kokohorewanwan

タイトル:自転車事故

評価: 0+x

アイテム番号:SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス:Safe

特別収容プロトコル:SCP-XXXX-JPはサイト8107の標準収容室に保管してください。オブジェクトの活性化を防ぐため常に2名以上の警備員により監視されます。実験の実施の際は必ずGPSを装着したDクラス職員のみで行ってください。GPSの信号が復活し次第、出現地点に機動部隊を派遣しオブジェクトとSCP-XXXX-JP-1の回収を行ってください。また事故の目撃者・当事者・近隣住民はインタビュー後に記憶処理を施し、解放して下さい。

説明:SCP-XXXX-JPはカーボンフレームのリカンベント型の自転車です。フレームはどの企業の物とも一致しませんでしたが、███████社製のコンポーネント1が装備されていることが判明しています。

SCP-XXXX-JPは同様の自転車の運転が可能な人間(以下SCP-XXXX-JP-1)がSCP-XXXX-JPを発進させた際に活性状態に入ります。
SCP-XXXX-JPが活性状態に移行するとSCP-XXXX-JP-1と共に最短36分、最長14ヶ月の間、未知の原理により強い光と微量の熱を発し、消失します。このときGPSを用いた実験では消失期間中に現在地を特定する試みは全て信号のエラーにより失敗に終わりました。そして消失期間が終了した際、消失地点から半径約100km圏内のランダムな公道で自動車との衝突事故という形で出現し、活性状態が終了します。全ての実験で各SCP-XXXX-JP-1は死亡しますが、SCP-XXXX-JPは無傷を保っています。また、その事故の目撃者や当事者は全員SCP-XXXX-JPが普通に走行していたと証言していますが、事故現場付近の防犯カメラ等の記録から走行しているSCP-XXXX-JPを捉えることは未だ成功していません。

実験記録XXXX-JP-1 日付20██/█/██

対象:D-XXXX-JP-1

実施方法:サイト8107にてGPSを装備させたD-XXXX-JP-1をSCP-XXXX-JPに乗車させ発進させる。

結果:D-XXXX-JP-1がSCP-XXXX-JPを発進させた瞬間、強い光と微量の熱を発しながら、SCP-XXXX-JPはD-XXXX-JP-1と共に消失。このときGPSの信号も途絶える。16日と5時間34分後に信号が復活。出現地点は[編集済]。大型トラックに轢かれた状態で出現。D-XXXX-JP-1は全身を強く打ち死亡していた。このときの事故の当事者、目撃者、近隣住民にはインタビュー後に記憶処理を施し、解放した。

分析:国外や陸から遠く離れた海上でも同様の消失と出現が発生するのかが気になった。-██研究員

実験記録XXXX-JP-2 日付20██/█/██

対象:D-XXXX-JP-2

実施方法:陸地から500km離れた太平洋上にてGPSを装備させたD-XXXX-JP-2をSCP-XXXX-JPに乗車させ発進させる。また、今回の実験では消失時の光度と熱量を測るため、光度計とサーモグラフィーカメラを用意した。

結果:D-XXXX-JP-2がSCP-XXXX-JPを発進させても

補遺:SCP-XXXX-JPは20██年に神奈川県███市で発生した不審な自転車事故により当時神奈川県警に潜入していたエージェント・██████の目を引き収容に至りました。