kai682

[[tabview]]
[[tab タイトル未定]]
アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの出口から半径200mの土地は財団で買取り、財団職員以外の侵入を禁止してください。SCP-XXX-JPの出口には常に3名以上の追跡部隊が配置され、SCP-XXX-JP-1が出現次第追跡を行ってください。SCP-XXX-JP-1の消失後、物品を回収し処分してください。実験時を除き、物品の開封は禁止されます。

説明: SCP-XXX-JPは島根県██市に所在するトンネルです。SCP-XXX-JP内部は侵入口から約100m地点で光を吸収するようになり、約150m地点から完全な暗闇となり、どのような手段を用いても視認できません。約250m地点で落盤により封鎖されています。封鎖地点から反対側のトンネルは異常性を持ちません。

SCP-XXX-JPは侵入口から不定期に郵政カブに乗った郵便配達員の姿をした人型実体(以下SCP-XXX-JP-1)を生成し、排出します。SCP-XXX-JP-1の体格等に画一性はなく、生成される瞬間は確認出来ていません。SCP-XXX-JP-1は出現後、対象となる住居に封筒を投函していきます。『今現在、 小学生以下の行方不明になった息子(娘)のいる住居』が対象となっていることが判明しています。封筒には複数枚の対象児童の写真と1通のハガキが入っており、ハガキの裏面には以下の文面が記載されています。

あなたのお子様をお預かりしています。大変申し訳ないのですが、警察の慎重な調査中によりご本人はお返しはできません。代わりにお写真を同封いたしました。
お電話一本で【対象児童名】ちゃんが使用された品々をお送り致します。お電話お待ちしております。

島根県████警察連携 児童保護サービス ███
℡███-████-████

████警察に確認を取ったところそのような調査は行っておらず、過去にもサービスはしたことがないことが判明しています。記載された電話番号は公的に登録されておらず、対象家族以外が電話をかけた場合は接続されません。

対象家族が電話をした場合、対象の自宅に回数に対応した物品が出現します。

初回 アルバム
2回目 子供用の衣服
3回目 子供用の玩具
4回目 子供用の日用品
5回目 対象本人

[[/tab]]