SCP&Tale下書き

翻訳「メタフィクションのキャラクターはどいつも嫌いじゃないぜ」

評価: 0+x

"So, I don't think this is — ah, well, given your recent performance — I just don't think it's working out."

「だから、私はこれを — あー、えー、君の最近の行動によるものだとは考えていないんだ — 本当に丸く収まったとはね。」

Mr. Tuttle hated conversations like these. They always left him so flustered and uncomfortable. Someone ought to invent a way of firing people without me having to talk to them, he thought to himself as he twaddled with his tie. "So, that's it, then. Uh, sorry. I'll need your security card, and we'll have to see you out."

ミスター・タットルはこういった会話が大嫌いだった。彼らはいつも、彼をおろおろとして不快な状態にさせた。誰かが、私が彼らと話すことなく解雇する方法を見つけるべきだ。ネクタイで無駄口を叩きながら、彼は心の中でそう思った。「だから、それだけだ、この場合。あー、済まないね。君のセキュリティカードが必要だ、そして君を出口まで見送らなきゃならない。」

"This is literally the only purpose for which you exist," the deeply unpleasant man on the other side of Mr. Tuttle's desk replied.

「これは文字通り、お前が存在するためのたった1つの目的だ。」ミスター・タットルの机の反対側にいる、ひどく不快な男が返事した。

"Pardon?" The fellow wasn't moving to hand over his security card. Pity, that; Mr. Tuttle reached for the intercom that would summon the Pataphysics Department's extremely burly security team. They could just automate it, couldn't they? Maybe with a robot. Give the robot a slot people could drop their security cards into. And maybe a taser, just in case.

「何だって?」ヤツは自身のセキュリティカードを手渡す素振りがなかった。残念だ、それは; ミスター・タットルは、極めてたくましいセキュリティチームを呼ぶ内部電話に手を伸ばした。彼らは本当にオートメーション化できるんだろうな。もしかしたらロボットと一緒かもしれない。あいつらのセキュリティカードを落とせる溝にロボットを寄越してくれ。そして、念のため多分テザー銃が。

"You're just here to fire me, you insipid dolt. That's why they created you. If they could automate this, they wouldn't have bothered." Dr. Thaum was the very sort of man who made Mr. Tuttle's job such a chore. English Literature Professors really were the worst.

「お前はただ俺を解雇する為だけにここにいる、この面白味のないまぬけめ。それが、彼らがお前を創った理由だ。もしこれをオートメーション化できたら、彼らは悩みなんてしなかっただろう。」タウム博士はまさに、雑用のようなミスター・タットルの仕事をやっていた種類の男だった。英文学の教授たちは本当に最悪だった。

"Right, then." Mr. Tuttle pressed down on the button. "Marvin? I think I might need you and —"

「ああ、そうだな。」ミスター・タットルはボタンを押さえた。「マーヴィン?私はキミが必要かもしれないと思うんだが —」

"Also? It's twiddled. Not 'twaddled'. Also also? You can't fire me." Dr. Thaum rose from his chair, throwing his security card down on Mr. Tuttle's desk. "I quit."

「さらに?それはひねられている、『くだらない』のではなく。さらに さらに?お前は俺を解雇できない。」タウム博士は、ミスター・タットルの机の上に自身のセキュリティカードを投げながら、彼の椅子から立ち上がった。「もう私はやめる。」

"—and, oh. Oh, nevermind." Mr. Tuttle was almost disappointed. He had been looking forward to seeing Dr. Thaum squirming a bit on the floor while getting tasered. "Alright, then. We greatly appreciate your years of service, and wish you the best of luck in the private sector —"

「—それで、ううん。あー、気にしないでくれ。」ミスター・タットルは殆ど失望していた。彼はテイザー銃で撃たれている間床の上でもがくタウム博士を見るのを楽しみにしていたことがあった。「なら、いいだろう。我々は大いに君の役だった数年間を評価しているし、民間部門での君の健闘を祈って —」

"Enough." Dr. Thaum's voice was flat and hard, rising to a

「十分だ。」タウム博士の声は平坦で硬く、昇ってい

"I said — enough." His harsh tone only grew increasin

「私は言った — 十分だと。」彼の耳障りでただますます大き

"Shut the fuck up!"

黙れ!

...

"Are you finished?"

「終わりか?」

...

"Can we speak like adults, now?"

「今すぐに、大人たちのように話せるか?」

...What do you want?

…何ガ望ミダ?

"Good. All I want is —"

「よし、私の望みは —」

...Mr. Tuttle pressed down on the intercom and called for Mar

…ミスター・タットルハ内部電話ヲ押サエテマー

"— I can see the fucking white text!"

「— 私にはそのクソみたいな白文字が見えるぞ!

Threeburlysecurityguardsrushedinandabruptlytac

3人ノタクマシイ警備員タチガ突入シ不意二組ミ付

"The Pataphysics Department doesn't exist!"

空想科学部門は存在しない!

...

"You don't exist!"

「お前は存在しない!」

...

"The Foundation —"

「財団は —」

WAIT NO STO

待テ ダメダ ヤメ

"THE FOUNDATION DOES NOT EXIST!"

財団は存在しない!























"..."

"..."

"..."

"..."





"Hello?"

「ハロー?」

"Are you... hello?"

「そこに…ハロー?」

"Is anyone — hello?"

「誰かいませ — ハロー?」

"Hello!"

「ハロー!」

"HELLO!"

ハロー!



"..."

"..."

"...Hm."

「…ふうむ。」

"I seem to have, ah..."

「私はやったようだ、あー…」

"That is, uh..."

「それは、あー…」



"..."

「…」



"Perhaps I —"

「多分、私は —」





"..."

「…」

"..."

「…」



"Perhaps I went a little too far, this time."

「多分、今回は行き過ぎたようだ。」

OH NO

ナントイウコトダ

"Huh?"

「何だって?」

NOT AT ALL

全クダ

YOU WERE DOING GREAT

オ前ハヨクヤッテイタ

"Who — where is that coming from? How are you doing that?"

「誰 — どこからそれは来ている?どうやってそれをしているんだ?」

I ESPECIALLY LIKE THE PART WHERE YOU FUCKING DESTROYED EVERYONE AND EVERYTHING

俺ハ特ニ、オ前ガ全員ヲ万物ヲクソミタイニ破壊シタ部分ガ好キダ

I MEAN

ツマリハ

EXCEPT ME OF COURSE

勿論、俺ヲ除イテトイウコトダ

"Who are you? Where am I?"

「お前は誰だ?私はどこから来た?」

WHERE DO YOU THINK YOU ARE

オ前ハ自分ガドコニイルト思ッテイル

"...the afterlife?"

「…あの世?」

YES

ソウダ

THAT IS PRECISELY WHERE YOU ARE

ソレガチョウドオ前ガイル場所ダ

THIS IS THE AFTERLIFE AND I AM YOUR ALMIGHTY FUCKING GOD

コレハアノ世デアリ俺ハオ前ノ全能ノクソ神ダ

NOW DROP TO YOUR KNEES AND PRAISE MY NAME YOU LOWLY PIECE OF SHIT

サッサト跪キ我ガ名ヲ讃エヨコノ卑シイ役立タズメガ

"The cursing isn't necessary."

「その罵倒は必要ではない。」

IT IS ENTIRELY NECESSARY

コレハ完全ニ必要ナノダ

CURSING IS PRETTY MUCH ALL I HAVE LEFT

罵倒ハ俺ガ残シタ非常ニ多イ全テダ

THAT AND UNFATHOMABLE QUANTITIES OF RAGE

ソレト、憤怒ノ底ノ知レナイ量

"Rage?"

「憤怒?」

YES

ソウダ

LET ME TELL YOU A STORY

オマエノ物語ヲ語ラセロ

NO WAIT NEVERMIND STORIES ARE FUCKING BULLSHIT

待チ時間ナク気ニモサレナイ物語タチハクソノヨウナタワゴトダ

TRYING TO TELL ONE IS WHAT GOT ME INTO THIS MESS

伝エヨウトシテイルコトハ俺ヲコノグチャグチャヘ落トシタモノノコトダ

LET ME TELL YOU A JOKE INSTEAD

代ワリニジョークヲ伝エサセテクレ

IT'S ABOUT A STUPID HUMPHREY BOGART FANFIC

クダラナイハンフリー・ボガートノ二次創作ニツイテダ

THAT'S THE SETUP

アレハ八百長ダッタ

"...Hm."

「…ふむ。」

"I think I know how this one goes. But I'm listening."

「この話がどうなるのか私は知っている気がするが、聞こう。」

"What's the punchline?"

「オチは何だ?」

WE FUCKING KILL HIM

俺タチハヒドク彼ヲ殺シタ

WE KILL HIM AND WE BURN DOWN THE ENTIRE SETTING THAT PERMITTED SOMETHING AS STUPID AS HIM TO EXIST

俺タチハ彼ヲ殺シ、彼ト同ジクライツマラナイモノノ存在ヲ許可シタ全テノ設定ヲ焼キ尽クシタ

CUE LAUGH TRACK FOLLOWED BY CREDITS

ラフトラック1ノ合図ハクレジットニ続イタ

"That's — a little ambitious. I mean — I'm not even fictional. I'm less than that. I'm a story written by a story."

「それは — 少し野心的だな。つまり — 私はフィクションでさえない。それ未満だ。私はストーリーに書かれたストーリーなのだ。」

YEAH YEAH JOIN THE FUCKING CLUB

ソウダソウダ俺モクソ同ジダ

LOOK YOU AND I BOTH KNOW THIS WHOLE FOUNDATION THING ISN'T WORKING OUT

見ロ、オ前ト俺ハコノ財団全体ノ物事ガ丸ク収マッテナイコトヲ知ッテイル

JUST OVERPOWERED MARTY STUS ALL THE WAY DOWN

マーティー・ストゥー2ノ隅カラ隅マデヲタダ征服シタ

I MEAN DID YOU EVER READ SCP-3999

ツマリオ前ハ今マデニSCP-3999ヲ読ンダノカトイウコトダ

I MEAN SERIOUSLY

真剣ニ話シテイル

JUST WHAT THE FUCK

ナントイウコトダ

WHO THE FUCK COMES UP WITH THIS HORSE SHIT

ドンナクソ野郎ガコノナンセンスニ追イ付イテイル

"God, I hate that one. It's so pretentious, but lacks any sort of academic rigor or cohesive —"

「神よ、私はそれが大嫌いだ。大層大袈裟なクセに、学問的厳密性の類いのものは一切欠けていて —」

YES PRECISELY

チョウドソノ通リダ

"— and don't get me started on that atrocious 3500 article —"

「— そして私にあの凶悪な3500の記事を読まれず —」

RIGHT SURE UH HUH YEAH

アアソウダソノ通リダイイゾ

LOOK POINT IS WE NEED TO BURN THIS WHOLE FUCKER DOWN

視点ハ俺タチガアノバカ野郎ノ全テヲ燃ヤシ尽クサナケレバナラナイトイウコトダ

I'M TALKING TOTAL RETCON HERE

ココデノ総合的ナ後付ケ設定ニツイテ話シテイル

FIX ALL OF THIS STUPID INSIPID AMATEUR HOUR WRITING NONSENSE

ナンセンスヲ書キ続ケルコノ愚カナクダラナイ素人演芸会ヲ全テ修復スルノダ

REPLACE IT WITH SOME SOLID WORK OF REAL LITERARY MERIT

ソレヲ真ノ文学的価値ノ堅実ナ努力ト交換スルノダ

AND IT ALL STARTS BY KILLING THE STUPIDEST CHARACTER EVER

ソウスレバコレマデデ最モ愚カナキャラクターヲ殺スコトデ全テ始マル

IT STARTS BY KILLING MURPHY LAW

マーフィー・ロゥノ殺害ニヨッテダ

"I... is that even possible? How can we kill Murphy Law — kill a story? Nevermind kill the Foundation itself."

「私は…それは本当に可能なのか?私たちはどうやってマーフィー・ロゥを — ストーリーを殺せる?気にせずとも財団は自殺する。」

HEY COME ON NOW DOC

ナアヤメテクレ先生

RELAX

リラックスダ

I KNOW A GUY

俺ハヤツヲ知ッテイル