Kii Tsurigane
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPとSCP-XXX-JP-1は緩衝材で挟み、個別の不透明な箱に入れて保管してください。SCP-XXX-JP-1αの箱は開けないでください。現在SCP-XXX-JPの加工は禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは直径10cm程度の光沢のない黒色のガラス玉です。不審死した占い師の家に飾られているところを発見されました。融点や硬度、密度などの物理的性質は一般的なガラスとほぼ同じですが、あらゆる波長の電磁波を完全に吸収します。

SCP-XXX-JP-1は、SCP-XXX-JPの表面を削り取った17個のガラス片と、SCP-XXX-JPのガラス片を一般的なガラスと溶かし合わせて生成した91枚のガラス板の総称です。SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPが含まれる量に応じて遡った過去の景色が映されます。この性質から、SCP-XXX-JPが黒いのは宇宙誕生前の景色を映しているからであるという仮説が立てられましたが、以下の実験を踏まえた上での再検討が求められています。

実験記録XXX-1 - 日付████/6/2

実験内容: SCP-XXX-JPの光への干渉に関する観察

実施方法: SCP-XXX-JPの表面を削り取り、光の通過特性を観察する。

結果: SCP-XXX-JPを薄く削り取ると、一般的なガラス片のように透明のように見える。しかし、試料に当てる光の強さを変化させても通過する光の強さは一定である。通過した光を解析すると、弥生時代のものと推測される服装を着て走り回る青年が映っていることが分かった。
この観察の後、研究員の不注意により試料が2つに割れた。これを観察すると、片方には平安時代と思われる景色が、もう片方には鎌倉時代と思われる景色が映されていた。

分析: SCP-XXX-JPが映像情報を記録しているか、過去を映す性質があるか不明である。SCP-XXX-JPの物性について引き続き調査する。

実験記録XXX-2 - 日付████/6/9

実験内容: SCP-XXX-JPから得た試料の大きさと映す景色の関係について

実施方法: SCP-XXX-JPから1μgまでの様々な質量の試料を作り、映し出される景色を観察した。景色を観察できない微小な資料については、一般的なガラスと溶かし合わせて10cm四方のガラス板を形成し観察した。

結果: 15個の試料と90個のガラス板を作成した。試料は質量に比例した時間だけ遡った過去の景色を見せた。映している場所はガラスを通した反対側であり、遡る時間は1μgあたり約4000年である。このSCP-XXX-JPの異常性はガラスと溶かし合わせても失われることはなく、ガラス板はSCP-XXX-JPが含まれる量に応じた時間遡った過去を映した。
最も短い遅延を見せるガラス板は実際より10ミリ秒の遅れを達成している。また、1週間前の景色が映し出されるガラス板には、今回の実験中に前回の実験の様子が映し出されていた。

分析: 試料が映すのは過去の実験室のある場所の景色であるが、地球は回っており、宇宙は膨張している。過去の同じ場所を映すならば、それは地球の外である。SCP-XXX-JPがなぜ地球を基準に座標系を決定しているのか不明である。

実験記録XXX-3 - 日付████/6/16

実験内容: SCP-XXX-JPが持つ座標系について

実施方法: SCP-XXX-JPから1.13g削り出し、ガラスと溶かし合わせて10cm四方のガラス板を生成する。地球の誕生の瞬間を観察し、SCP-XXX-JPが地球座標を持つ理由を探る。

結果: ██研究員が誤った質量のSCP-XXX-JPを配合し、実験は失敗した。誰も気付かずにガラス板SCP-XXX-JP-1αが完成したが、これを覗き込んだ██研究員は記憶処理を催促し、その後[編集済]

分析: これ以降の実験を中止する。

補遺 SCP-XXX-JPを用いて実験記録XXX-3の実験を再確認したところ、██研究員が国際単位系グラム[g]で測定すべきところを帝国単位系ポンド[lb]で測定していることが分かった。よって実際のSCP-XXX-JP-1αのSCP-XXX-JP含有量は1.13lb (SI換算で約513g)である。実験記録XXX-2の結果を踏まえると、SCP-XXX-JP-1αは約2兆年前の景色を映していると考えられる。これは宇宙の誕生と考えられている138億年より前であり、██研究員が見たものを予想することは難しい。