気分屋な温度計
評価: 0+x
downloadfile.jpg

SCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは液体に接触させないかぎりは危険性はありません。15cm×10cm×5cmの鉄製の厳重にロックされた箱で倉庫に放置しておいてください。実験などに使用したい場合、サイト管理者に貸出届を提出してください。

説明: SCP-XXX-JPは見た目はプラスチック製の幼児用のデジタル浴槽温度計です。収容時の状況から、長期間外気に晒されていたと推測されるにもかかわらず、プラスチックの表面に経年劣化は見られず新品同様の光沢を維持しています。
SCP-XXX-JPは液体に全長の約3分の2程浸すと活性化します。デジタル液晶に温度を表示しますが接触している液体とは無関係な温度を表示します。そして表示した温度は観測記録に基づくと下は-48度から373度(固体化や気体化はしない)で表示された数字を人間が理解した瞬間その温度に液体は変化します。

実験記録010 - 日付201█/8/27

対象: 10cm×10cm×10cmの水槽に限界まで浸した水
> 実施方法: SCP-XXX-JPを水槽の中に浸す。
> 結果: デジタル液晶は138度と表示しました。水温を測る為に我々が用意した温度計も138度と表示しましたが突沸などもせず、湯気が出ているだけでした。
> 分析:SCP-XXX-JPの温度表示には規則性がないものと仮定します。

実験記録013 - 日付201█/9/28

対象:
> 実施方法: 揚げ物鍋内の油に浸す
> 結果: SCP-XXX-JPは-48度を表示しました。油の見た目は常温時と変化のないものでしたがSCP-XXX-JPを取り出す際の刺激で高速的に凍結しました。
> 分析:SCP-XXX-JPは液体になら反応するのではないでしょうか。

補遺:SCP-XXX-JPが温度変化を促した液体はすぐには変化しませんが、油が凍結した様に固体化気体化の条件に合致した温度を示したときその液体に刺激を加えると一瞬で状態変化が促されるようです。