SCP-XXX-JP「無限の記録媒体」
rating: 0+x

この報告書は、SCP-XXX-JPに管理されています


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP-Aは監視カメラ付きの収容室に収容して下さい。SCP-XXX-JP-Aは二重構造の防音部屋に収容します。また認識災害等を極力防ぐために、監視カメラやマイク等を設置しないようにして下さい。SCP-XXX-JP-Aからの要求があった場合、重装備の監視を付けた上でエリア内を自由に行動させて下さい。食事は必要としませんが、食品自体が情報源になります。他にもSCP-XXX-JP-Aが要望した物を、情報として提供し続けて下さい。また、定期的にDクラス職員と会話をさせます。会話はSCP-XXX-JP-Aが満足するまで続けさせて下さい。なお、この会話の様子を確認する必要はありません。会話後のDクラス職員に異常が確認され、記憶処理も効かず、隔離後症状が急激に悪化した場合は、速やかに終了してください。また、異常を確認した職員も記憶処理を受けて下さい。

説明: SCP-XXX-JP-Aは黒いスーツを着て鞄を所持しており、これらは体の一部である事が確認されました。外見は10代前半の少女です。このような姿なのは、親を質問攻めする子どもを模倣したからであると主張しています。外部は人間と同じですが、内部構造は不明です。五感があり、これで後述のSCP-XXX-JP-Bから受け取ったデータ以外にも、自身の五感で得たものも記憶します。写真や映像、鏡等で自身の姿を確認できない事にストレスを感じているため、SCP-XXX-JP-Aの姿を描いた絵を提供すると喜び、SCP-XXX-JP-Bに関する事以外は、必ず質問に答えます。但しこれは、重要な情報を聞き出したい場合の手段です。SCP-XXX-JP-Aは人類に対し友好的1である他、情報を得る度に、強い幸福感を得ます。また記憶処理が効かず、探知も出来ません。一部の情報は鞄の中身である書類に記録されますが、これに目を通すと3分後に死亡します。調査の結果、書類もSCP-XXX-JP-Aと同じ特性を持っているためカメラ等に写りませんが、書き写したものなら内容を読んでも死亡しないと判明しました。

SCP-XXX-JP-Aは、SCP-XXX-JP-Bはクラゲの様な形状をしていると主張しています。特性としてあらゆる物理的、電子的セキュリティーを無力化し、データを収集します。データの収集や共有は、有線で行われます。これらの情報はSCP-XXX-JP-Bの姉2である、SCP-XXX-JP-Aよりもたらされました。しかし一度も姿を確認出来ていないため、存在が疑問視されましたが、SCP-XXX-JP-Bがデータ収集を始めた時期と、財団のデータに不正アクセスが頻発した時期が一致したため、存在が確認されました。また、データの共有が有線でなければならないにも関わらず、2体が接触した様子を捉えられない事から、SCP-XXX-JP-Bは高度なステルス性を有していると考えられます。

SCP-XXX-JP-Aは上記の特性上、カメラ等では探知出来ず、そのため山間部の地下深くに建設された、エリア81B9の警備員に見つかるまで察知されませんでした。その後記憶処理のために連行した際、上記の特性が確認されSCP-XXX-JPに認定されました。収容後、鞄の中身を見せるように指示、中身の書類が財団にとって有益なものであったため、その場にいた5名が確認しましたが、上記の特性で全員が死亡しました。当初はDクラス職員に書き写させていましたが、犠牲が大きく情報がランダムで効率が悪いと判断されました。そこでSCP-XXX-JP-Aに直接聞きましたが、逆に情報を要求されました3。その後、SCP-XXX-JP-Aに対する尋問を実施しました。以下はそのインタビュー記録です。

SCP-XXX-JPが財団を選んだ理由としては、世界中の情報が集まり、此処にしかない情報があるためだと推測され、既に財団日本支部の情報の内、80%が吸収されています。SCP-XXX-JP-Bを収容し、可能であれば2体の持つ財団の記録を抹消する事が望ましいですが、現在収容の目途は立っていません。SCP-XXX-JP-Bを収容しない状態でSCP-XXX-JP-Aに危害を加えた場合、認識災害やミーム汚染等による大規模な収容違反も懸念されます。また、SCP-XXX-JP-Bの特性上、核攻撃も容易に行えるため、それを原因としたXK-クラスシナリオも想定されます。