砂川いずみの箱

出典: [http://www.scp-wiki.net/log-1251-01]
著者: SReganSRegan
作成日(EN): 2012/7/20
Log-1251-01
ログ-1251-01
tags: supplement
タグ: 補足

評価: 0+x

Log-1251-01

The following comprises excerpts from Agent ████████'s field notes. On ██/██/████ Agent ████████ was assigned the task of supervising the team assigned to SCP-1251, an autonomous phenomena under ongoing containment in the UK road network. The circumstances of Agent ████████'s transfer are the subject of a formal complaint and are currently under review by the Sector-25 disciplinary board, but it is noteworthy that it occured immediately after Incident ████-████-1, on which Agent ████████ was lead containment officer.

ログ-1251-01

以下はエージェント████████のフィールドノートからの抜粋から成ります。████/██/██にエージェント████████は、SCP-1251に割り当てられたチームを監督する業務に任命されました。SCP-1251はイギリスの道路網で継続的な収容下にあった自律現象です。エージェント████████の転属の顛末は異議申し立ての対象であり、現在セクター-25の懲戒委員会によって審議中です。但し、インシデント████-████-1の直後にそれが行われ、エージェント████████が第一収容監督だったことは注目に値します。

Initial recovery procedures for SCP-1251 required five personnel to remain on-site under the cover of a road maintenance team until full containment was achieved, with the expectation that the original site could be permanently removed from the road network and converted into a Foundation facility in similar fashion to other localised phenomena. Temporary housing was provided in the form of work tents and personnel obliged to sleep and eat in the containment area. A budget was allocated for food purchases and plans made for Site 1251-1 to be provided with electric power. However, the discovery of the mobile nature of SCP-1251 meant that plans for lighting, heating and entertainment were never fully implemented and remained on an ad hoc basis. Furthermore, the budget initially allocated to Site 1251-1 was not carried forward due to an administrative error. An informal 'relief fund' set up for the containment team was established at Sector-25 by Dr. ███ but was confiscated by sector management as inappropriate. Following review of containment measures a mobile containment unit has since been established with dedicated vehicle, electricity generator, TV, microwave and heating units, and a permanent budget for food and entertainment.

当初SCP-1251のあった場所は、恒久的に道路網から除かれ、他の局所的現象が起きている場所と同様の方法で、財団施設に転用される可能性がありました。そのため、SCP-1251の初期回収手続においては、完全な収容が達成されるまでは、道路維持管理チームの支援の下、5人の職員が現場に留まる必要がありました。一時的な住居は作業用テントの形で提供され、職員は収容エリアで眠り、食べることを余儀なくされました。食料の購入とサイト1251-1に電力の供給をする計画に予算が割り当てられました。しかし、SCP-1251が移動するという性質が見つかったことで、照明、暖房、娯楽についての計画が十分に実行されることなどなく、その場しのぎの状態が続くことになりました。さらに、当初サイト1251-1に割り当てられた予算は、管理ミスにより繰り越されませんでした。収容チームのために始まった非公式の「救済基金」が███博士によってセクター-25に設立されましたが、不適切であるとして管理部門によって没収されました。収容手段の見直しの後、専用車両、発電機、テレビ、電子レンジ、暖房装置が付いた移動式の収容ユニットが設置されるようになりました。そして食料と娯楽のための恒久的な予算が設立されるようになりました。


██/07/████: Arrived on-site today and was shocked at the ramshackle nature of containment measures. Personnel have been spending their own money on food because credit cards and accounts initially allocated to the team have been allowed to run empty. Complaints to ████████ have apparently gone unanswered. Several members of the team appear to be under the impression that their stint on 1251 is time-limited and have asked me when they will be able to return to their families. Despite this the team remains dedicated to containment and has been doing wonders with the limited resources available.

████/07/██: 本日現場に到着し、収容方法の脆弱性にショックを受けた。初めにチームに割り当てられたクレジットカードや口座は空にされていたため、職員たちは食料を買うのに自身の金をあてている。████████への訴えはどうやら無視されたままのようだ。チームのメンバーには、1251の任務は期間限定であると思い込んでいる者もいるようで、家族のもとにいつ帰ることができるのか私に尋ねてきた。このような状況にもかかわらず、チームが依然として収容に熱心であり、限られた資金で収容できているという奇跡に近いことが続いている。


██/09/████: The weather is getting colder. I attempted to contact Sector-25 but it looks like location-specific email and phone keycodes are not being updated when SCP-1251 moves. I have personally purchased and distributed a number of small gas heaters. Several of the remote cameras used to monitor surrounding traffic intersections have failed and have had to be replaced with consumer products - again purchased at the team's own expense. I strongly urge that containment measures for 1251 be revised; this is not a temporary containment situation and should not be treated as one.

████/09/██: このところ寒くなってきている。私はセクター-25に連絡を取ろうとしたが、SCP-1251が動いても、ローカルのメールアドレスと電話コードは更新されていないようだ。私はいくつかの小さなガスヒーターを個人的に購入して配布した。周辺の交差点を監視するために使用されていたリモートカメラのいくつかは故障しており、民生品と交換する必要があった。これもチームの自己負担で購入した。私は、1251の収容方法が改訂されることを強く要請する。改訂後の収容方法は一時的なものではなく、またそのようなものとみなされるべきではない。


██/09/████: It was not necessary to tell the team that 1251 is being generated by a corpse of a highwayman, or whatever it is. We have enough bad dreams.

████/09/██: 1251は追いはぎの死体やら何やらでできているとチームが知る必要はない。もう十分に悪い夢を見ている。


██/10/████: We have now experienced six weeks of almost unbroken rainfall. Equipment remains in a critical state and the suspension of testing due to the weather has removed the team's last line of communications with personnel from Sector-25.

████/10/██: 私たちは目下、6週間ほぼ止むことのない雨を経験している。この天候によってセクター25から職員との最後の通信回線が途絶えているせいで、機器は依然として危機的な状態で、検査も中断されたままだ。


██/11/████: Tent B has been lost. The radius of 1251's attractive effect varies slightly between locations and it was misplaced during setup owing to a fault with one of our spring scales. Agents █████ and ████████ woke up this morning to find their tent had been apparently blown away. It's now wrapped around the crossroads sign - we will attempt to recover it once 1251 moves on though I suspect it will be unusable.

████/11/██: テントBがなくなった。1251の引きつける効果の及ぶ半径は場所の間でわずかに変わる。ばねばかりの1つにあった欠陥のせいで、テントは設営の間にどっかにいってしまった。エージェント█████と████████は今朝起きて、彼らのテントが見たところ吹き飛ばされていたことに気づいた。現在は交差点の標識に巻き付いている。使えなくなっているだろうが、1251が移動したら回収するつもりだ。


██/11/████: We have been eating takeaway for five months.

████/11/██: 私たちはテイクアウトを5ヶ月間食べ続けている。


██/11/████: Agent █████ has had an encounter with a local resident, who demanded to know when normal road service would be resumed. Communications with Sector-25 still almost nonexistent, we were unaware that the road had been officially closed for emergency water mains repairs, and instead informed the questioner that a hitch had been encountered while laying fibre-optic cable. The discrepancy was picked up on immediately and an ugly confrontation was had with the resident and subsequently with a police constable who became convinced that our purpose was criminal. Fortunately, his immediate superior, Lieutenant ████████ is associated with the Foundation and we understand he has been able to represent the situation as a Special Branch investigation. I have asked the Lieutenant to communicate the urgent nature of shortages at 1251's containment site.

████/11/██: エージェント█████は地元の住人と遭遇した。その住人は通常の道路サービスはいつ再開されるのか教えろと要求してきた。セクター-25との交信はいまだにほぼ途絶えていたため、この道路が、表向きには水道本管の緊急修理のため閉鎖されたことに気付かず、そのように伝える代わりに光ファイバーケーブルを敷設中に障害が発生したのだと質問者に伝えた。この食い違いはすぐに取り上げられ、居住者との酷い言い争いが起きた。続いて、私たちの目的が犯罪行為であると確信した警官との言い争いが起きた。幸い警官の直属の上司である████████警部長は財団に関係があり、この状況は公安部の調査であると説明ができたのだと判断した。私は中尉に1251の収容サイトの物資不足は急を要していると伝えるように頼んだ。


██/11/████: Morale is appalling. If conditions continue we will see desertions.

████/11/██: 士気が驚くほど低い。こんな状況が続けば、私たちはここを放棄することになるだろう。


██/12/████: Merry fucking Christmas.

████/12/██: メリーファッキンクリスマス。


██/01/████: Agent █████ left today; he said he planned to return to Sector-25 and report that containment had been breached to draw attention to the situation here.[[█footnote]] Agent █████ did not return to Sector-25 and his whereabouts are currently unknown. A termination order is currently pending. [[█/footnote]] I tried to contact Lieutenant ████████ - the station said they have no record of him ever working there. Official extraction and reassignment with use of amnestics, a memetic outbreak somewhere else rewriting people's memories - who knows?

████/01/██: 今日エージェント█████は出発した。彼はセクター25に戻り、ここの状況に注意を向けるため、収容違反が起きていると報告するつもりだと言った。[[█footnote]]エージェント█████はセクター25には戻っておらず、現在の居場所は不明です。終了指示は現在保留中です。[[█/footnote]]私は████████中尉と連絡を取ろうとした。警察本部は、これまでに彼がそこで働いたという記録はないと言った。正式な引き抜きかあるいは記憶処理を使用したことによる再割り当て、どこかで誰かの記憶書き換えが発生したか - そんなの誰が分かるというんだ?


██/01/████: No word from █████. I overheard Agent ███████ openly discussing suicide by walking into 1251 in a high-activity state.[[█footnote]] No such agent was assigned to SCP-1251. None of the other agents at the site had any recollection of another crew member by that name. The possibility of wide-ranging memetic activity has been considered; however, apart from Agent ████████'s log there is simply no indication this individual is real. [[█/footnote]]

████/01/██: █████からの返事はない。エージェント███████が高い活性状態の1251に入ることによる自殺について開け広げに話し合っているのを耳にした。[[█footnote]]そのようなエージェントはSCP-1251に割り当てられていません。そのサイトにいた他のエージェントはその名前を持つチームメンバーの記憶を誰も持っていません。広範囲にわたるミーム活動の可能性が検討されています。しかし、エージェント████████のログを除いて、この人物が実在すると示すものは全くありません。[[█/footnote]]


██/01/████: Am I an agent of the Foundation? Does the Foundation exist? Doesn't it make more sense to assume that I'm just a worker on some road maintenance site somewhere who's gone mad? Does the world outside the yellow tape exist? I'm OK. I'm OK.

████/01/██: 俺は財団のエージェントなのか?財団は存在するのか?俺はどっかの道路を維持するためのサイトに所属するただの頭の狂った労働者だと考えるのは、理に適ってないか?黄色いテープの外側に世界は存在するのか?俺は大丈夫だ。大丈夫。


██/02/████: Last night I dreamt that it had stopped raining. I got out of the sleeping bag and wandered around - the sky was utterly dark, no moon, no stars, but the ground was perfectly illuminated. I walked into 1251's area of effect and it didn't touch me. I screamed "It's not gravity! It's acceleration!". Everything made so much sense.

████/02/██: 昨夜、雨が止む夢を見た。寝袋から出て、周りをさまよった。空はすっかり闇に包まれていて、月はないし、星もなかった。ただ、地面はひどく明るく照らされていた。俺は1251の影響範囲に歩いて入った。それは俺には触れなかった。俺は「重力じゃない!加速だ!」と叫んだ。すべてがとても理にかなってる。


██/02/████: I don't know who wrote that. It wasn't me. It's not my handwriting. Someone is fucking around with my log.[[█footnote]] Graphological comparison proved this to be, conclusively, Agent ████████'s own handwriting. [[█/footnote]]

████/02/██: 分かんないけど、これ誰が書いたんだ。俺じゃない。俺の字じゃない。誰かこのログにかきやがったな。[[█footnote]]筆跡比較によって、エージェント████████自身の手書きであることが確実に証明されています。[[█/footnote]]


██/02/████: 1251 ate ███████ today. We heard him yelling and got out of our sleeping bags. I couldn't see the moon anywhere. He was standing at the roundabout entrance. He said "It's all a lie. There was never a Foundation." and walked in. 1251 shouldn't have been in a high-activity state, but it sucked him in and buried him anyway. Then it moved. There's two of them now! Two 1251s roaming around, God help us all, and when the scientists come back from their white world where there's light and heat and everything works they'll see under one of them is a corpse in a hard hat, screaming. That's the meaning of the movements. Morse code; each hour is a dot, each day a dash. That's all ███████ can do now, one letter a month as he goes mad under the black soil. This is what he'll say IT'S NOT GRAVITY IT'S ACCELERATION.[[█footnote]] Agent ████████ here reports a death on-site as well as further phenomena associated with SCP-1251, including an unscheduled shift. These do not seem to correspond to actual events, and Agent ████████ no longer recalls making this entry. As far as can be established there is still only one instance of SCP-1251. Agent ████████'s Morse Code hypothesis appears to be unfounded based on SCP-1251's movements to date. [[█/footnote]]

████/02/██: 1251が今日███████を食べた。彼が叫んでいるのを聞いて寝袋から出た。 どこにも月を見ることができなかった。 彼はラウンドアバウトの入り口に立っていた。「全部嘘なんだ。財団なんてなかったんだ。」と彼は言い、中へ歩いていった。1251は高い活性状態ではなかったはずだが、それでもやはり、それは彼を中に吸い込み、彼を埋めた。それからそれは動いた。そいつは今2つに増えている!2つの1251がうろついている。全くなんてことだ。科学者が電灯も暖房も何もかもきちんと動いている白い世界から戻ってきたならば、1251のうち1つの下にある硬い帽子を被った死体を見て叫ぶことだろう。あれが移動の意味だ。モールス符号だ。1時間ごとは短点、1日ごとは長点。あの動きの意味はモールス信号で、1時間ごとの動きは短点、1日ごとの動きは長点を表している。黒い土の下で狂ってしまって、███████が今や出来るのは、月に1文字出すことだけだ。彼は「重力じゃない!加速だ!」と言っているようだ。[[█footnote]]エージェント████████は、現場での死者と、予定外の移動を含むSCP-1251に関連したさらなる現象をここで報告しています。これらは実際の出来事に対応しているようには見えず、エージェント████████はもはやこの記述をしたことを思い出せません。立証しうる限りで、SCP-1251実体はただ1つです。エージェント████████のモールス符号仮説は、これまでのSCP-1251の動きに基づくと根拠がないものと思われます。[[█/footnote]]


██/02/████: They're outside my tent. You'll have to kill me.[[█footnote]] Agent ████████ was placed in the care of Foundation medical staff on his 256th day assigned to SCP-1251. Other crew members were also referred for medical conditions including poor nutrition and immersion foot syndrome. Sector management accepts that on-site conditions were improper but maintains an appropriate level of contact with the team was kept throughout the period under consideration.[[█/footnote]]

████/02/██: やつらは私のテントの外にいる。私を殺さなければならないだろう。[[█footnote]]エージェント████████は、SCP-1251に割り当てられて256日目に財団の医療スタッフの保護に置かれました。他の隊員も栄養失調と浸水足症候群を含む病状と診断されました。セクター管理者は、現場の状況は不適切であったと認めましたが、審議中の期間は、チームとの交信について適切なレベルが維持されていたと主張しています。[[█/footnote]]



Finally it works

… in iPhone!

UPDATE 1.08: 2018/11/21
UPDATE 1.07: 2018/11/03
UPDATE 1.06: 2018/10/30
UPDATE 1.05: 2018/9/29
UPDATE 1.04: 2018/9/16
UPDATE 1.03: 2018/9/06
UPDATE 1.02: 2018/9/05
UPDATE 1.01: 2018/8/25


STANDALONE BUTTONS

Hmm… you're editing this page, aren't you. I can't show you this function due to prevent accidents.This super awesome function is created by Boyu12Boyu12!
Edit Page Source
History Files