Kata_Men のサンドボックス

天麩羅


rating: 0+x


[

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter (クラスを示しましょう)

特別収容プロトコル: [プロトコルを説明するパラグラフ]

説明: [説明を説明するパラグラフ]

補遺: [任意に追加されるパラグラフ]

予定タグ:


天麩羅


rating: 0+x


[

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: [プロトコルを説明するパラグラフ]

説明: SCP-XXXX-JPはヒト(Homo sapiens)の死体より発生するSafeクラス人型異常存在です。SCP-XXXX-JPの外見は一般的にノイズと称される白色と黒色の不規則な羅列で構成されており、臍にあたる部分から前述と同様の構成である管が接続されています。管は前述したヒトの死体の臍部と繋がっており、死体の臍部が腐敗等で消失した際、SCP-XXXX-JPは消失します。SCP-XXXX-JPの観測はジョコビッチ式観測器を使用した際のみ観測可能ですが、重要度の低さから定期的な観測は行われていません。

補遺: 以下の記録は奈良県大和高田市内で観測されたSCP-XXXX-JPの記録です。

予定タグ:

本質: 言及すると吸い込まれて焼かれる火葬場の焼却炉。(奈良県?)(中に被害者が入ってると吸い込まれることは無い。)
→言及出来ないから別の異常存在(無害)を利用して報告書を作成(誤伝達部門?)
別の異常存在: 特定の機器(眼鏡?カメラ?)を使用する事で認識可能な人型実態。(テレビの砂嵐を人型に切り取ったような感じ。←これをどう報告書に相応しい文体にするか。)これらは人の死体の臍と自身の臍が紐のようなもので繋がっている。尚これらの現象は世界中で確認できる。

特別収容プロトコル: 報告書を見てくださいとだけ記述

流れ
別の異常存在の説明

奈良県のある地域における観測記録ドーン

意図的に本質の異常存在(焼却炉、1~5号機ある内の3号機)の記述だけ欠落させる。

流れで本質の異常性を匂わす


Q! Q! CAT!


rating: 0+x


[

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの出現が確認された際、機動部隊ぬ-22"ロードキル"による周辺道路の封鎖、及び目撃者への対応が行われます。SCP-XXXX-JP及びSCP-XXXX-JP-α、SCP-XXXX-JP-βへの直接的な攻撃は被害の拡大へと繋がるため禁止されています。

説明: SCP-XXXX-JPはイエネコ(Felis silvestris catus)の頭部、四肢、体毛と同様の特徴を持つトヨタ・ハイメディック型救急車です。過去の観測記録からSCP-XXXX-JPは複数個体存在していると見られますが、現在まで正確な個体数は判明していません。

SCP-XXXX-JPは日本国内において一般的に道路と認識される場所を通行中の車両とイエネコが衝突した際、衝突箇所から100メートルの地点に出現し衝突現場へ侵入します。侵入後SCP-XXXX-JP内部から二足歩行を行うイエネコ(SCP-XXXX-JP-α)が複数体1出現し、衝突したイエネコの救助活動を行います。救助活動時、SCP-XXXX-JPは衝突現場内へ侵入する車両の妨害及び救助活動を妨害する者への攻撃を行います。出現から約10分後、SCP-XXXX-JP-αにより衝突したイエネコがSCP-XXXX-JP内部が運び込まれ、その後SCP-XXXX-JPが発車、消失します。

ドライブレコーダによるSCP-XXXX-JP出現時の映像を調査した結果、過去SCP-XXXX-JPによって搬送されたイエネコと同様の特徴を持ったSCP-XXXX-JP-αの出現が確認されました。この事から搬送後のイエネコは何かしらの異常性によりSCP-XXXX-JP-αとして活動していると思われます。

補遺1: 2019/11/25、名神高速道路京都東IC-大津IC間におけるSCP-XXXX-JP出現事案において複数のSCP-XXXX-JPが出現する現象が確認されました。同日14:30頃、乗用車とイエネコの衝突事故を受けSCP-XXXX-JPが出現、SCP-XXXX-JP-αによる救助活動が開始。直後SCP-XXXX-JPの妨害により横転した大型二輪車が複数体のSCP-XXXX-JP-αに衝突しました。結果、当事案におけるSCP-XXXX-JPの出現数は5体でした。当時案以降、SCP-XXXX-JP出現事案においてSCP-XXXX-JP-αが負傷するケース2が多く見受けられる事から、SCP-XXXX-JP及びSCP-XXXX-JP-αを指揮する個人もしくは団体に何か問題が生じている可能性が指摘されています。

補遺2: 2021/11/20の出現事案以降、出現するSCP-XXXX-JP及びSCP-XXXX-JP-αに以下の変化が確認されました。

  • SCP-XXXX-JP-αによるイエネコの救出時、SCP-XXXX-JP内部から新たに数体のイエネコ(SCP-XXXX-JP-β)が出現する。SCP-XXXX-JP-βは主に交通整理の役割を担っているとみられ、主に誘導用の反射棒や反射ベストを着用している。これと同時にSCP-XXXX-JP-αの出現個体数が減少3している。
  • SCP-XXXX-JP内部の壁面にモチベーションアップを目的としたと思われるポスター4が貼られている。

現在SCP-XXXX-JP出現事案におけるSCP-XXXX-JP-α及びSCP-XXXX-JP-βが負傷するケースが増加している事が確認されています。
  
予定タグ:
 

自立型ボタン

うーん、あなた今、ページの編集してるでしょ?アクシデントを起こさないためにも、ここの機能は非表示にしておくよ。この素晴らしい機能はBoyu12Boyu12氏によって作られたものです!
編集 ページのソース
履歴 ファイル