KAZUMIKKUSUのアイデアポケット
評価: 0+x
image%253A492544

SCP-000-JP

アイテム番号: SCP-000-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-000-JPはサイト-8138の標準収容室に保管されています。収容室内はカメラによる常時監視下におかれ、SCP-000-JPの状態に関するあらゆる変化もサイト管理者に通達されます。

説明: SCP-000-JPは赤色の折り鶴です。素材や材質に異常は見られません。対象は時折変色することがありますが1、これは後述のSCP-000-JP-aと何らかの相互作用を持っていると推測されています。SCP-000-JPは再生能力を持ち、自身が受けた損傷を緩やかに再生させますが、損傷の程度によっては長大な時間を要する場合があります。

SCP-000-JPは自身への特定の干渉に対して破壊的な異常性を示します2。これらの対象は完全には判明していませんが、確認されているものには以下が挙げられます。

  • 物理的損傷
  • 形状の歪曲、崩壊
  • 水、その他液体の浸透
  • 極端な高温、低温への暴露

これらの影響を受けた場合、SCP-000-JPを中心とした半径50km内のランダムな地点に、SCP-000-JP-aが出現します。

SCP-000-JP-aは、自立飛行する黒色の紙飛行機の集団です。出現の度に個体数が変化するため、正確な総数は現在も把握されていません。対象は全ての例において敵対的であり、周囲の生物や建造物に対し無差別な攻撃を行います。各個体は通常の紙飛行機と同様に脆弱ですが、熱に対する高い耐性を持つため、焼却による無力化は困難です。

SCP-000-JP-aは攻撃の際に独特な手段を用います。攻撃態勢に入った個体は自発的に発火し、その状態で攻撃対象への突撃や包囲を行うことで破壊や延焼を試みます。この変化は不可逆であり、発火した個体は30秒程で無力化しますが、完全に燃え尽きるまで飛行能力を維持します。

SCP-000-JP-aの個体数、飛行速度、耐久性、発火温度などのステータスは、その時点でのSCP-000-JPの状態に大きく依存します。SCP-000-JPの損傷が大きいほどこれらのステータスは高まり、損傷が回復されない間は時間経過で上昇を続けます。逆に、損傷が回復した場合はSCP-000-JP-aは急速に弱体化し、個体の一部は飛行能力を失い無力化に至ります。これらの変化は、SCP-000-JPへの敵対的行為(上記を参照)の継続や終了にも対応していると考えられます。

発見: 19██/██/██、長野県████市の山岳地帯において土砂崩れが発生しました。これによる被害はありませんでしたが、同日に岐阜県████市の上空にSCP-000-JP-aが出現。直下の市街地を攻撃しました。雨天だったため被害はある程度抑制されましたが、4軒の家屋が全焼し、█名の死傷者が出ました。これに対し財団はカバーストーリー「ガス爆発」を流布し、超常現象として調査を開始しました。その後、土砂崩れと-a群の出現時刻がほぼ同じであることが指摘され、山岳地帯の捜索を行った結果、崩壊した土砂の下から祠の残骸を発見。内部から数枚の文書とSCP-000-JPが回収されました。
回収された文書の抜粋
以下の文章は解読された文書の一部であり、現代語に翻訳されています。他の部分は劣化と激しい損傷により復元が難航しています。

文書-000-1

それは突如として███████現れた。何故かは誰にも███████。ある者██████天罰と言い、またある者は祟り█████。どちらにせよ、███は人々に襲い████、街を焼き、焼け焦げた██の山を生み████。我々は必死に戦ったが、███████増え続け、ついに [以下未解読]

文書-000-2

████████努力も█████████止まらなかった。奴████████続け、今や██████████漆黒の███████████炎を█████空を覆い███████死者████████████研儀██████████鶴███████████████もう時間は███████████一刻も早く█████████████████都██████焼き尽くされ████████

文書-000-3

我々は███を結集し、███封印之術████生み出した。全ての████人██立ち入らぬ████隠さ██、この記録と共に██永劫忘れ██████。誰であろうと、奴と術の████後世に伝えることは禁███。例えどれほどの███があったとしても、時が経てば奴への███は薄れ、█████のために使おうとする者が██████████。その時こそ [以下未解読]

文書の内容と年代測定の結果から、SCP-000-JPは███年前の何れかの時点で活性化し、大規模な被害をもたらしたと推測されます。しかし、該当する年代の記録にSCP-000-JPに関する記述は無く、何らかの災害も確認されていません。そのため研究班では「対象の記録が消失、または隠蔽された」「対象が異世界から発見時の位置へ移動した」という2つの仮説が提唱されており、それぞれに基づく調査が続けられています。

アイテム番号: SCP-000-JP

オブジェクトクラス: Extranormal Safe

特別収容プロトコル: SCP-000-JPの発生空域は飛行禁止空域に指定され、常時財団の監視下に置かれます。事象発生時は、近隣サイトによる隠蔽措置を行うと同時に、出現したSCP-000-JP-aの監視、観測を行ってください。

説明: SCP-000-JPは長野県████市近隣の山間部において、不定期に発生する異常現象です。