kiirodenkinezumiのページ
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは現在サイト-81██のコマ博士の研究室にて生活しており現在まで収容違反、又はその傾向は観察されていません、しかしコマ博士の研究室を常時2名の警備員によって監視させて下さい。又、SCP-XXX-JPがコマ博士の研究室から出る際には必ず警備員に報告し、警備員は監視について下さい。

説明: SCP-XXX-JPは超高速で移動や飛行ができる白い楕円形の形をした物体です。SCP-XXX-JPには「・」のような目、「ω」のような口のある顔があります。弾力や触感は餅のそれと良く似ています。現在のところ、どのようにして加減速をしているのか、最高速はどのくらいか、衝撃波が発生していない理由などは不明です。又、外見を男性の姿にすることもできます。この際、SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JPの変化前の顔を模した眼帯を左目に着けています。SCP-XXX-JPは高い知能を持ち、その知能は財団のトップクラスに匹敵していることが判明しました。又、日本語、英語、イタリア語によるコミュニケーションをとることができることも判明しています。SCP-XXX-JPはコマ博士が道に落ちていたのを保護したことで発見されました、そのためかSCP-XXX-JPは人間に対して非常に友好的であり、コマ博士に懐いている事から現在の収容プロトコルが確立しています。

実験記録-1 日付-20██/██/██

対象: SCP-XXX-JP

実施方法: 設置したセンサーの前をSCP
-XXX-JPに全速力で通過させる。

結果: 測定不能

分析: 最新のセンサーを使った事から、
恐らく現代の技術では不可能なのだろう。か
なりのスピードだったが、衝撃波などが無か
ったため、恐らくテレポートの類いだろう-ハ
イク博士

インタビュー記録

対象: SCP-XXX-JP

インタビュアー: コマ博士

<記録開始>

コマ博士: やぁ、マッ…SCP-XXX-JP、
気分はどうだい?

SCP-XXX-JP: 気分はいいよ〜、博士

コマ博士: そうか、…早速質問なんだが
君は何処で生まれたか覚えているかい?

SCP-XXX-JP: ごめん、博士、覚えて無
いんだ……地球生まれかどうかもね。

コマ博士: 良いんだ、君の能力について
教えてくれるかい?

SCP-XXX-JP: 博士達が知ってる通りだ
よ、自分でも、最高速がどのくらいか、衝撃
波が無い理由、人型になったり戻ったりでき
るメカニズムとかはわかんないんだ。

[SCP-XXX-JPは落胆しているように見える]

コマ博士: そんな事もあるさ、仕方ない
よ、…好きな食べ物は?

[SCP-XXX-JPの表情が明るくなったように見
える]

SCP-XXX-JP: きな粉餅だよ、博士。

<記録終了>

終了報告書: SCP-XXX-JPは加減速や最
高速と言っている事からテレポートと認識し
ていない事が判明した、テレポートで無い可
能性も視野に入れて、詳しく調査する必要が
ある-ハイク博士

補遺:
SCP-XXX-JPの最高速は光速を遥かに超えており調査中です。コマ博士はSCP-XXX-JPに「マッハ」という名前を付け、呼んでいます。SCP-XXX-JPはコマ博士の飼い猫が亡くなった日にコマ博士に保護されました。