Kabosuinuの犬小屋
rating: 0+x
26639.jpg

SCP-XXX-JPの入口付近

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの異常性が再び発生した場合に備え、SCP-XXX-JP付近には携帯型記憶補強剤を所持させた機動部隊ぬ-6("大人")を駐在させてください。

説明: SCP-XXX-JPは東京都██区に存在する5階建てのビルです。屋上以外に異常な点は存在せず、

SCP-XXX-JPの異常性はSCP-XXX-JPの屋上に侵入した時点で発生します。対象は東京23区に酷似した空間(SCP-XXX-JP-A)の中の不確定な場所に転移します。SCP-XXX-JP-A内部では侵入した時点での基底世界の状況が反映されていますが、侵入した人物、後述のSCP-XXX-JP-B、SCP-XXX-JP-Cを除いて物体と生物の運動が停止しています。しかし、体温は常に一定であり、死斑の発生や腐敗といった現象は見られないため、生存していると考えられています。また内部ではSCP-XXX-JP-Bが存在します。

SCP-XXX-JP-Bはシャボン玉に酷似した物体です。直径2mであり、人体が触れる以外の方法で破壊することは出来ません。SCP-XXX-JP-Bは1日の周期で嵌合体の生物(SCP-XXX-JP-C)を内部から発生させます。SCP-XXX-JP-CはSCP-XXX-JP-Bごとに発生する種類は異なっていますが共通した特徴として、
・脊椎動物の分類が違う種が2種類以上混合している
・3種類以上の場合には無脊椎動物の特徴を一つは併せ持っている
・SCP-XXX-JP-C以外の生物に対して非常に敵対的である
・一度に20体ほど発生する
・SCP-XXX-JP-A内部で人物に与えた損傷が基底世界で反映される
事が挙げられます。また、SCP-XXX-JP-Bは再生能力が高く肉体が半固形状の物体のため、破壊した状態でも再生するので爆発物以外に効果的な武器は見つかっていません。

発見経緯: SCP-XXX-JPの報告書は20██/0█/██に突如データベース上にSCP-XXX-JP報告書として発生しました。該当ナンバーは以前から報告書のアップロードが行えないことが問題とされていました。その後、報告書に記載されている