Kata_Men のサンドボックス

妖怪


rating: 0+x

どん、どん、と大きく揺れる車内で私  エージェント・トモエは上から渡されていた資料に目を通していた。
SCP-1406-JPの異常性曝露による森林火災の調査。
これが私に言い渡された命令だった。
資料から目を離しフロントガラスへと視線を移すと、集落があったであろう焼け跡が遠くに見えた。サイドミラーを見ると取材だろうか、新聞記者らしき人物が警官と話しているのが確認できた。
ふぅ、と息を吐き車の天井を見る為に顔を上げた。その状態のまま、私は資料から読み取った情報を頭の中で整理し始めた。

火災の延焼の範囲  
集落の情報  
生存者、死亡者の情報  
生存者の証言  
  オイルランプの所有者とされる人物。

ここまで整理し終えた時、不意に車が止まる感覚に襲われた。慌てて前を向くと運転手である警官に扮した青年、エージェント・葛飾がこちらを向いていた。
「着きましたよ、吉田警部。」
彼は言った。此処からは偽名で調査する必要がある。恐らく確認の為にわざわざ言ったのだろう。
「そうだな、古賀刑事。」
だから私もそれに乗っかった。


「妖怪じゃ、妖怪の仕業なんじゃ!」
集落の入り口に着くと、立ち入り禁止線の手前で警官数人に止められている老婆が目に入った。老婆の顔を見ると、資料に載っていた生存者の一人だと確認できた。
「一体何の騒ぎですか?」
古賀刑事が近くにいた警官に聞いた。警官曰く、あの山火事は妖怪の仕業だと喚き、内部に入ろうとしているらしい。
妖怪、という言葉を情報の一つとして脳内に保存してから私達は集落の内部に足を踏み入れた。

進んで行くにつれ、焦げた臭いが強く感じるようになってきた。周囲を見渡すと、住宅であっただろう焼け跡が目に入った。この辺りで死亡者は確認されていないとのことだが、火災の規模の大きさを理解するには十分な被害の状況だった。
「古賀刑事、所有者とされる人物の住居は……古賀刑事?」
声を掛け古賀刑事に視線を移すと、彼はこちらをじっと見ていた。声を掛けられたことに気が付いた彼は、周囲に誰も居ないことを確認するとこちらに近づいてきた。
「いや、ね。トモエさん女性なのに男装上手いなぁ、と感心していたんですよ。」
そう言うと、エージェント・葛飾は薄っすらと苦笑いを浮かべた。
「訓練の賜物だ。なに、葛飾も訓練すれば女性にもなれるぞ?」
「声まで変えれる自身無いんですけどねぇ……。」
再び彼は苦笑いを浮かべた。
「雑談は此処までだ。所有者とされる人物の住居に向かうとしよう。」
「わかりました、警部。」
私は古賀刑事を連れ集落の奥へ進んで行った。


「ここです、警部。」
そう言われた私が目にしたのは、半分焼け落ちた住居だった。

(現在執筆中)


トイレ前ジャック


rating: 0+x


[

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの発生が確認された場合、対象にCクラス記憶処理を行ってください。

説明: SCP-XXXX-JPは一般的な家屋のトイレへ通ずるドアの周辺において、3歳~4歳の子供(以下"対象"と呼称)に発生するイベントです。SCP-XXXX-JPは、対象が第三者による監視の無い状態でトイレへ通ずるドアの周辺にて座り込むことで発生します。発生後、対象は正体不明の人物と入れ替わります(以下正体不明の人物をSCP-XXXX-JP-αと呼称)。SCP-XXXX-JP-αは対象と容姿及び遺伝子構造も同一であり、また対象と同様の特徴1を伴った行動を行う場合が多く、SCP-XXXX-JP-αの発見は非常に困難です。

SCP-XXXX-JP-αはSCP-XXXX-JP発生より1年後に消失します。消失の際、SCP-XXXX-JP-αはSCP-XXXX-JP発生地点に移動する為、対象は一瞬で時間が1年間進んだ感覚に襲われます。この時対象は異常な時間の進行を周囲の人物2に伝えますが、大抵の場合子供の冗談として処理されることが多く、財団によるSCP-XXXX-JP発生の認知は進んでいません。

SCP-XXXX-JPは財団所属のエージェントがインターネット掲示板において、SCP-XXXX-JP発生による異常な時間の進行についての記述を視認した際、エージェント自身にSCP-XXXX-JPが発生していたことを思い出し財団に報告、興味を引きました。調査の結果、SCP-XXXX-JP発生の認知の困難さ及びSCP-XXXX-JP-αによる現実世界への被害の報告が無い事から、現在の特別収容プロトコルが制定されました。


逆転世界


rating: 0+x


[

huusatitenn

封鎖地点より撮影された写真。霧の内部にSCP-XXXX-JPが存在している。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter 

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP内部へと通じる道路は機動部隊ち-44(''カラーコーン'')によって常時封鎖されます。SCP-XXXX-JPへの侵入を含む実験は現在禁止されています。

説明: SCP-XXXX-JPは[データ削除]国の[データ削除]地域に存在する異常区域です。

補遺: [任意に追加されるパラグラフ]

予定タグ:


ないものねだり


rating: 0+x


[

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8150内低危険物収容ロッカー内にて保管してください。SCP-XXXX-JPを使用した実験はセキュリティクリアランスレベル2以上の職員1名以上の監視の元、Dクラス職員に対するもののみ許可されます。

説明: SCP-XXXX-JPは2019/09/15実施のGoI-8102「有村組」関連施設への調査時に発見されたA4サイズの冊子です。オブジェクトは全36ページで構成され、その全てのページ及び表紙は白色のインクにより全面が印刷されています。

SCP-XXXX-JPは以下の状況時に異常性を発現します。

  • SCP-XXXX-JPを所有する人物(以降所有者と呼称。)とSCP-XXXX-JPの存在を認知しない人物(以降曝露者と呼称。)が至近距離で対面する。
  • 所有者が曝露者に対しSCP-XXXX-JPを開き中身を見せた際、曝露者はSCP-XXXX-JPに掲載されている物品を購入したいという欲求が発生する。この際、曝露者が認識する物品に関して存在していない事に留意。
  • 上記の段階において所有者が曝露者に対し該当の物品の売買を持ちかけた際、曝露者は契約を承諾し所有者の提示する金額と該当の物品との売買を行う。
  • この売買から1週間後、曝露者は再び該当の物品を購入したいという欲求が発生する。この欲求は再びSCP-XXXX-JPによる該当する物品の売買が行われるかBクラス記憶処理を投与することにより解消される。
  • 以降SCP-XXXX-JPによる物品の売買が行われた場合のみ上記の内容を繰り返す。

SCP-XXXX-JP発見後の調査の結果、GoI-8102「有村組」の運営する違法運営企業"FZF訪販"によるSCP-XXXX-JPを使用した訪問販売が複数名の人物に対し行われていたことが発覚しました。これらの契約により売買された金額は5,000円から50,000,000円にまで上り、それらの金銭はGoI-8102「有村組」の活動資金として収集されていたと推測されます。

補遺: 以下の記録は一般人のSCP-XXXX-JP曝露者である立籐 ██氏へのインタビュー記録です。

対象: 立籐 ██氏

インタビュアー: エージェント・茨木

付記: 立籐 ██氏は交通事故により██病院内に入院中であったため、警察の聴取という名目上でのインタビューが行われました。

<録音開始>

エージェント・茨木: 立籐さん、体調の方は如何ですか?

立籐氏: ああ、問題ない。全く不幸なもんだ、良い物がまた買えるって時に軽トラが突っ込んで来るなんてな。

エージェント・茨木: 良い物、ですか?

立籐氏: そうだ、良い物だ。俺の部屋中にいっぱいあるんだ。早く治してまた囲まれたいなぁ。

エージェント・茨木:   立籐さん、実は今日事故の聴取以外でお聞きしなければならない事があるのですが。

立籐氏: ん?聞きたい事か、なんだ?

エージェント・茨木: "良い物"についてなのですが、お伺いしてもよろしいですか?

[立籐氏、怪訝な顔をし数秒沈黙する。]

立籐氏: ああ、構わねぇ。

エージェント・茨木: 単刀直入に聞かせていただきます。あれは何ですか?

立籐氏: 何って、良い物さ。それ以上でもそれ以下でもねぇ。

エージェント・茨木: しかし  あなたのお部屋を調べさせて頂いたのですが、あなたが仰る良い物と思われる物品は存在していませんでした。

立籐氏: [沈黙。]

エージェント・茨木: ご家族にもお話を伺いました。あの子は何も無い物を買い始めてからおかしくなったと仰られて  

立籐氏: 黙れ。

エージェント・茨木: 立籐さん?どうかされ-  —。

立籐氏: 黙れっつてんだよ!

[立籐氏、激昂しエージェント・茨木の胸倉を掴む。]

エージェント・茨木: 落ち着いて下さい!機動隊員!

立籐氏: どいつもこいつも何もないって勝手な事言いやがって!俺があれを持ってちゃマズいってか!?あるじゃねぇかよ!確かに、確かにあそこには!

[看護師に扮した機動隊員が精神安定剤を投与する。30秒後、立籐氏がベットに倒れこむ。]

立籐氏:   畜生、まともなのは俺だけなのか?あそこには確かに、確かにあるんだよ。見えねぇだけで、価値がある物が。

エージェント・茨木:   インタビューを終了します。

<録音終了>

終了報告書: インタビュー後、立籐氏とその親族に対しBクラス記憶処理を投与。その後立籐氏が異常性曝露時に使用した金額と同等である物品として「メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT C ロードスター 4.04」2台を手配済み。

自立型ボタン

うーん、あなた今、ページの編集してるでしょ?アクシデントを起こさないためにも、ここの機能は非表示にしておくよ。この素晴らしい機能はBoyu12Boyu12氏によって作られたものです!
編集 ページのソース
履歴 ファイル