kai682

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 全てのSCP-XXX-JPはサイト-81██の低脅威物品保管ロッカーに収容されています。実験には成人サイズのSCP-XXX-JPをDクラス職員に着用させることで行ってください。実験によって新たに出現したSCP-XXX-JP-Aは全て1つのSCP-XXX-JPにつき70体以下になるようにDクラス職員として雇用し、超過する場合は通常の手順で終了します。

小学校等を中心とした集団行動の多い現場に派遣されている潜入エージェントにはSCP-XXX-JPについての知識を持たせ、未収容のSCP-XXX-JPの使用が発見された場合は回収後、着用者の友好関係を調査した後に記憶処理を施して解放してください。

説明: SCP-XXX-JPは異常性のあるトップス██点です。これまでにボトムスやアクセサリーの形式を取ったSCP-XXX-JPは見つかっておらず、裏地のタグに犬に見える未知のマークが描かれていることが共通しています。このマークが過去商標に使われていた記録はありません。

SCP-XXX-JPを着用した者(以下着用者)がいる集団を数で割るように班分けをする際、必ず着用者のいる班の班員が不足するように組まれます。その後、不足分を埋めるように着用者の周囲に人型実体(SCP-XXX-JP-A)が地面から生えるように出現し、着用者の班に入り予定されていた活動を開始します。SCP-XXX-JP-Aは集団の中から着用者およびSCP-XXX-JP-Aを除いた人物から無作為に選ばれた人物と同様の外見をしています。SCP-XXX-JPに関する知識を持たない人物はSCP-XXX-JP-Aの出現や人数の増加に違和感を持つことがなく、録画した映像を見ることで初めて認知することができます。

活動が終了もしくは中止された時、SCP-XXX-JP-Aの元となった人物が消失し、以降はSCP-XXX-JP-Aが代わりに生活するようになります。SCP-XXX-JP-Aの記憶や遺伝子は元となった人物と同一であることが判明しており、SCP-XXX-JP-Aの生活や挙動に目だった変化は見られないため違和感を覚えることはありません。元となった人物との差異はSCP-XXX-JP-Aは出現時に着用していたトップスがSCP-XXX-JPになっておりSCP-XXX-JPを着用しても異常性が発生しないこと、そして着用者と他のSCP-XXX-JP-Aの存在を認めると会話など一般的なコミュニケーションで積極的に接触を試みることが異なります。このコミュニケ―ションにミーム的作用は確認されていませんが最短で3時間、最長でも7日間の間に良好な関係を築くことが確認されています。

SCP-XXX-JPは20██年█月██日、エージェント・██の自宅で発見されました。エージェント・██には小学校に通う娘(沙耶氏)がおり、沙耶氏が参加した運動会の映像を見ていた際にSCP-XXX-JP-Aが出現していることに気が付きました。沙耶氏はSCP-XXX-JPの特異性を認知しており、班活動をすることが決定している授業や行事には積極的に着用していたことがわかっています。沙耶氏は「学校のお祭りで、おじさんが洋服におまじないの絵を描いてくれた」と供述していますが、学校の関係者はその人物を否定しています。沙耶氏の記憶を頼りに「おまじない」を行いましたがSCP-XXX-JPの再現には至りませんでした。沙耶氏にはAクラス記憶処理を施しSCP-XXX-JPを回収、同じ外見の女児服と差し替えました。「お店のおじさん」と称される人物は現在調査中です。

補遺: 沙耶氏が使用したSCP-XXX-JPで出現したSCP-XXX-JP-Aは収容時点で最低でも7█体存在することが判明していますが、着用者と良好な関係を築くことを除けば元々の人物と同一であり、特筆すべき異常性を持たないことからSCP-XXX-JP-Aは現在継続的な監視を続けています事件記録を参照してください。