パスタ風パスタ
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██の一般的な金庫に保管されています。実験の際はレベル2以上の職員レベル4以上の職員3名の承認を得て下さい。SCP-XXX-JP-1及びSCP-XXX-JP-2を生成する実験は現在禁止されています。SCP-XXX-JP-2を生成しないSCP-XXX-JP-1は施錠された3m×3m×3mの部屋に保管し、カメラで常に監視してください。SCP-XXX-JP-2は現在1体のみが実験室内で半収容状態となっています。(インシデント記録XXX参照)入口には武装した警備員4名を配置し、許可なく対象と接触を試みるものは即時終了されます。SCP-XXX-JP-2にはレベル3以上の職員により、一般的な食事や排泄、清掃等の世話を行い、常に健康状態に異常がないかどうかを確認してください。その際、対象を刺激しないよう細心の注意を払ってください。
インシデントXXXは現在も継続中です。解決のためのアイデアが浮かんだ場合はどなたでも担当者に報告してください。

説明: SCP-XXX-JPは高さ21.5㎝、直径5.0cmの円筒形のスチール缶の中に入っている乳白色の液体です。缶の表面には頭髪を手で引っ張られている笑顔の男性の絵と、"抜け落ちてからでは遅いんです!事前の対策、それが『脱・脱毛剤』!!(※本製品は育毛剤及び脱毛剤ではありません)"という文章がプリントされています。内容物に関する記載はありませんが、その成分は一部の未知のものを除き、一般的な育毛剤と酷似しています。SCP-XXX-JPの容量は缶の1/4程度ですが、どれだけSCP-XXX-JPを消費してもそれ以上の減少が見られません。

SCP-XXX-JPを人体の毛の生えている部分に塗布すると、約3~10分で全身の毛が未知の変化によって全て繋がり、███~████km程の1本の毛(以下SCP-XXX-JP-1)になります。被験者の外見に変化はありませんが、細かく観察すると、毛穴から出たSCP-XXX-JP-1は(両端にあたる2か所を除き)全てり合わされて、往復するように同じ毛穴に戻っていることがわかります。また、体の内部は複雑に絡み合ったSCP-XXX-JP-1により、臓器や眼球、骨、筋肉等、様々な組織が貫かれますが、それらの組織は全て正常に作用し、健康状態にも異常は発生しません。SCP-XXX-JP-1は一般的な頭髪に比べ、太さが0.02~0.04mmと約半分の細さになっているものの、組成的な違いはありません。しかしながらSCP-XXX-JP-1は一切の成長の兆候を見せず、破壊する試みは全て失敗しています。

SCP-XXX-JPは、20██年頃からSNS上で広がっていた「全く、1本も毛が抜けなくなる薬」との口コミを調査した結果、山形県██市、███駅構内のドラッグストアにて、テスターとして置かれているところを発見されました。関係者に確認したところ、誰もそのようなものを設置した覚えがないとのことであったため、Cクラス記憶処理が施されました。SCP-XXX-JP使用者はCクラス記憶処理の後、カバーストーリー「未認可の違法な植毛手術」の重要参考人として拘束してください。この使用者はEクラス職員として雇用することが出来ます。SCP-XXX-JP及びその使用者は複数存在する可能性が高いため、引き続き監視・捜索を続けてください。

補遺: 実験記録XXX-11で抜けたSCP-XXX-JP-1を保管していたところ、付着していた組織が肥大化し、82時間後にはD-23226の姿を形成しました。遺伝子的にもD-23226のものと完全に一致しており、SCP-XXX-JP-1の状態、記憶ともに死亡直前のもの有しています。さらなる実験の結果、SCP-XXX-JP-1保持者はSCP-XXX-JP-1を引き抜かれて死亡した際にのみ蘇生することが判明しました(以下、蘇生者をSCP-XXX-JP-2)。SCP-XXX-JP-2からSCP-XXX-JP-1を引き抜いた場合にも蘇生しますが、これを繰り返すたびに蘇生は粗雑なもの1へとなっていきます。しかし、このように身体の構造上は脆くなっていくにも関わらず、SCP-XXX-JP-1を引く抜くのに要する力は蘇生する度に指数関数的に増加していくことが確認されました。

インシデント記録XXX: 20██/██/██、SCP-XXX-JP-2となったD-23226の6度目のSCP-XXX-JP-1引き抜き実験の際、サイト-81██内で僅かな揺れが観察されました。調査の結果、SCP-XXX-JP-2から伸びたSCP-XXX-JP-1が、サイト-81██内の壁や床の内部を根を張るようにして侵食しており、特に気密性の維持が重要なオブジェクトや、収容違反の可能性が高い生物型オブジェクトを収容している(とりわけ危険なオブジェクト群)の周りに集中していました。当然ながらD-23228はそれらのオブジェクトについての知識を有しておらず、このことからSCP-XXX-JP-1には何らかの知性のようなものがあることが推測されます。