かえるの歌が聞こえてくるよ
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8107の標準的な低脅威物品保管ロッカーに収容されます。新たなSCP-XXX-JPが発見された場合は非透明な覆い(封筒で構いません)を被せてから収容して下さい。SCP-XXX-JP自体の目視は可能ですが、その内容を口に出して読み上げてはなりません。

説明: SCP-XXX-JPは歌詞と楽譜が印刷されたA4用紙です。挿絵と説明文がついているほかは通常の楽譜用紙と外見上の差異はありません。SCP-XXX-JPの材質には異常性はなく、焼却や書き込みが可能です。全体の30%を破壊するとSCP-XXX-JPは異常性を発現しなくなることが確認されています。

SCP-XXX-JPの異常性は、印刷されている歌詞を目視しつつ、その歌詞に沿って「歌う」ことで発現します。歌詞を音読するだけであったり、歌詞を1文字でも間違えた場合は異常性は現れません1。最後まで歌い終えた対象者(以下、SCP-XXX-JP-Aと呼称)は以後、一定以上の大きさの音を耳にしたとき、音の代わりに「未知の存在が、SCP-XXX-JPに印刷された歌を歌っている声(以下、SCP-XXX-JP-Bと呼称)」を聞くようになります。SCP-XXX-JP-Bは認識障害ではなく、不明な原理によってSCP-XXX-JP-Aの聴覚器官にのみ受容されていると推測されます。これはSCP-XXX-JP-Bの発生中、SCP-XXX-JP-Aの鼓膜や卵円窓やリンパが通常の音を受容するときと同様に振動しているためです。

複数のSCP-XXX-JP-A の証言によると、SCP-XXX-JP-Bは一度発生すると同じ歌を延々繰り返し、止まることはありません。またSCP-XXX-JP-A が一定以上の大きさの音を耳にするたびに新たに別の声でSCP-XXX-JP-Bが発生します。このため一定以上の大きさの音を複数回耳にしたSCP-XXX-JP-Aは、複数の歌声を輪唱状態で延々聞き続けることになります。

実験により、SCP-XXX-JP-Bが発生する音の大きさは以下のとおりであることが判明しています。
経過日数 音の大きさ 目安
曝露直後 120デシベル 雷鳴。飛行機のプロペラエンジンの近く。
曝露翌日 110デシベル ヘリコプターの近く。
曝露から3日 100デシベル 自動車のクラクション程度の大きさ。
曝露から4日 90デシベル 人の大声。騒々しい工場内。
曝露から5日 80デシベル 間近で聞くピアノの音。
曝露から6日 70デシベル 掃除機。キーボードを叩く音。
曝露から7日 60デシベル 人間の通常の会話。

曝露から日を経過するごとにSCP-XXX-JP-Bの発生する条件が緩和されていくため、結果としてSCP-XXX-JP-Aはより多くの歌声を耳にするようになります。また曝露から7日目には、SCP-XXX-JP-Bそのものが新たなSCP-XXX-JP-Bの発生条件を満たすようになります。そのためSCP-XXX-JP-Bが瞬間的に無数に発生し、SCP-XXX-JP-Aの聴覚器官を完全に破壊します。これによりSCP-XXX-JP-Bは例外なく終息します。

聴覚機能の喪失以外でSCP-XXX-JP-Bを止める方法は、現時点で発見されていません。

Frog.jpg

SCP-XXX-JPの挿絵

SCP-XXX-JPは、██県██市の財団のエージェントが潜入している病院に「かえるの歌がずっと聞こえるんだ、なんとかしてくれ」と訴える男性が現れたことでその存在が発覚しました。男性の自宅を捜索したところSCP-XXX-JPが1枚発見され、その後の財団の調査により██県内で9枚のSCP-XXX-JPが発見されました。計10枚のSCP-XXX-JPはすべて財団が確保し、破壊実験によって失われた2枚を除いて8枚のSCP-XXX-JPが現存しています。男性は当初SCP-XXX-JP-A-1として財団の施設に収容されましたが、収容から6日後に聴覚機能を失うと同時にSCP-XXX-JPの影響から逃れたため、1ヶ月間の経過観察ののちに社会復帰しました。解放時に男性には記憶処理が施されるとともに、カバーストーリー「交通事故による聴覚異常と記憶障害」が適用されています。

8枚のSCP-XXX-JPの内容はすべて同じで、上半分に一般的な「かえるの合唱」の楽譜と歌詞が印刷され、下半分に白黒の挿絵と、以下のような説明文が印刷されています。

日々騒音に悩まされるみなさまに、素晴らしい商品をお届けします。

この楽譜を見ながら声を出して歌うだけ。それだけであなたを苦しめていた煩わしい音は消え去り、代わりに昔懐かしのあの歌があなたの耳に響きます。

騒音だらけの嫌な場所が、今日からあなただけのコンサート会場に早変わり! ぜひ素敵な歌声を楽しんでいってね!

注:こちらは試作品につき、現在無料で配布中です。

SCP-XXX-JP-A-1の証言によると、SCP-XXX-JPはある日自宅のポストに投げ入れられていたとのことです。SCP-XXX-JPを製造した人物は現在捜索中ですが、手がかりは何も見つかっていません。


補遺: ██県████市にてSCP-XXX-JPと類似したA4用紙が発見されました。印刷されていた歌詞は「静かな湖畔の森の影から」です。SCP-XXX-JPの亜種が他にも存在する可能性があることから、財団は日本全国に捜索の網を広げることを決定しました。