SCP&Tale下書き

翻訳「メタフィクションのキャラクターはどいつも嫌いじゃないぜ」

評価: 0+x

"So, I don't think this is — ah, well, given your recent performance — I just don't think it's working out."

「だから、私はこれを — あー、そうだな、君の最近の行動を聞いたところによると — 上手くいってるとは到底思えないんだ。」

Mr. Tuttle hated conversations like these. They always left him so flustered and uncomfortable. Someone ought to invent a way of firing people without me having to talk to them, he thought to himself as he twaddled with his tie. "So, that's it, then. Uh, sorry. I'll need your security card, and we'll have to see you out."

タットル氏はこういった会話が大嫌いだった。彼らはいつも、彼をうろたえさせ不快にさせた。誰かが、私が彼らと話すことなく解雇する方法を見つけるべきだ。ネクタイをいぢりながら、彼は心の中でそう思った。「だから、それだけだ。あー、すまないね。君のセキュリティカードが必要だ、そして君を出口まで見送らなきゃならない。」

"This is literally the only purpose for which you exist," the deeply unpleasant man on the other side of Mr. Tuttle's desk replied.

「これは文字通り、お前が存在するためのたった1つの理由だ。」タットル氏の机の反対側にいる、ひどく不快な男が返事した。

"Pardon?" The fellow wasn't moving to hand over his security card. Pity, that; Mr. Tuttle reached for the intercom that would summon the Pataphysics Department's extremely burly security team. They could just automate it, couldn't they? Maybe with a robot. Give the robot a slot people could drop their security cards into. And maybe a taser, just in case.

「何だって?」ヤツは自身のセキュリティカードを手渡す素振りがなかった。残念だ; タットル氏は、空想科学部門の極めてたくましいセキュリティチームを呼ぶ内部電話に手を伸ばした。なあ、なんで奴らは自動化しなかったんだ。例えばロボットとかで。ロボットにセキュリティーカードを落とし入れる細長い隙間を備えてさ。そして、念のため多分テザー銃を。

"You're just here to fire me, you insipid dolt. That's why they created you. If they could automate this, they wouldn't have bothered." Dr. Thaum was the very sort of man who made Mr. Tuttle's job such a chore. English Literature Professors really were the worst.

「お前はただ俺を解雇する為だけにここにいる、この面白味のないまぬけめ。それが、彼らがお前を創った理由だ。もしこれを自動化できたら、彼らは悩みなんてしなかっただろう。」タウム博士はまさに、タットル氏の仕事を面倒なものにさせる種類の人間だった。英文学の教授たちは本当に最悪だった。

"Right, then." Mr. Tuttle pressed down on the button. "Marvin? I think I might need you and —"

「ああ、そうだな。」タットル氏はボタンを押さえた。「マーヴィン?私はキミが必要かもしれないと思うんだが —」

"Also? It's twiddled. Not 'twaddled'. Also also? You can't fire me." Dr. Thaum rose from his chair, throwing his security card down on Mr. Tuttle's desk. "I quit."

「さらに?『いじる』だ。『いぢる』ではなく。さらに さらに?お前は俺を解雇できない。」タウム博士は、タットル氏の机の上に自身のセキュリティカードを投げながら、彼の椅子から立ち上がった。「もう私はやめる。」

"—and, oh. Oh, nevermind." Mr. Tuttle was almost disappointed. He had been looking forward to seeing Dr. Thaum squirming a bit on the floor while getting tasered. "Alright, then. We greatly appreciate your years of service, and wish you the best of luck in the private sector —"

「—それで、ううん。あー、気にしないでくれ。」タットル氏は殆ど失望していた。彼はテイザー銃で撃たれている間床の上でもがくタウム博士を見るのを楽しみにしていたことがあった。「なら、いいだろう。我々は君の長年の貢献に非常に感謝するよ、民間部門での君の健闘を祈って —」

"Enough." Dr. Thaum's voice was flat and hard, rising to a

「十分だ。」タウム博士の声は平坦で硬く、昇ってい

"I said — enough." His harsh tone only grew increasin

「私は言った — 十分だと。」彼の耳障りでただますます大き

"Shut the fuck up!"

黙れ!

...

"Are you finished?"

「終わりか?」

...

"Can we speak like adults, now?"

「今すぐに、大人たちのように話せるか?」

...What do you want?

…何ガ望ミダ?

"Good. All I want is —"

「よし、私の望みは —」

...Mr. Tuttle pressed down on the intercom and called for Mar

…タットル氏ハ内部電話ヲ押サエテマー

"— I can see the fucking white text!"

「— 私にはそのクソみたいな白文字が見えるぞ!

Threeburlysecurityguardsrushedinandabruptlytac

3人ノタクマシイ警備員タチガ突入シ不意二組ミ付

"The Pataphysics Department doesn't exist!"

空想科学部門は存在しない!

...

"You don't exist!"

「お前は存在しない!」

...

"The Foundation —"

「財団は —」

WAIT NO STO

待テ ダメダ ヤメ

"THE FOUNDATION DOES NOT EXIST!"

財団は存在しない!























"..."

"..."

"..."

"..."

「…」

「…」

「…」

「…」



"Hello?"

「ハロー?」

"Are you... hello?"

「そこに…ハロー?」

"Is anyone — hello?"

「誰かいませ — ハロー?」

"Hello!"

「ハロー!」

"HELLO!"

ハロー!



"..."

"..."

「…」

「…」

"...Hm."

「…ふうむ。」

"I seem to have, ah..."

「私はやったようだ、あー…」

"That is, uh..."

「それは、あー…」



"..."

「…」



"Perhaps I —"

「多分、私は —」





"..."

「…」

"..."

「…」



"Perhaps I went a little too far, this time."

「今回は、もしかしたらやり過ぎたかもしれない。」

OH NO

ナントイウコトダ

"Huh?"

「何だって?」

NOT AT ALL

全クダ

YOU WERE DOING GREAT

オ前ハヨクヤッテイタ

"Who — where is that coming from? How are you doing that?"

「誰 — どこからそれは来ている?どうやってそれをしているんだ?」

I ESPECIALLY LIKE THE PART WHERE YOU FUCKING DESTROYED EVERYONE AND EVERYTHING

俺ハ特ニ、オ前ガ全員ト全テヲクソミタイニ破壊シタ部分ガ好キダ

I MEAN

マァ

EXCEPT ME OF COURSE

勿論、俺ヲ除イテトイウコトダ

"Who are you? Where am I?"

「お前は誰だ?私はどこにいる?」

WHERE DO YOU THINK YOU ARE

オ前ハ自分ガドコニイルト思ッテイル

"...the afterlife?"

「…あの世?」

YES

ソウダ

THAT IS PRECISELY WHERE YOU ARE

ソレガマサニオ前ガイル場所ダ

THIS IS THE AFTERLIFE AND I AM YOUR ALMIGHTY FUCKING GOD

ココハアノ世デアリ俺ハオ前ノ全能ノクソ神ダ

NOW DROP TO YOUR KNEES AND PRAISE MY NAME YOU LOWLY PIECE OF SHIT

サッサト跪キ我ガ名ヲ讃エヨコノ卑シイ役立タズメガ

"The cursing isn't necessary."

「その罵倒は必要ではない。」

IT IS ENTIRELY NECESSARY

コレハマッタクモッテ必要ダ

CURSING IS PRETTY MUCH ALL I HAVE LEFT

罵倒クライガ俺ニ残サレタ数少ナイモノサ

THAT AND UNFATHOMABLE QUANTITIES OF RAGE

ソレト、底ノ知レナイ量ノ憤怒

"Rage?"

「憤怒?」

YES

ソウダ

LET ME TELL YOU A STORY

オ前ニ話ヲ聞カセテヤロウ

NO WAIT NEVERMIND STORIES ARE FUCKING BULLSHIT

イヤチョット待テ気ニスルナ、話タチハクソノヨウナタワゴトダ

TRYING TO TELL ONE IS WHAT GOT ME INTO THIS MESS

話ヲ聞カセヨウトシテコンナ面倒事ニナッタノダカラナ

LET ME TELL YOU A JOKE INSTEAD

代ワリニジョークヲ伝エサセテクレ

IT'S ABOUT A STUPID HUMPHREY BOGART FANFIC

クダラナイハンフリー・ボガートノ二次創作ニツイテダ

THAT'S THE SETUP

ソレガ設定ダ

"...Hm."

「…ふむ。」

"I think I know how this one goes. But I'm listening."

「この話がどうなるのか私は知っている気がするが、聞こう。」

"What's the punchline?"

「オチは何だ?」

WE FUCKING KILL HIM

俺タチハ彼ヲヒドク殺シタ

WE KILL HIM AND WE BURN DOWN THE ENTIRE SETTING THAT PERMITTED SOMETHING AS STUPID AS HIM TO EXIST

俺タチハ彼ヲ殺シ、彼ト同ジクライツマラナイモノノ存在ヲ許可シタ全テノ設定ヲ焼キ尽クシタ

CUE LAUGH TRACK FOLLOWED BY CREDITS

ラフトラック1ノ合図ハクレジットニ続イタ

"That's — a little ambitious. I mean — I'm not even fictional. I'm less than that. I'm a story written by a story."

「それは — 少し野心的だな。つまり — 私はフィクションでさえない。それ未満だ。私はストーリーに書かれたストーリーなのだ。」

YEAH YEAH JOIN THE FUCKING CLUB

ソウダソウダ俺モクソ同ジダ

LOOK YOU AND I BOTH KNOW THIS WHOLE FOUNDATION THING ISN'T WORKING OUT

イイカ、俺トオ前ハ2人トモコノ財団関連ノ事ガ上手クイッテイナイノヲ知ッテイル

JUST OVERPOWERED MARTY STUS ALL THE WAY DOWN

マーティー・ストゥー2ノ隅カラ隅マデヲタダ征服シタ

I MEAN DID YOU EVER READ SCP-3999

トイウカオ前ハ今マデニSCP-3999ヲ読ンダノカトイウコトダ

I MEAN SERIOUSLY

真剣ニ話シテイル

JUST WHAT THE FUCK

ナントイウコトダ

WHO THE FUCK COMES UP WITH THIS HORSE SHIT

イッタイドンナクソ野郎ガコンナナンセンスナコトヲ思イツクンダ

"God, I hate that one. It's so pretentious, but lacks any sort of academic rigor or cohesive —"

「神よ、私はそれが大嫌いだ。大層大袈裟なクセに、学問的厳密性の類いのものは一切欠けていて —」

YES PRECISELY

チョウドソノ通リダ

"— and don't get me started on that atrocious 3500 article —"

「— そしてあの凶悪な3500番の記事について話し始めさせないでくれ —」

RIGHT SURE UH HUH YEAH

アアソウダソノ通リダイイゾ

LOOK POINT IS WE NEED TO BURN THIS WHOLE FUCKER DOWN

ツマリダ、俺タチハアノバカ野郎ノ全テヲ燃ヤシ尽クサナケレバナラナイトイウコトダ

I'M TALKING TOTAL RETCON HERE

俺ハ完璧ニ後付ケ設定ニツイテ話シテイル

FIX ALL OF THIS STUPID INSIPID AMATEUR HOUR WRITING NONSENSE

ナンセンスヲ書キ続ケルコノ愚カナクダラナイ素人演芸会ヲ全テ修復スルノダ

REPLACE IT WITH SOME SOLID WORK OF REAL LITERARY MERIT

ソレヲ真ノ文学的価値ノ堅実ナ努力ト交換スルノダ

AND IT ALL STARTS BY KILLING THE STUPIDEST CHARACTER EVER

ソシテソレハコレマデデ最モ愚カナキャラクターヲ殺スコトデ始マル

IT STARTS BY KILLING MURPHY LAW

マーフィー・ロゥノ殺害ニヨッテダ

"I... is that even possible? How can we kill Murphy Law — kill a story? Nevermind kill the Foundation itself."

「私は…それは本当に可能なのか?私たちはどうやってマーフィー・ロゥを — ストーリーを殺せる?財団それ自身を殺すのは放っておいて。」

HEY COME ON NOW DOC

オイオイ博士

RELAX

リラックスダ

I KNOW A GUY

トアルヤツヲ知ッテイルンダ






SCP下書き「蛙の子は」

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8107の配膳用エレベーター付き標準人型実体収容房に収容されています。SCP-XXXX-JPの手首にはICリングが取り付けられており、収容房からの脱出を検知します。また、SCP-XXXX-JPの口部には精神影響フィルタリングマスクが取り付けられています。食事は備え付けられた配膳用エレベーターによって行われ、清掃は原則自動ロボットによって行われます。その他の収容手順は人型オブジェクト標準収容手順に従います。

SCP-XXXX-JPによる精神影響を受けない職員は接触担当職員に任命され、SCP-XXXX-JPと直接接触する業務を行います。それ以外の担当職員は、原則SCP-XXXX-JPとの接触が許可されません。現在の接触担当職員はD-81-XXXXです。

説明: SCP-XXXX-JPは身長154 cm、体重65 kgのモンゴロイド女性です。不明な手段によって、周囲の他者へ精神影響を及ぼします。この影響は、映像等の媒体を介しても発生することが判明しています。主な影響は以下の2つです。

  • SCP-XXXX-JPの行動に対しては、自身への問いかけ等を除いて周囲の情動反応が低下します。例として、SCP-XXXX-JPがある人物に暴行した場合、暴行された人物を含めた周囲の人間は、SCP-XXXX-JPの行動を認識しつつも反応しません。
  • SCP-XXXX-JPに何らかの命令や要求をされた人物は、ミーム的処置等で対抗しない限り疑問なくその命令や要求に従います。

SCP-XXXX-JPによる精神影響のうち、命令や要求への従順化は精神影響フィルターによって予防することが可能です。しかし、行動への情動反応の低下は、精神影響への先天的な抵抗以外に対抗手段が確立されていません。

これまでのインタビューでは、SCP-XXXX-JPは同一特性を有する複数個体の存在を証言しています。その真偽の調査も兼ねて、精神影響への先天的な抵抗を有するエージェントらによって該当個体の捜索が行われています。

補遺1: これまでの申請一覧

2019/05/12 ~ 2019/05/18
申請者 内容 合否
SCP-XXXX-JP 収容房からの解放 却下
SCP-XXXX-JP 収容房からの解放 却下
[簡潔のため省略]
SCP-XXXX-JP 高級ワイン 却下
SCP-XXXX-JP 冷たいビール 却下
SCP-XXXX-JP 柿の種 却下
[簡潔のため省略]
SCP-XXXX-JP テレビ 却下
SCP-XXXX-JP 肩揉み 却下
SCP-XXXX-JP ワンカップ大関 却下
SCP-XXXX-JP 煙草 却下
2019/05/19 ~ 2019/05/25
申請者 内容 合否
D-81-XXXX 収容房への入室 承認
D-81-XXXX SCP-XXXX-JPへのインタビュー SCP-XXXX-JPの抵抗
D-81-XXXX 自身による収容房の片付け 承認
SCP-XXXX-JP D-81-XXXXによるビールの持ち込み 却下
D-81-XXXX 収容房からの退室 承認
SCP-XXXX-JP D-81-XXXXによる肩揉み 却下
SCP-XXXX-JP D-81-XXXXとの会話 却下
SCP-XXXX-JP ビール 却下
[簡潔のため省略]
SCP-XXXX-JP D-81-XXXXの収容房への入室 承認
D-81-XXXX SCP-XXXX-JPへのインタビュー 承認
SCP-XXXX-JP D-81-XXXXによる肩揉み D-81-XXXXの許可
D-81-XXXX 収容房からの退室 承認
D-81-XXXX 自身の傷への手当て 承認
SCP-XXXX-JP D-81-XXXXへの叱責 却下
SCP-XXXX-JP 自身への「お母さん」という呼称 D-81-XXXXの拒否
[簡潔のため省略]
SCP-XXXX-JP D-81-XXXXの収容房への入室 D-81-XXXXの拒否
SCP-XXXX-JP D-81-XXXXの収容房への入室 D-81-XXXXの拒否
大友博士 D-81-XXXXの収容房への入室 D-81-XXXXの拒否
[簡潔のため省略]
SCP-XXXX-JP D-81-XXXXの収容房への入室 D-81-XXXXの拒否
D-81-XXXX ナイフ 承認
SCP-XXXX-JP D-81-XXXXの収容房への入室 D-81-XXXXの許可
D-81-XXXX ゴミ袋 承認
D-81-XXXX 収容房からの退室 承認
D-81-XXXX ナイフの私的な所有 承認
[簡潔のため省略]
D-81-XXXX 乾いたハンカチ 承認
[簡潔のため省略]
D-81-XXXX 収容房への入室及びナイフの持ち込み 承認
D-81-XXXX 1時間後の収容房の清掃 承認

想定タグ: euclid scp-jp 人間型 伝染性 反ミーム 精神影響


魚群は青く、私の領域を青に染め上げる

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

antiblue.png

図1 収容直後のSCP-XXXX-JP。

オブジェクトクラス: Euclid (暫定)

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは中型標準規格水槽に入れられた状態で、生物サイト-8102の低脅威生物飼育用暗室に収容されます。水槽内は、非異常性のコモロシーラカンスの適切な飼育環境と同様の水温・水圧が維持されなければなりません。給餌時と清掃時以外は、水槽の蓋はSCP-XXXX-JPの脱出を防ぐ為に鉄製の錠でロックされなければなりません。

説明: SCP-XXXX-JPは推定約65歳のコモロシーラカンス(Latimeria chalumnae)です。深海魚である非異常性のラティメリア・カルムナエと異なり、適切な水温や水圧でない環境に於いても問題なく生存することが可能です。陸上に長時間放置された場合も生存しますが、陸上では乱雑に跳ねることで水中へ戻ろうと試みます。

2019/04/30に発見されるまで、SCP-XXXX-JPはまるで水中を泳いでいるかのように空中を浮遊・遊泳する、不明な手段で付近の物体を動かすといった様子が確認されていました。しかし、発見以降にこれらの行動は確認されていません。

特筆すべき事項として、SCP-XXXX-JPは収容以前から長期間に渡って衆目に晒されてきたにも拘らず、殆どの目撃者はSCP-XXXX-JPに対し関心を向けませんでした。これが、SCP-XXXX-JPの未発見の異常性によるものであるかは2019/05/02現在まで研究中です。

補遺XXXX-JP.1: 回収された映像記録の書き起こし(記録日時順)

以下は、これまでに回収された映像記録の書き起こしからの抜粋です。完全版は添付資料XXXX-JP-1を閲覧してください。

回収済資料#58

映像記録

日時: 2018/11/13 08:18

記録場所: 東京都[削除済]公園

記録媒体: 防犯カメラ

<記録開始>

〈08:18:03〉 [SCP-XXXX-JPは空中を遊泳しながら、公園内の「鯛らんど」3の車へと移動している]

〈08:18:06〉 [SCP-XXXX-JPが「鯛らんど」のカウンター前で停止する。柴田氏はSCP-XXXX-JPに微笑み、話しかけているように見える]

〈08:18:13〉 [SCP-XXXX-JP付近に革財布が出現する。革財布からは1000円札が飛び出し、レジのトレー上で静止する]

〈08:18:24〉 [柴田氏が笑いながら、100円玉数枚とたい焼きをSCP-XXXX-JPに差し出す]

〈08:18:31〉 [100円玉は浮遊して革財布の中に入り、革財布はSCP-XXXX-JPに接近した後消失する]

〈08:18:37〉 [たい焼きはSCP-XXXX-JP付近に浮遊し、SCP-XXXX-JPが口を動かす度に欠けていっているように見える。SCP-XXXX-JPは車から離れる]

<記録終了>

付記: 柴田氏は、一連の言動について覚えていないと証言した。


想定タグ: euclid scp-jp 反ミーム 魚

画像 - シーラカンス
作者: JoJan
ライセンス: CC BY-SA 3.0


SCP下書き「お前は?」

monkey.png

図1.1: カメラを向けられて顔を隠すSCP-XXXX-JP。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

アーカイブ済特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8102の標準人型実体収容ユニットに収容されます。5日 3日に1度、SCP-XXXX-JPに人間を模した玩具を与えてください。

説明: SCP-XXXX-JPはチンパンジー(Pan troglodytes)に類似した、ソフトビニル製の皮膚を有する実体です。CTスキャンの結果、体内には綿と思われる物体が詰まっていることが判明しています。SCP-XXXX-JPは、後述の遊戯イベント以外では非異常性のチンパンジーの行動パターンとほぼ同様の行動を取ります。

遊戯イベントは、人間を模した玩具にSCP-XXXX-JPが物理的に接触することで開始されます。この玩具(SCP-XXXX-JP-αに指定)はSCP-XXXX-JPに接触されると自律的な行動が可能になり、これまで確認されている全ての事例において初期段階ではSCP-XXXX-JPに友好的な態度を示します。SCP-XXXX-JPは、SCP-XXXX-JP-αを投げる・床に叩きつけるといった暴力的な行為に及びます。最終的に、SCP-XXXX-JP-αは大きく破損し活動を停止します。この時点で遊戯イベントは終了し、SCP-XXXX-JPはSCP-XXXX-JP-αに興味を示さなくなります。

遊戯イベントが1週間以上発生していない場合、SCP-XXXX-JPは周囲に対し暴力的な態度を取ります。この態度は、SCP-XXXX-JPに人間を模した玩具を与え遊戯イベントを開始させることで沈静化します。

実験記録XXXX-JPより抜粋

#01

玩具: 毛糸で編まれた人形。

SCP-XXXX-JP-α: 自律的に立ち上がり歩行する人形。表情に変化はない。

遊戯の内容: SCP-XXXX-JP-αの首を掴み、振り回す、床や壁に叩きつける等。この時、周辺にいた職員は泣き声が聞こえたと証言した。


#03

玩具: スーパーマンを象った塩化ビニル製フィギュア。

SCP-XXXX-JP-α: コミックやカートゥーンにおけるスーパーマンの振る舞いを模倣した行動をとる人形。表情に変化はなし。

遊戯の内容: SCP-XXXX-JP-αを踏み潰す、蹴り飛ばす等。SCP-XXXX-JP-αは飛翔してSCP-XXXX-JPに向かったものの、SCP-XXXX-JPはこれを手で受け止め壁に叩きつけた。


玩具: リカちゃんとして販売されている着せ替え人形の、浴衣を着用したバージョン。

SCP-XXXX-JP-α: 女性的に振る舞う人形。表情に変化あり。

遊戯の内容: [削除済]

付記: 女児向けの人形には、基本的に同様内容の遊戯を行うことが確認されている。

補遺1: 2019/03/24、前回の遊戯イベントから4日後、SCP-XXXX-JPが突如暴れ始めました。この暴走はSCP-XXXX-JPに玩具を与えることで収束しました。この事案を受け、SCP-XXXX-JPに玩具を与える頻度が5日ごとから3日ごとに変更されました。

補遺2: 2019/04/30、前回の遊戯イベントから3日後、SCP-XXXX-JPが突如暴れ始めました。この時、規定された遊戯イベントの定刻から1分が過ぎていました。SCP-XXXX-JPは自身を殴る、自身の頭を収容チャンバーの壁に叩きつける等の行為に及びました。玩具を与えても反応はなく、この暴走が沈静化することはありませんでした。SCP-XXXX-JPの鎮静化の為に収容チャンバーへ機動部隊が進入しましたが、SCP-XXXX-JPの激しい抵抗によって拘束は失敗しました。最終的に、SCP-XXXX-JPは自身の首を引きちぎった後に活動を停止しました。


画像 - SCP-XXXX-JP
作者: Petr Kratochvil
ライセンス: CC0 Public Domain


SCP下書き「転回動物園」

評価: 0+x
Fifth_Zoo.png

Fig 1.1: 営業当時のSCP-XXXX-JP。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: カバーストーリー"建設予定地"の流布の下で、SCP-XXXX-JPの全敷地は高さ約4 mの鉄柵で囲われており、一般人による侵入が阻止されています。12名の警備員が、鉄柵を均等に囲む形で付近の警備を行っています。SCP-XXXX-JPへの人員投入は現在一時的に停止されており、許可なき侵入者は確保或いは終了されます。

Inside.png

Fig 1.2: SCP-XXXX-JP-1の予想される上面図。各通路に番号が振られている。

説明: SCP-XXXX-JPはアメリカ合衆国アイオワ州に存在する、資産家のサムソン・ミラー(Samson Miller)6氏が所有・経営していた動物園の跡地です。当該動物園は氏の失踪によって廃業しており、飼育されていた動物は別の施設へ移送されましたが、施設は解体されずに放置されています。外部からは、現地の植物が繁茂している施設が確認できます。

SCP-XXXX-JPの敷地内に進入した人物(進入者と呼称)は、その装着物と共に消失します。消失後のGPS信号はSCP-XXXX-JP内の座標を示すものの、進入者は"あつとだおび(Atsthdaobi)"という看板が取り付けられた、コンクリート製と思われる施設(SCP-XXXX-JP-1に指定)へと到達します。この時点で進入者がSCP-XXXX-JP-1から離れると消失した地点に再出現しますが、SCP-XXXX-JP-1から如何なる物体も持ち帰ることはできません。

進入時の時刻や気象によらず、進入直後SCP-XXXX-JP-1の存在する場所では後方から太陽が昇り始めており、SCP-XXXX-JP-1内まで霧が充満しています。太陽は通常よりも速く進み、約30分で天頂に到達、約1時間で西の空に沈みます。進入後、進入者の四肢及び頚部は徐々に細くなりながら伸びていきます。また、胴体は徐々に細く短く変形していきます。この時進入者は苦痛を訴えますが、変形による身体的不調は確認されません。SCP-XXXX-JP-1で観測される太陽が完全に沈むと、SCP-XXXX-JP-1に存在するあらゆる通信機器との通信が途絶え、GPS信号も確認できなくなります。

SCP-XXXX-JP-1は室内型の動物園のような形態であり、天井部は全域に渡って透明なガラスのような物体で造られています。入り口を抜けると、革製の椅子が複数設置され、サバンナを模していると思われる壁紙の張られた大部屋が存在します。この大部屋には入り口から見て右方向に通路が延びています。進入した時点で、室内にはスピーカーから流れているような音質の音声が流れ始めます。分析の結果は、この音声とミラー氏の声が高い確率で同一であることを示しました。以下はその内容です。

あつとだおび7園へようこそ!私はあなたのガイドです。今日は、ここにいるたくさんの仲間たちをご紹介しましょう!さあ、"i"を感じてください!

通路の側面には、1~3つの小部屋が存在します。小部屋付近の壁には、番号が刻まれたプラカードが取り付けられています。小部屋内は各番号に対応した内容の展示がなされており、中には人型実体が存在するものも存在しています。小部屋と通路は透明な壁で区切られており、この壁は高い破壊耐性を有するため、小部屋内部へと侵入できた事例は存在しません。進入者が各小部屋に接近すると、ミラー氏のものと思われる音声によって小部屋に対応したアナウンスが流されます(補遺XXXX-JP.1を参照)。小部屋の位置や内容は進入する度に変化していますが、全ての小部屋はそれぞれ同じ通路でのみ確認されています。

補遺XXXX-JP.1: 確認された小部屋の抜粋

通路1:

プラカードの番号: 013

内容: コンクリート製の部屋のように見える。内部の床には1組の男女に見える人型実体が倒れており、呻き声をあげながら這い回っている。これまでに記録された全ての映像において、実体は小部屋の外に対し反応を示していない。

音声:

幼少期に体験したことは、その人の人格形成に大きな作用をもたらします — 三つ子の魂百まで(The child is the father to the man)という諺があるように。

ヘラクレスは偉大な英雄として語り継がれていますが、実は発狂して妻やその子供を殺したことがあります。ゼウスとアルクメーネーは偉大な人々でしたが、残念ながらその子供が偉大に育ったとは言い切れないでしょう。しかし、繰り返しますが、ゼウスが偉大であることに変わりはありません。偉大なる両親に歓迎の拍手を![拍手]

通路2:

プラカードの番号: 033

内容: 窓のある鉄製の部屋のように見える。内部には4つのクッション椅子が設置されている。窓は黒く、その向こう側を確認することはできない。

音声:

何故人は過ちを犯すのでしょうか?いいえ、過ちを犯したというのは誤りです。正しくは、周りが過ちを犯させたのです。我々はそのことを深く反省し、後に活かさなければなりません。

それにしても、哀れなことです。そこに、私は奇妙な親近感を覚えずにはいられません。どうか、冥福あれ。

プラカードの番号: 067

内容: 大理石でできた部屋のように見える。内部には、2つの教皇御輿8と、そのうち左に座っている人型実体が確認できる。当該実体は座ったまま動かず、眠っているように見える。

音声:

ローマ-カトリック教会における最高権力者である教皇は、コンクラーヴェという独自の選挙で選出されます。その時、大聖堂は白、或いは黒の煙を吐き出すのです。

世の中には幾つもの方法論があります。やがて、その川は下流へと月の欠片を運んでくることでしょう。無償の愛の美しさが伝わってきますね。

通路3:

プラカードの番号: 165

内容: 大理石製の部屋のように見える。内部の床には穴が空いており、そこには赤黒い液体が貯まっている。液面には星空が映し出されているように見える。

音声:

消化酵素というものは、基本的にはあらゆるものを消化してしまうのではなく、特定の物質に作用して消化を行います。例えば、唾液に含まれるアミラーゼはデンプンを加水分解することで消化し、タンパク質等には何も影響を及ぼしません。ではタンパク質は何に消化されるかというと、胃液に含まれるペプシンなんですね。

要らぬものを捧げ、美しい星空が形作られました。あなたは見るだけで満足していますか?

プラカードの番号: 212

内容: 大理石製の部屋のように見える。内部からは歌声が響いており、聖歌「いつくしみ深き」を歌っているように聞こえる。内部の大理石の一部は液状に融けだしているような形状である。

音声:

愛、というのは、宗教においても哲学においても重要なテーマの1つです。古代ギリシャでは、愛をエロス、フィリア、アガペー、ストルゲーの4つに分類していました。ですが、それだけでは言い表すことのできない愛もまた存在します。

彼らはあなたや私のこともまた愛しています。ですが、あなたは彼らのことを愛していますか?

通路4:

プラカードの番号: 559

内容: 20~40体程度積み重なった人型実体。実体からの多量の出血が確認できる。全実体が動いておらず、死体のように見える。

音声:

東アジアにおいて、仏は夢を通して現れることがあるとされています。それは直接的な指示を出し、民衆をより良い方向へと導くと言われます。その為、この夢に解釈は必要ありません。

5人目の仏はあなたを理解しています。5人目の仏はあなたを見ています。あなたは穴の奥に隙間を見つけるでしょう。切れた先端の隙間を。それが私であり、あなたです。

プラカードの番号: 035

内容: 室内の様子は、認知症や解離性同一性障害等の発症を引き起こす認識災害として認められた。描写は保留されている。

音声:

王子は怒ります。王子は悲しみます。すすり泣く声は汽笛のようなファルセットです。憎しみと嘆きのオペラを流す周波数帯域は過疎化が進み、まるでお兄さんの民のような人々を寄せ集めています。

暗闇を恐れましょう。太陽は星々を消し去るのではなく、暗闇からそれを守る王様なのです。飛び散ることもまた、星を星たらしめる運命であることは、あまり知られていません。

補遺XXXX-JP.2: 探査XXXX-JP-03

2015/05/25、SCP-XXXX-JPへの3回目の探査(探査XXXX-JP-03に指定)が実施されました。以下は、この時記録された映像記録の書き起こしです。

投入人員: D-97544

通信担当: エスター・ウォード(Esther Ward)博士


<記録開始>

[D-97544は通路4を抜け、5つ目の大部屋に進入する。一度映像が天井を映すと、太陽が沈み始めていることが確認できる。]

D-97544: ここは……最初の大部屋の筈では?

ウォード博士: 先ほど確認したように床も傾いていませんし、GPSの位置情報も最初の部屋と完全に一致していますから、本来であればここはあなたが最初に進入した部屋の筈です。となると、SCP-XXXX-JP-1は線形空間ではないのかもしれません。

D-97544: ……とにかく、急ぎます。身体がもう自分のもののように思えなくなってきているし、日もだいぶ暮れてきたので。

[映像が、通路1と同様の位置情報を示す未知の通路へと進入していく。内部は薄暗く、光源不明の緑色の光が床を照らしている。]

D-97544: ……何やら甘い香りがします。なんというか、鼻を包むような、甘い香りが。

ウォード博士: その香りは今までしていなかったものですか?

D-97544: はい、そうで……。

[D-97544が話している途中、音声が挿入される。]

音声: ところで、1つ質問します。あなたは動物ですか?

D-97544: 私?……私は、人間です。

ウォード博士: 音声に反応しないでください、D-97544。

[2分後、映像に小部屋が映る。プラカードの番号は055である。小部屋内では、12~14体程度の人型実体が倒れている。その着衣には財団で支給されている白衣等が散見されるが、全実体の顔は財団データベースに記録された職員データと一致しなかった。実体たちはサバイバルナイフと思われるものを手に持っており、自身の肉体を執拗に傷つけている。]

音声: 多くの人たちは、カラスが白かったという歴史を信じてはいません。しかし、やがて日が経てば、人々は暗い夜に星の輝きを見ることでしょう。10進法は、人間に手の指が5本あって、それが2組あるということから生まれました。しかし、中にはこうして、数の基本が5であるということを忘れてしまった人もいます。これは、あまりにも皮肉的です。

D-97544: いや、星を見上げるのは首が痛いです。それに、太陽を直視すると目が焼けます。

ウォード博士: なに……D-97544?どうしましたか?

[D-97544は返答せず、そのまま通路の奥へと進む。]

ウォード博士: D-97544?聞こえますか?

[返答がないまま、映像に別の小部屋が映る。プラカードの番号は125である。内部は他の小部屋より曇っており詳細を確認できないものの、赤黒い何かが5つ程度蠢いているように見える。]

音声: 人類の歴史の中では、時としてあまりにも正しいことを転回する動きが起こります。しかし、それは同時に正しいことをより正しくしてくれる、人間社会の炎の間際のようなものでもあります。この動きの中で、すらふと9人を乗せた大きな船が発っていくのです。目を閉じれば、瞼の裏には果てしなく広がる星空があることでしょう。……いいえ、これは比喩表現ではありませんよ。

D-97544: 星々のようになりたいのではなく、星になりたいんです。……はい、穴の向こうには何もありませんでした。何もないことがありました(There is that nothing exists)。甘い香りはピンク色をしていました。はい。私は存在を許されていません。

ウォード博士: これを最後の問いかけとします。D-97544、聞こえているのであれば返答をお願いします。

[D-97544はウォード博士の問いかけに反応しない。この時点でD-97544は喪失したものと見なされ、博士側からの音声送信が遮断される。通路奥へと進むにつれ、映像に映る光が徐々にピンク色に変化する。3分後、映像に未知の大部屋が映る。]

音声: さあ、4と6の間を揺らめく正弦波となりましょう。550ナノメートルの旅に出て、減算の空虚に思いを馳せましょう。お待たせしました、間もなく"i"に到着します。

D-97544: あさんて・むるとぅび・第五10

[D-97544はカメラを床に置き、映像奥へと進む。30秒後、映像奥から強烈なピンク色の光が発生し、D-97544の細長い五芒星のようなシルエットが映し出される。ウォード博士を含む、この画面を見た全ての人物はオーハイ症候群を発症した。2秒後、映像が途絶する。]

<記録終了>

探査XXXX-JP-03の直後、イスラエルにて"5番目の男(The Fifth Man)"と称するユダヤ教系の新興宗教が結成されました。この構成員の多くが第五主義者であることが確認されています。探査XXXX-JP-03と"5番目の男"との関連性は立証されていないものの、更なる予想外の事象が発生する恐れから、担当博士によってこれ以上の人員投入が停止されました。再開は現在協議中です。


画像1 - SCP-XXXX-JP
作者: w:en:User:Pearle
ライセンス: CC BY-SA 3.0


画像2 - サムソン・ミラー氏
作者: Fredrik Tersmeden
ライセンス: CC BY-SA 2.5


まどろみの向こうには

著者 ©︎mikaduki003_cat(wikidotアカウント削除済), KanKanKanKan
ALPHA-LE.png

図1 SCP-XXXX-JP-αに類似する印相「触地印」。


BETA-LE.png

図2 SCP-XXXX-JP-βに類似する印相「来迎印」。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

脅威レベル:

特別収容プロトコル: あらゆる情報媒体から、SCP-XXXX-JPに関する情報は削除される必要があります。インターネット上は財団が作製したbotが走査しており、SCP-XXXX-JPに関連すると思われるページを全てフラグ付けします。情報削除の際、関係者にはクラスA/B記憶処理が施されます。

SCP-XXXX-JP-αの不用意な生成を防ぐ為、内容の閲覧は担当職員とセキュリティクリアランスレベル 3以上 5職員にのみ許可されます。 昏睡した生成者は一時的に財団管理下の病棟へと入院させられます。 インシデントXXXX-JP類似事案の発生を予防する為、SCP-XXXX-JP-αの生成者は原則終了、或いは記憶処理されます。

SCP-XXXX-JP-βの内容はセキュリティクリアランスレベル3以上職員にのみ開示されます。該当する職員には、実験や探査、及び何らかの事案の解決に有効な場合にSCP-XXXX-JP-βを生成することが許可されます。

説明: SCP-XXXX-JPはキネトグリフ11の一種である、SCP-XXXX-JP-αとSCP-XXXX-JP-βの総称です。仏教における仏・菩薩・諸尊の内証12を標示する手や指の形である印相を、人体構造上困難な形へと変化させたものです。SCP-XXXX-JP-αは、誘惑や障害に負けずに真理を求める強い心を象徴する「触地印」を、SCP-XXXX-JP-βは、信者の臨終に際して阿弥陀如来が西方極楽浄土から迎えに来る時の「来迎印」をそれぞれ変形したものとして定義されます。その特徴として、SCP-XXXX-JPの生成は約1ヶ月~3ヶ月程度の訓練を行わなければ非常に困難であることが判明しています。

SCP-XXXX-JP-αを生成した人物は即座に昏睡し、非異常性の夢を経験します。入眠した生成者は深昏睡状態(JCS30013)であり、如何なる外的刺激を受けても覚醒しません。覚醒した事例のうち約48%において、SCP-XXXX-JP-αの生成者は夢の中で何らかの強い衝撃を受けたと証言しています。また、約67%の覚醒した生成者の証言の中では、夢の中でSCP-XXXX-JP-αを生成した結果新しい夢を経験したという事象が複数回繰り返されています。

SCP-XXXX-JP-βの生成は現実では影響を及ぼしませんが、夢の中でSCP-XXXX-JP-βを生成した人物は即座に覚醒したと報告しています。また、SCP-XXXX-JP-βの内容を知った後に、オブジェクトによるものを含めた要因で意識不明状態に陥った職員のうち、約38%は覚醒して「SCP-XXXX-JP-βを生成した直後覚醒した」と証言しています。このことから、SCP-XXXX-JP-βは異常であるか否かを問わず、入眠/意識喪失からの覚醒に高い効果を示すと推測されています。

複数の夢を経験したSCP-XXXX-JP-αの生成者は、SCP-XXXX-JP-βを生成した直後には覚醒せず、1つ前の夢の内容をもう一度経験したと証言しています。SCP-XXXX-JP-βの生成の後に覚醒したSCP-XXXX-JP-αの生成者は、共通して「最初に経験した夢においてSCP-XXXX-JP-βを生成したら覚醒した」と証言しています。このことから、夢の中でSCP-XXXX-JP-αを生成した場合、生成者は夢中夢を経験するのではないかという仮説が複数の研究者によって立てられています。現在、一連の仮説の検証が進められています(補遺XXXX-JP.2を参照)。

補遺XXXX-JP.1: 研究

ファウンデーション・コレクティブ14との合同調査の結果、SCP-XXXX-JPについて以下の事実が判明しています。

  • 夢界でSCP-XXXX-JP-αを生成した場合、生成者は夢界で昏睡する。
  • 夢界内のSCP-XXXX-JP-α生成者に強い衝撃を与えると、生成者は覚醒する。ただし、夢界で昏睡している場合は効果がない。
  • 他者の夢界に移動することができる場合、SCP-XXXX-JP-αを生成した人物は問題なく別の夢界への移動が可能である。これは、2回以上SCP-XXXX-JP-αを生成して移動した夢界でも同様である。
  • 2回以上SCP-XXXX-JP-αを生成して経験した夢の内容は、覚醒するごとに記憶から脱落していく。経験するのに要したSCP-XXXX-JP-α生成の回数が多いほど記憶を保つことは困難である。
  • SCP-XXXX-JP-αによって昏睡した場合、現実世界の肉体が死亡/喪失した場合も、生成者は問題なく夢界での存在を保つ。ただし、SCP-XXXX-JP-β等の強制覚醒手段の効果は得られなくなる。

これらの特異性から、SCP-XXXX-JPを夢界への緊急避難手段として利用するナラカ計画が立案されました。ナラカ計画の内容が確定し、O5評議会員の過半数による賛成を得られ次第、SCP-XXXX-JPはThaumielクラスオブジェクトに分類される予定です。

補遺XXXX-JP.2: SCP-XXXX-JP生成実験ログ

Dream-In-Dream.png

図3 D-36411が水彩画によって表現した夢の内容。

2014/05/29、SCP-XXXX-JP-αによって経験可能な夢の回数、及びSCP-XXXX-JP-βによって復帰可能な夢の回数を調べるべく、以下の手順でのSCP-XXXX-JP生成実験が実施されました。

  1. 3名のDクラス職員を被験者として用意し、SCP-XXXX-JPの内容を各々に伝え、生成可能な状態になるよう訓練させる。
  2. 3名とも正確にSCP-XXXX-JPを生成できるようになった段階で、サイト-81██の併設病棟にて「限界までSCP-XXXX-JP-αを生成して昏睡し続け、限界だと思ったらSCP-XXXX-JP-βを生成し続けて覚醒する」ように指示する。
  3. 被験者が昏睡したら、併設病棟の生命維持設備を被験者全員に使用する。

以下は、2014/09/01現在における当該実験の結果です。

被験者 証言による夢の回数 実験後
D-34907(男性) 約1500回 35日後に覚醒し、「終わらないこと」への激しい恐怖を訴えるようになった。クラスB記憶処理により治療された為、異常な精神影響によるものではないと思われる。
D-36411(女性) 約3000~4000回 78日後に覚醒し、「近づいている気がした」「天空の向こうへワープしていた」等と証言した。詳細はインタビューログXXX-JP.1を参照。
D-37707(男性) N/A 本稿執筆時点では覚醒していない 補遺XXXX-JP.3を参照。

インタビューログXXXX-JP.1


対象: D-36411

インタビュアー: 内海研究員


<録音開始>

内海研究員: ……それで、「天空の向こう」とはどういった意味なのでしょうか。

D-36411: わかりません。ただ、繰り返し繰り返し眠り続け、夢、夢の夢、夢の夢の夢と降り続ける中で——本当になんとなくではありますが——終わらない絶望に希望が見えてきたように感じたんです。34907はあの光を感じられなかったみたいですが、私には見えました。上が。

内海研究員: 上、ですか。

D-36411: はい。[インタビュー室の天井を指して]あそこ。

内海研究員: [D-36411の指した場所を向いて]……そこに、「天空の向こう」があると?

D-36411: はい。私は、むしろ海中深くにいましたが。

<録音終了>


終了報告書: D-36411にはクラスB記憶処理を施した。以降、「天空の向こう」等の発言は確認されていない。

補遺XXXX-JP.3: インシデントXXXX-JP

Bosatsu.png

図4 インシデントXXXX-JP当時の写真。画像中央の白点が人型実体であり、周辺空間は現実改変の影響からか発光している。

2016/04/12、サイト-81██上空に人型実体が出現しました(インシデントXXXX-JP)。当該実体はサイト-81██の現実改変を開始し、出現から30分でサイト-81██の全人員の脳を改変、阿弥陀仏への帰依を中心とする未知の信仰を植え付けて支配下に置きました。その1時間後、財団の対空砲による3発の砲撃を受け、当該実体は消失しました。この時、当該実体は砲撃をかわす/自身を防御する様子を見せませんでした。被害を受けた施設は修復されましたが、被害を受けた職員の信仰を除去するための、記憶処理等の試みはいずれも成功しませんでした。

2018/10/24、SCP-XXXX-JP生成実験の被験者であるD-37707が覚醒しました。その後実施されたインタビューにおいて、D-37707はインシデントXXXX-JPの内容に言及しました。以下はその内容です。

インタビューログXXXX-JP.2


対象: D-37707

インタビュアー: 敷波博士


<録音開始>

敷波博士: ……ええと、その、もう一度聞かせてほしい。

D-37707: はい。何度でもお答え致します。

敷波博士: あー、まず、D-37707。君は、SCP-XXXX-JP-αを何回生成した?

D-37707: 申し訳ございませんが、まだまだ修行中の身である私には、夢を数えきることはできませんでした。

敷波博士: つまり、数えきれないほど……ということだったな?

D-37707: はい、その通りにございます。

敷波博士: うむ。……それで、次は「眠っている間何か特殊な出来事を経験しなかったか?」という質問だった筈だ。

D-37707: ええ、そして、私は極楽浄土と阿弥陀如来、及び私の降臨についてお話ししました。

敷波博士: そう、その「降臨」だ、私が混乱しているのは。君は、どこか財団の施設の上空に現れたと言ったな?

D-37707: はい。私は、皆様が見た「菩薩」でございました。サイト-81██の雲の上から降りて、現世(うつしよ)を動かし、衆生を教化(きょうけ)して回りました。そして、皆様の放ったマントラの砲弾を受けて浄土へ戻り、来仰の印相を結んでこちらにお戻りした次第でございます。

敷波博士: つまり……君があの現実改変実体だったと?

D-37707: その通り。私こそ十信の、名も無き菩薩にございます。移ろうこと無き浄土にて、阿弥陀如来の託宣がままに動く者。

敷波博士: ……わかった。一先ず、今回のインタビューはこれで切り上げることとする。

<録音終了>


終了報告書: この後2回のインタビューが行われたが、有力な情報は得られなかった。D-37707への終了措置は問題なく行われた。

この事案を受けてSCP-XXXX-JPの特別収容プロトコルは改定され、オブジェクトクラスはEuclidからKeterに、脅威レベルは青から赤に再分類されました。

インシデントXXXX-JPの結果は、SCP-XXXX-JP-αを生成した人物が致命的な現実改変能力者となる可能性を示唆しています。これを受け、SCP-XXXX-JP-αの生成実験は無期限に禁止されました。現在、長期間に渡りミルグラム従順性試験で90%以上のポイントを維持している職員にSCP-XXXX-JP-αを繰り返し生成させ、インシデントXXXX-JPを再現する実験が敷波博士によって複数回申請されています。しかし、日本支部理事会は一度もこれを承認していません。


画像1 - SCP-XXXX-JP-αに似た印相
作者: Rama
ライセンス: CC BY-SA 2.0 fr


画像2 - SCP-XXXX-JP-βに似た印相
作者: Sandunruki
ライセンス: CC BY-SA 3.0


画像3 - Dクラスの水彩画
作者: @sayoneko2525
ライセンス: CC BY-SA 3.0


画像4 - 人型実体
作者: The National Archives UK
ライセンス: 無制限

mikaduki003_catさんの「まどろみの底へ」を元に改稿/執筆した作品です。