時絡もがなの砂箱

Finally it works

… in iPhone!

UPDATE 1.08: 2018/11/21
UPDATE 1.07: 2018/11/03
UPDATE 1.06: 2018/10/30
UPDATE 1.05: 2018/9/29
UPDATE 1.04: 2018/9/16
UPDATE 1.03: 2018/9/06
UPDATE 1.02: 2018/9/05
UPDATE 1.01: 2018/8/25


STANDALONE BUTTONS

Hmm… you're editing this page, aren't you. I can't show you this function due to prevent accidents.This super awesome function is created by Boyu12Boyu12!
Edit Page Source
History Files
rating: 0+x


[

タイトル: 道を紡ぐ廃忘

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPが出現する地上にある建造物は民間人の侵入を防ぐため周囲を2m以上の柵で囲い、カバーストーリー「解体工事予定」を適用してください。調査のためSCP-XXX-JP-A内に侵入する人間は、直前にミニメンタルステート検査およびウェクスラー記憶検査を行い、認知機能や記憶力に異常がないか確認してください。内部調査を行う場合、懐中電灯、作成済みの地図と筆記具を装備し、自身の通行した順路を記載してください。また、SCP-XXX-JP-A内に存在する街灯のスイッチを押す行為は一人につき4回までに制限されます。帰還した人間はメンタルケアを行ったのち、可能であればミラー・エッシャーマン記憶相同性検査により記憶の検査を行います。

説明: SCP-XXX-JPは各地の廃建造物内に存在する金属製の扉です。SCP-XXX-JPには破損したガラスの覗き窓が配置されていますが、内部は暗く視認することはできません。これまでSCP-XXX-JP-Aは██箇所で発見されており、その発見場所は廃校となった建物の廊下、廃コンテナ内、老朽化した美術館の踊り場、団地地下に設置された小部屋などです。SCP-XXX-JPは別空間(以降SCP-XXX-JP-Aと呼称)へと接続されており、SCP-XXX-JPは侵入者が帰還するまでの間消失します。SCP-XXX-JPから侵入者が帰還しなかった場合、出現場所にSCP-XXX-JPが観測されることはありません。

SCP-XXX-JP-Aは絶えず落葉し続けるケヤキ(Zelkova serrata)やイロハモミジ(Acer palmatum)で構成された並木道で、地面には枯葉が堆積しています。空間内は常に夜間となっており街灯下以外では0.01ルクス以下の照度となっています。また内部では録音、録画装置や通信設備、計器は一切機能しないため、現在SCP-XXX-JP-A内部の情報は帰還者の証言によってのみ得られています。

SCP-XXX-JP-A内には複数の街灯が確認されており、街灯には「ここはXX街XX丁目XX番地」と書かれた金属製プラカードが取り付けられています。2019年8月現在街灯は36個発見されており、うち3つは電球部分が破損しています。また側面にスイッチがついており、押すことで街灯をつけることができますが、消すことは不可能です。スイッチを押した人間は記憶の喪失が発生し、極めて強い喪失感を訴えます。身体検査の結果海馬内の脳神経細胞の減少が認められ、スイッチを複数回押すことで記憶障害の重度化やアルツハイマー型認知症の進行がみられます。SCP-XXX-JP-Aから帰還しなかった侵入者はこの異常性により帰還方法を忘却したことが原因とみられています。また街灯をつけることで周囲に何らかの物体が発生することがあります。以下はそのリストです。

街灯のプラカード 発見された物体または現象
葬諦街4丁目80番地 節分用の鬼のお面で構成された柱。
警訂街10丁目33番地 角ばったウサギ(Leporinae)のような生物。
瞑夜街10丁目91番地 1本のモクセイ(Osmanthus)の木が立つ広場。
怪奇街99丁目99番街 何かがあったが忘却した。
追憶街4丁目6番地 人型実体を伴うおでんの屋台。詳細は補遺XXX-JP.1を参照。
謳醒街7丁目6番地 白衣を着た人骨。詳細は補遺XXX-JP.2を参照。

補遺XXX-JP.1: インタビュー
「追憶街4丁目6番地」と書かれた街灯の付近で木製の屋台が発見されました。屋台では”女将”と自称するコーカソイド系女性が営業を行っており、おでんおよび日本酒の提供が確認されています。おでんの具材は大根やこんにゃく、鶏卵など一般的な食材ですが、日本酒は「月楸」「屋烏之愛」「沈下橋」「とわの雪」など存在しない銘柄が並んでいます。以下は”女将”に対する小泉研究助手のインタビューを筆写した記録です。

小泉助手: それではインタビューを始めます。

女将: はい。インタビューなんていつ以来ですかね。

小泉助手: ではまず名前を教えてください。

女将: 名前かぁ。覚えてないんですよね。

小泉助手: 覚えてない?

女将: そうなんですよ。私が誰なのか何にも思い出せないんですよね……。それとも元から名前なんて無かったのかも。

小泉助手: ではここで何をなさっているんですか?

女将: ここでおでんを売っていますよ。いかがですか?

小泉助手: すみません、今は仕事中なので……やめておきます。どうしてここでおでんを?

女将: それも覚えてないんです。気づいたらこの道でおでんを売っていました。

小泉助手: 気づいたら、ですか。それじゃあその前のことは。

女将: ……はい。記憶にないです。

小泉助手: では質問を変えます。この空間について何かご存知ですか?

女将: そうですね。私には道に見えます。

小泉助手: 道、ですか。

女将: えぇ。色んな人が電球をつけてくれたおかげで、いっぱい新しい道ができる。最初は細い小路でもそこから伸びて、枝分かれして、また繋がっていって……。そうして街を作っていってるんです、きっと。

小泉助手: 面白い話ですね。でも元から1つの真っ暗な街というわけではないのです?

女将: ちがうんです。照らされて見えるようになったんではなく、あなたたちが作ったものが現れたんです。道も、壁も、そして私も。

小泉助手: それは誰かから聞いたのですか?

女将: いえ、でも感じることができるんです。

小泉助手: でも私たちはスイッチを押しただけです。なにもしてはいません。

女将: 記憶を失くしたんじゃありません?

小泉助手: 確かにみな何かを忘れたと強く主張しています。

女将: たぶんその人たちは忘れたんじゃないですよ。

小泉助手: どういうことですか?

女将: 忘れたなら思い出せばいいんです。記憶が頭の中でかくれんぼしているだけ。でも失ってしまったなら、それはもうあなたの中から無くなってしまっていると思うの。

小泉助手: ……だからみなあんなに記憶を失ったことに動揺していたのです?

女将: たぶん、ですけどね。

小泉助手: それで失った記憶から道が作られたというわけですか。

女将: そうです。記憶から何かをカタチに表現して外に出す。そういうことだと思います。出てしまった記憶はもうその人だけのものじゃないでしょう?いろんな人に解釈されたり、そこから新しい物語が付け加えられたり。だからホントはそれで苦しむ必要はないんですよ。

小泉助手: それにしても不思議ですね。自分のことは何も覚えてないのにこの道のことはよくわかる。……あなたはいったい何者なんですか?

女将: わからないんです。……そうだ、昔”女将”と呼ばれたことがあった、気がしますけど。

小泉助手: そうですか……では、そろそろおいとまします。ありがとうございました。

女将: はい。ああそうだ、今度来たらおでん食べてくださいね。お願いです。

小泉助手: わかりました。約束します。

補遺XXX-JP.2: 発見文書
「謳醒街7丁目6番地」と書かれた街灯を点灯した際、落ち葉に埋もれた白骨死体が発見されました。白骨死体は白衣と女性用下着をまとっており、白衣のポケットからは3枚のメモと鉛筆が発見されていました。以下は帰還者がメモを筆写したものです。

とうとうたどり着いた。
あの人にもう一度会うために。
あの人の存在がだんだん消えていく。
もう名前も思い出せない。
それでもあの最後の約束だけはまだ残っている。
進もう。幾度、夜を見ようとも。
きっとこの道のどこかにいるはず。

街灯が照らされた。
心の中に大きな穴が開いたように思える。
寒い。とても寒い。
何が無くなったかもわからない、ただ穴の存在から忘れたとわかる。
もし全てを忘れたら、全てが穴になったら。
何もかも感じることはなく無になるのだろう。
ああ、もう帰り道はない。

ようやく明かりが見つかった。
ここに来てからどの位経っただろう。
私の名前は小泉絹。
1993年3月24日生まれ。
長崎県出身。
2019年7月31日、サイト-8189からここに入った。
忘れていない。覚えている。
大丈夫。たとえ私が空っぽになったって、
また別の道が紡がれるだけ。

サイト-8189は現在も稼働しているサイトであり、SCP-XXX-JPの出現報告例はありません。小泉研究助手はSCP-XXX-JPの研究に関与して以降サイト-8189に訪れたことはなく、2019年7月31日前後の動向にも不審点はありません。また、メモについても心当たりがないことを証言しています。

補遺XXX-JP.3: 考察
SCP-XXX-JP-A内部の物品の採取を目的として複数回探索が行われましたが、物品の回収は全て失敗に終わっています。また、SCP-XXX-JP-A内部で多量に存在しているとされているケヤキやイロハモミジの葉が、衣服および靴に付着していることも確認されていません。物品を回収しなかった理由については探索者からは不明瞭な回答しか得られていません。

また、SCP-XXX-JPからの帰還者に、SCP-XXX-JPに関与しない記憶の齟齬が発生していることが複数例報告されています。その多くは対象が知り得ないエピソードを記憶として有するものでした。この症例と補遺XXX-JP.2からSCP-XXX-JP内部の実在性が疑われています。現在街灯の点灯による広範囲の内部探索は保留され、SCP-XXX-JP周辺の現実強度の変化や探索者の心的作用、体感時間と実経過時間の比較など多方面に渉る調査が予定されています。

補遺XXX-JP.4: インタビュー
小泉研究助手は2度目の探索時1、「追憶街10丁目9番地」と書かれた街灯を点灯しました。その際再び屋台が発見されました。屋台の様子は以前と差異ありません。以下は”女将”に対する小泉研究助手のインタビューを筆写した記録です。

(重要性の低い会話のため割愛)

小泉助手: おでんありがとうございました。美味しかったです。

女将: こちらこそありがとうございます。それで今日は何かインタビューはありますか?

小泉助手: はい。……率直に聞きます。この世界とあなたは実在しているんですか?

女将: ……難しい質問ですね。あなたはどう思います?

小泉助手: 私は……この道を実際に見ていますから、存在するとは思っています。でもこの絶えず落ち葉が降り積もる風景。幻想的で現実味がないようにも感じちゃいます。

女将: 確かに雪のように降ってますものね。

小泉助手: そして元の世界に戻ってもここにいた証は記憶しかない。何も残ってないんです。現実なのか、夢を見ていただけなんじゃないか、っていう人もいて。今私はホントにあなたと話しているんですか?この美味しかったおでんも幻想ではないんですか?すべては私の想像の中……?

女将: ここが実在するか、現実に残るかは私にはわかりません。でも自分の思いを信じるしかないと思います。

小泉助手: ……あなたは。

女将: はい?

小泉助手: あなたはどう思うんですか?自分は存在できると思ってますか?

女将: 私にだって……私にだってわからないんです。私は自分のことは何もわかりません。気づいたら、ここにいて、屋台をやっていて。私が持っている数少ない記憶も、ただ何かの役目のために植え付けられたみたいで。

小泉助手: 役目ですか。

女将: 前におでんを食べるお願いをしましたよね?それで実際あなたにまた会えておでんを食べていただけました。でもこれは私がおでんを食べてほしいと思ってした行動なんでしょうか?ただ何者かにあなたと再びお話させるためにやらされたような……。そもそもなんで屋台やおでんなのか、今私がしていることの目的がわからないんです。

小泉助手: 私だってどうして今の研究をしているのか、目的は何なのかなんて簡単には言えないですよ。でもそれは各自で少しずつ見つけていくものだと思います。

女将: あなたにはこれまでの経歴や出自、役職、設定などがあるじゃないですか。それに評価してくれる人だっている。私には何もないんです。覚えてないんです。いったいどうしてここにいるのか、どうやってここに来たのか、名前は何なのか、わからない、何も……。私が忘れてしまっているのか、それとも最初から空っぽで何もなかったのか。それすらもわからないんです……。

小泉助手: すみません、変なことを聞いてしまいました。忘れてください。

女将: いや、もう忘れるのも忘れられるのも嫌なんです。私はここにいるだけで、考えることも、進むことも、死ぬこともできない。

小泉助手: ……。

女将: あっすみません、少し熱くなっちゃいましたね。えぇと、先ほどの質問。私が夢の存在じゃないかでしたっけ。この私が夢なら醒めた現実の私は何をしているのでしょうね。いっぱいのお客さんと楽しく過ごしているのでしょうか。それともお店はやってないで、たくさんの仲間と鬼ごっことかかくれんぼとかして遊んでいるのかもしれないですね。

小泉助手: ……女将さん、あなたは前に記憶から街が作られていくと言っていましたね。

女将: はい、それが何か?

小泉助手: この街を訪れたヒトは記憶を失うだけではなく、新しく手に入れることもあると判明しています。その記憶がどこからいつ来たのかわかっていません。でもそのまま考えるなら街を作っていた記憶がふと入ってくるんじゃないかって。

女将: ええと……つまり?

小泉助手: あなたの記憶はこの街のどこかにあるのかもしれません。それはいつかもしかしたら、あなたが手に入れるかも。

女将: それは……私の記憶が昔あったならということですよね。なんとなくですけど自分という存在はこの街で生み出されたように思ってしまって……。

小泉助手: えぇと、それなら……あなたは街の一部だということですね。そしてこの街は明かりをつけるたび、道や何かが現れて広がっていく。だったら、明かりをつければあなたの記憶も現れて街が広がるかもしれません。

女将: (微笑)もしかして私のこと元気づけようとしてくれてます?

小泉助手: えっと、いや、その。

女将: ありがとうございます。面白い考えですね。それならいつか私が存在していることも示せるのかなぁ。

小泉助手: ええ、いつかきっと。

女将: ねぇ小泉さん、またお願いしてもいい?

小泉助手: なんでしょうか。

女将: 私に何かを下さい。私に意味を、未来を、存在を下さい。私の中に道を灯す明かりを下さい。

小泉助手: ……はい。努力してみます。

小泉助手はSCP-XXX-JPからの帰還後即座に胃洗浄を要請しました。その結果、胃内からは何も回収されず、証言に一致するおでんの構成物は一切発見されませんでした。


ココマデ

空白
空白
空白

アイデア書きなぐり、執筆中

タイトル: ストーリーテラーは理不尽だ

空白
空白

 

構文テスト