員の許可を受けた上で行ってください。
実験の際はSCP-1020-JP-1を通話自動録音装置に接続し、逆探知の手続きを実施して下さい。

説明:SCP-1020-JPは、J-PHONE社発売の東芝製携帯電話「J-T05」内の電話先登録帳に発生した異常性を持つ電話番号です。
被験者が、SCP-1020-JPの影響下にある電話端末SCP-1020-JP-1と接触することによりSCP-1020-JPは活性化状態に移行し、近似的な宇宙において被験者に相当する人物SCP-1020-JP-2へと繋がる番号へと改竄され、無制限の会話が可能となります。SCP-1020-JPがどの様な方法で個人を識別しているのかは不明です。
これまでに改竄されたSCP-1020-JP の一部は、日本国内のどの地域にも該当しない未知の市外局番や型式を含むアラビア数字列、ルーン文字、既存しない文字列で構成されています。


SCP-1020-JPは、指定薬物不法所持及び不法取り引きの疑いにより、岐阜県警による秘密裏の盗聴調査を受けていた男子大学生、森田 ██氏への、2004/8/14 午前12時前後における通話盗聴調査に於いて確認された、複数の不可解な点に違和感を感じた財団エージェントにより初めて存在が確認されました。当初は“自分自身との通話が発生する異常事象”として通達され、財団の管理下に置かれました。

インタビュー記録 1020-JP-A

実験記録
実験概要: SCP-1020-JPを用いての通話

補遺-1: 実験により、SCP-1020-JPは被験者の願望を読み取る性質を有する事が判明しています。SCP-1020-JP-2の属する近似世界の存在の有無に確証性は無く、単に被験者の願望を反映していると推測されています。

補遺-3: 実験記録1020-JP-Xの結果を受け、服部博士を除くSCP-1020-JP全被験者にクラスC記憶処理が施されます。当該オブジェクトに関する全実験は凍結され、全てSCP-1020-JP-2との接触は今後一切禁止されます。SCP-1020-JPとSCP-1020-JP-2-Xが関わっていたアーティファクトの関連性及び発言の真偽は現在も判っていません。調査は継続されます。

あの実験以降の服部博士からはかなりの疲労が伺える。仕事の作業効率も悪くなっていく一方だ。だが、自分自身のスワンプマンにあんな事を告げられた事による絶望的な精神状態の中で、強迫観念に駆られたように研究から離れようとしない彼の姿はまるで機械人形のようだ。強制的にでも休暇を取らせるか?どちらにせよ、記憶処理を施したのち研究から降板させた方が良いだろう。それが彼の為でもあると私は思うが。ー足立博士

補遺-4: 服部博士のメールログより抜粋

2007/12/24
From: █Hattori@s81██M.scp
subject:
<from>: MShion@s81██.scp
<to>: █Hattori@s81██M.scp
<message>
服部博士が追い求めた末に辿り着いた真実が真のものであるかは我々には分からない。博士の深層心理にSCP-1020-JPが呼応して生まれた瞞しなのかも知れない。否、SCP-1020-JP-2-Xのいう様に真に我々の世界はアーティファクトによって選ばれた偽りの可能性なのかもしれない。我々には分からない。だが、我々財団は人類の代表として、迫り来る様々な脅威から“我々の世界”を守らなければならない。何度も実験再開の申請を出して来ている服部博士には申し訳ないがたった1人のエゴで危険を侵す事は出来ない。実験再開の許可は出せない。我々は財団。我々は“我々の世界”を守る為に戦わなければならない。サイト-81██管理官 武藤 紫苑

2008/1/12
From: MShion@s81██.scp
subject:
<from>: █Hattori@s81██M.scp
<to>: MShion@s81██.scp
<message>
私は彼と話さなければならないのだ。彼の存在を証明する為に、彼らの世界の…我々に替わって止まってしまった世界を動かしてやる為に… 服部██

これ以上、服部博士を研究に携わらせるのは危険だ。私情で世界を危険に晒されては適わない。彼にも記憶処理を施して実験から退けるべきだ。オブジェクトに対するクリアランスレベルの引き上げを要請する。ーサイト-81██管理官 武藤 紫苑

許可する。ーO5-8

補遺-5: 20██/██/██-SCP-1020-JPに関するデータに対する閲覧権限の引き上げが決議されました。SCP-1020-JPに関する全てのデータ対し破棄及び機密指定による閲覧制限処置が取られます。データの閲覧にはレベル4/1020-JPクリアランスの認証が必要です。

補遺-6: 武藤博士により、SCP-1020-JPの[CK-クラス:再構築シナリオ]作成オブジェクトへ分類。及びSCP-1020-JPのオブジェクトクラス引き上げの提案が為され、可決されました。並びに“アーティファクト”がSCP-1020-JP-3として新たに分類されました。SCP-1020-JP-3の捜索は今後も継続されます。

補遺-7: 20██/██/██-再度行われた森田 ██氏に対する身辺調査により以下の資料が発見されました。収容の1年以上前に既にSCP-1020-JPが存在していた可能性は新たに留意すべきです。


補遺-8:

補遺-██: 2013/1/22 SCP-[削除済み]-JPによる世界消失に伴い副次的に引き起こると予測される認識災害に一般民衆を順応させる為、アウト・オブ・Peaceによりプロジェクト・アンニュイが立ち上げられ、財団英国本部評議会により承認されました。プロジェクト・アンニュイではENNUI-5記憶処理化合物、SCP-████を含むThaumielオブジェクトの運用が予定されています。
追記: 2015/8/██ 計画は84%まで進捗中です。

補遺-██: 2013/11/██ 失踪中の服部博士が福井県██市のアパートの一室で死亡しているのが発見されました。検死解剖の結果、遺体は死後半年から1年が経過していると推定されており、直接的な死亡理由は精神安定剤の大量服用による自殺であると断定されています。

継続して行われた調査で、家庭用電源に接続された携帯電話が発見されました。登録番号から、服部博士の私物であると判明しています。携帯はカウンターストップ状態にありながらも通話状態が維持されており、最低でも69日以上継続しているものと推測されます。相手側の電話機は消音状態にあり、非通知設定状態の為詳細は不明です。これまでに行われた逆探知の試みはいずれも失敗しています。

現場に遺されていた服部博士の手記より以下の文章が発見されました。

君達がこの手記を見ている時、既にこのセカイは存在していないだろう。私は、私のために尽くした。アーティファクトは京都でみつけた。かれが教えてくれた。かの世界でかれがわたしが働いていたところだ。わたしは かれの思念に私えんにわたしは苛まれた。1020のこうかをおもいだせ。かれはやくそくしてくれた。せかいはぎじてきに保たれる。わたしは彼でかれはわたしだ。私は…耐えられなかった。
世界はゆずった。