砂川いずみの箱

出典: SCP-2354
著者: NiblicNiblic
作成日(EN): 2016/11/22
SCP-2354 - Reasonable Accommodations
SCP-2354 - 手頃な宿泊施設
tags: building euclid extradimensional featured scp
タグ: 建造物 euclid 異次元 注目記事 scp

評価: 0+x

Item #: SCP-2354

Object Class: Euclid

Special Containment Procedures: All instances of SCP-2354 are to be located and rendered inaccessible. This effort is to be headed by Mobile Task Force Pi-7 ("Button Pushers"), with assistance from other task forces involved with building-based anomalies if deemed necessary.

特別収容プロトコル: 全てのSCP-2354実体は探し出され、アクセスできない状態にされます。この取り組みは、必要と認められた場合に主に建造物の異常に携わる他の機動部隊から支援を受ける、機動部隊Pi-7 (ボタンプッシャー)が率いるものである。

In order to detect and render SCP-2354 instances inaccessible, Procedure 2354-05 is to be administered to elevators in buildings believed to be affected by the anomaly. This procedure involves:

SCP-2354実体を探し出しアクセスできない状態にするために、手順2354-05は異常の影響を受けているとみられる建物内のエレベーターに実施されます。この手順は以下の通りです。

* Visual examination of the floor selection buttons. The buttons used to access SCP-2354 usually do not correspond to an actual floor on the building. These buttons can be removed with little repercussion.

*フロア選択ボタンの目視検査 SCP-2354にアクセスするために使用されるボタンは通常、建物に実在するフロアと対応していません。これらのボタンはほとんど悪影響を与えることなく除去できます。

* Sequential operation of all floor selection buttons. SCP-2354 instances can uncommonly be accessed with floor selection buttons that correspond to actual floors. In this case, the floor selection buttons require rewiring to render SCP-2354 inaccessible.

*すべてのフロア選択ボタンの順次操作 SCP-2354実体は、実在のフロアに対応しているフロア選択ボタンでごくまれにアクセスすることができます。この場合、フロア選択ボタンはSCP-2354にアクセスできないようにするために再配線を必要とします。

* Operation of elevator by individuals affected by achromachia[[█footnote]]An abnormality in which the fingers and toes of an individual are of unusually great length.[[/footnote]]. Very rarely, usage of floor selection buttons that function normally can instead lead to the building's SCP-2354 instance if the user is affected by achromachia. Study of this phenomenon is currently in progress.

*クモ指症[[█footnote]]人の指やつま先が異常に長いという異常。[[/footnote]]を患っている人物によるエレベーターの操作 使用者がクモ指症を患っている場合、正常に機能するフロア選択ボタンを使用しても、代わりに建物内のSCP-2354実例につながる可能性がごくまれにあります。この現象の研究は現在進行中です。

All Foundation facilities should remain non-compliant with the Americans with Disabilities Act of 1990 to prevent SCP-2354 instances from manifesting within them.

財団の全ての施設は、SCP-2354実体が施設内に現れないようにするため、1990年のアメリカ障害者法を遵守しないままとなっています。

Foundation legal researchers are currently looking into the feasibility of repealing the ADA to neutralize SCP-2354. This should not be attempted until SCP-2354's relationship with the bill is fully understood.

財団の法律研究家は現在、SCP-2354を無力化するためにADA法廃止の実現可能性を検討しています。SCP-2354と法案の関係が完全に把握されるまで廃止を試みるべきではありません。

Description: SCP-2354 is the collective designation for extradimensional floors that manifest in multi-story buildings in the United States. Instances of SCP-2354 affect buildings owned by businesses in compliance with the Americans with Disabilities Act of 1990[[█footnote]]A law that prohibits employers from discriminating based on disability. It also requires that public accommodations are modified to be usable by disabled people.[[█/footnote]] (42 U.S. Code § 12101). These include businesses with public accommodations and businesses that employ disabled people. Upon meeting all the criteria necessary for ADA compliance, an SCP-2354 instance manifests in a building.

説明: SCP-2354はアメリカの高層ビルに現れる異次元のフロアの総称です。SCP-2354実体は1990年アメリカ障害者法[[█footnote]]雇用主が障害に基づいて差別を行うことを禁止する法律。また、公共の宿泊施設が障害者によって使用可能であるように修正されることを要求します。[[█/footnote]]を遵守した企業の所有する建物に影響を与えます (42 US Code§12101)。これらには、公共施設を持つ企業や障害者を雇用する企業が含まれます。ADA法の遵守に必要な全ての基準を満たすと、SCP-2354実体は建物内に現れます。

SCP-2354 resembles other floors in affected buildings in terms of appearance and purpose, but contains a distinct dissimilarity. Every button inside SCP-2354 is recessed 300 meters. These recesses are not spatially anomalous, and form long, hollow protrusions from the objects they appear on. The recessed buttons also retain functionality, albeit with a noticeable delay. The layout of the floor incorporates features that account for obstructions made by these protrusions, such as underpasses and crossover bridges. Notable artifacts found within SCP-2354 are listed in Addendum 02.

SCP-2354は外観と使用用途の点では、影響を受けている建物内の他のフロアと似ていますが、明確な相違点があります。SCP-2354内部の全てのボタンは300メートル奥まっています。これらの凹部は空間的に異常ではなく、それらが現れた物体から、中に空洞のある長い突起を生じさせています。顕著な遅延はあるものの、凹んだボタンも機能を保持します。フロアのレイアウトには、地下道や歩道橋など、これらの突起によって作られた障害物を考慮した機能が組み込まれています。SCP-2354内で発見された重要な生成物は補遺02に記載されています。

Instances of SCP-2354 do not appear to physically exist in affected buildings and are only accessible via elevator. Floor selection buttons manifest in the elevators of buildings affected by SCP-2354. These buttons, upon being pressed, will transport all of the elevator's occupants to the affected building's SCP-2354 instance. The mechanism by which elevators travel to SCP-2354 is currently unknown, as the elevator remains stationary between floors while the SCP-2354 instance is occupied.

SCP-2354実体は影響を受けている建物内に物理的に存在するようには見えず、エレベーターを介してのみアクセス可能です。フロア選択ボタンはSCP-2354の影響を受けた建物のエレベーターに現れます。これらのボタンは、押されると、エレベーターの乗員全員を影響を受けた建物のSCP-2354実体に運びます。SCP-2354実体が存在している間はエレベーターがフロアの間で静止しているため、エレベーターがSCP-2354に移動するメカニズムは現在のところ不明です。

SCP-2354 instances display signs of prior usage. Forms, records, and internal memoranda can be found in most instances of SCP-2354. These documents generally pertain to mundane vocational matters consistent with the business's operations. However, abnormalities can be found in documents describing the floor's employees, in that they do not describe human beings with normal anatomies. A compilation of these descriptions can be found in Document 2354-03.

SCP-2354実体は以前に使用された形跡があります。伝票、記録文書、および社内メモは、ほとんどのSCP-2354実体で見つけることができます。これらの文書は通常、企業運営と一致した一般的な業務に関するものです。しかし、フロアの従業員を説明する文書に異常が見られることがあります。文書の異常な点は、正常な生体構造を持つ人間の言及が無いことです。これらの文書のまとめは文書2354-03にあります。

Addendum 01: It is believed that SCP-2354 instances began manifesting as a result of EE-0742, an extranormal event that occurred in the U.S. Capitol's Senate Chamber on May 9, 1988. During this event, Senator ██████ ████ (D-██) delivered a speech proposing a bill that would protect disabled individuals from discrimination. Interspersed throughout the speech were references to the senator's brother, who suffered from "extreme achromachia." The senator repeatedly emphasized the need to protect "phalangeally challenged individuals" like his brother and dedicated three hours of speech to detailing how the bill would accommodate them.

補遺01: SCP-2354実体は1988年5月9日に米国議会の上院で発生した超常現象であるEE-0742の結果として顕在化し始めたと考えられています。 ██████ ████上院議員(D-██)は障害者を差別から守るための法案を提案する演説を行いました。スピーチを通して随所に見られたのは、「重度のクモ指症」を患った上院議員の兄弟への言及でした。上院議員は繰り返し彼の兄弟のような「指骨の障害を持つ人」を保護する必要性について力説し、法案がどのようにして彼らに滞在場所を提供するかについて詳述するスピーチに3時間を捧げました。

Foundation agents embedded in the HELP[[█footnote]]Health, Education, Labor and Pensions, a standing committee of the U.S. Senate.[[█/footnote]] removed the sections pertaining to this disability, believing they described a condition of anomalous cause. Subsequent investigation of Senator ████ revealed that his brother does suffer from achromachia, but not to the degree described in the speech. The senator was later detained and all participants in the bill's proposal were amnesticized. The modified bill was later signed into law as the Americans with Disabilities Act of 1990.

HELP[[█footnote]]米国上院の常任委員会であるアメリカ合衆国上院保健・教育・労働・年金委員会(Health, Education, Labor and Pensions)[[█/footnote]] に潜入している財団のエージェントは、上院議員たちが異常を引き起こした状態で言及をしていると考え、この障害に関するセクションを削除しました。その後の████上院議員についての調査で、彼の兄弟はクモ指症を患っているものの、スピーチに記載されている程度ではないことが明らかになりました。上院議員は後に拘束され、法案の提案に参加した全員が記憶処理をされました。修正された法案は後に1990年のアメリカ障害者法として成立しました。

Addendum 02: Notable artifacts found within SCP-2354 instances.

補遺2: SCP-2354実体内で発見された重要な生成物

SCP-2354 Instance Location Description
SCP-2354-7 JPMorgan Chase Tower. Houston, Texas. A ████-brand desktop computer. It bears a similar appearance to other desktops of the same brand, but the power button and the DVD drive's eject button are recessed 300 meters. Desktop turns on and functions normally, but is observed to have higher CPU temperatures. Further inspection of the computer reveals that the protrusions penetrate the CPU's heatsink and hinders its efficiency.
SCP-2354-49 Times Square Tower. New York City, New York. The main arm of a stapler, elongated so that it must be pivoted 300 meters downwards to function. A 300 meter deep tunnel with a ladder is present nearby, allowing users to access the stapler's lower operation arm. Stapler appears to function normally.
SCP-2354-104 Burgundy Tower Office Building. Euless, Texas. A WD-40 brand spray lubricant lying horizontally on an office desk. A tube extends 300 meters from the bottom of the can, penetrating multiple walls inside SCP-2354-104. The can does not appear to be movable, but dispenses lubricant normally.
SCP-2354-152 ███ ███████ Datacenter. Reading, Pennsylvania SCP-2354-152 resembles other server rooms in the affected building. Metallic tubes pass through and protrude from every server rack in the floor. Several crawlspaces, underpasses, and other features permit access to server racks obstructed by the tubes. Despite the difficulty in locating them, every button in the room appears to be fully accessible and operational.
SCP-2354-233 Ala Moana Center. Honolulu, Hawaii. A small wooden box resembling a "useless machine" toy; a novelty device with the sole purpose of switching itself off, usually through a lever or hand that pushes the off button. The device possesses a rectangular pit 300 meters in depth, with a button at the bottom. Upon pressing the button, the wooden cover next to the pit opens and a 300 meter long plastic object resembling a paw emerges from the device. The object then slowly rotates itself and lowers into the pit, before re-emerging and slowly returning to its initial position. This process takes an hour to complete and repeats when the button is pressed again. Repeated testing has produced consistent results, indicating that the device functions normally.
〜SCP-2354実例 〜所在地 〜説明
SCP-2354-7 テキサス州ヒューストン市 JPモルガンチェイスタワー  ████ブランドのデスクトップコンピュータ 同じブランドの他のデスクトップと似た外観をしていますが、電源ボタンとDVDドライブの取り出しボタンは300メートル奥にあります。デスクトップは電源が入り、正常に機能しますが、CPU温度が高くなることが確認されています。コンピュータをさらに詳しく調べると、突起がCPUのヒートシンクを突き抜けてその効率を妨げていることがわかります。
SCP-2354-49 ニューヨーク州ニューヨーク市 タイムズスクエアタワー  機能を果たすために、300メートル下方向に向きを変えなければならないほど引き伸ばされたステープラーのメインアーム 梯子付きの深さ300メートルのトンネルが近くにあり、使用者はステープラーの下部操作アームを使用できます。ステープラーは正常に機能するようです。
SCP-2354-104 テキサス州ユーレス市 ブルゴーニュタワー事務所ビル 事務机の上に水平に横たわるWD-40ブランドのスプレー潤滑剤。チューブが缶の底から300m伸びており、SCP-2354-104内の複数の壁を貫通しています。缶は動かせないようですが、通常通り潤滑剤を供給できます。
SCP-2354-152 ペンシルベニア州レディング市 ██████████データセンター SCP-2354-152は影響を受けた建物内にある他のサーバールームに似ています。金属製のチューブがフロアにある全てのサーバーラックを貫通して突き出しています。いくつかの天井の低いスペース、地下道、およびその他の特徴が、チューブでふさがれたサーバーラックに接近することを可能にしています。それらを設けることが困難であるにもかかわらず、部屋の全てのボタンは十分に使用可能で操作可能であるように見えます。
SCP-2354-233 ハワイ州ホノルル市 アラモアナセンター 「ガラクタ機械」のおもちゃに似た小さな木箱。通常はレバーまたは手を介して押されるオフボタンを、自身でオフにすることを唯一の目的とした珍奇な装置。装置は底にボタンの付いた深さ300メートルの長方形のくぼみを所有しています。ボタンを押すと、くぼみの横にある木製のカバーが開き、足に似た長さ300メートルのプラスチックの物体が装置から現れます。その後、オブジェクトはゆっくり回転してくぼみの中に下りていき、その後再び現れてゆっくりと初期位置に戻ります。この過程は完了するまで1時間かかり、ボタンがもう一度押されると同じ動作を行います。繰り返しテストを行っても一貫した結果が得られており、デバイスが正常に機能していることを示しています。

アイテム番号: SCP-1411-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:SCP-1411-JPは、サイト-81██内の鍵付きチャンバーに収容してください。担当者は平日の15:30、土日の10:00に、SCP-1411-JPに記載されている内容を確認してください。記載内容の変更が必要と判断される場合は、SCP-1411-JPの責任者へ連絡の上、指示を受けてください。SCP-1411-JP-aがチャンバーの外へ出る場合は、追跡用のドローンを稼動させてください。
また、SCP-1411-JPの責任者は月に1度██高等学校の校則の内容を確認するようにしてください。

説明:SCP-1411-JPは、山形県立██高等学校に存在していた90×270×3cmの部活動連絡黒板です。白線で24個のスペースが区切られ、スペースの上部には部活動名を記載する欄があります。平日の15:30、土日の10:00になるとSCP-1411-JPに活動予定(以下、予定)が出現します。この予定が出現する瞬間は、あらゆる方法を用いても確認することができません。この予定は、部活動名の欄に「全部」と書かれたスペースにのみ出現し、「~を全部~する」という形で書かれます。SCP-1411-JPが当初設置されていた██高等学校には、「全部」という名の部が存在していないことが確認されています。予定が記載されてから数分後、SCP-1411-JPのある部屋に人型実体(以下、SCP-1411-JP-a)が出現します。SCP-1411-JP-aは最大で██体同時に出現したことがあります。SCP-1411-JP-aは自身を「全部に所属する部員」と認識しており、SCP-1411-JPに書かれた予定を部活動の一環として行います。SCP-1411-JP-aの外見、能力は通常の人間と大差がなく会話も可能ですが、SCP-1411-JP-aへの攻撃は透過し、障壁はすり抜けます。そのため、現在までSCP-1411-JP-aの収容及び行動の妨害は成功しておりません。SCP-1411-JP-aは、予定が完遂されるまで活動を続けますが、18:30になると活動を停止しその場から消滅します。SCP-1411-JP-aにはいわゆる「部長」の役割を果たしている個体(以下、SCP-1411-JP-a-1)が存在しており、予定の決定やSCP-1411-JP-aへの指示は、SCP-1411-JP-a-1が中心になって行っています。

以下は、SCP-1411-JP-aが行う活動の観察記録及び映像記録です。

活動時間内にSCP-1411-JP-a-1へのインタビューを試みました。以下がその内容です。


補遺1:SCP-1411-JP-aの行動に対して妨害実験が行われました。

観察記録34 - 日付2010/5/23

予定内容: 「持っているボールペンを全部折る」
付記1: この予定は10:00に出現しました。また、この日は日曜日です。
付記2: SCP-1411-JPの行動を妨害する実験を並行して行いました。
結果: チャンバー内にDクラス職員を入れ、SCP-1411-JP-aの出現後、その行動を妨害するように指示した。10:02にSCP-1411-JP-aが3体出現。所持していたボールペンを雄たけびを上げながら破壊し始めた。Dクラス職員は妨害を開始。Dクラス職員が行った攻撃は全て透過し、SCP-1411-JP-a本体もDクラス職員の体を透過した。
SCP-1411-JP-aが47本目のボールペンを折って粉々にしたところで、SCP-1411-JP-a-1が本日の活動の終了を宣告。掛け声を上げながら太陽に向かって走りだした。10:58にSCP-1411-JP-aはその場から消失した。なお、破壊したボールペンの破片も、SCP-1411-JP-aの消失と同時刻に消失した。

分析: SCP-1411-JPへの妨害は全て失敗しました。警戒が必要です。-砂川研究員

この実験でSCP-1411-JP-aの行動を妨害することは極めて困難であることが分かりました。これを受け、オブジェクトクラスはEuclidに指定されました。


補遺2:SCP-1411-JPに予定が発生する前に、砂川研究員が予定を書き込んだところ、その予定が活動内容となりました。以下は、その観察記録です。

観察記録43 - 日付2010/6/1

予定内容: 「█████18を全部読む」
結果: SCP-1411-JP-aは違和感を覚えることなく予定を遂行した。

分析:「~を全部~する」という構文であるならば SCP-1411-JPに書き込むことが可能でした。さらにその予定は正式なものと認められるようです。オブジェクトクラス変更を検討すべきです。-砂川研究員

このことからSCP-1411-JP及びSCP-1411-JP-aは外部からの干渉が可能であることが分かりました。そのため、現在keterへの格上げが検討されています。格上げは見送られました。詳細は事案記録-1411-JPを参照してください。

当該事案についてSCP-1411-JP-a-1へのインタビューが行われました。

これを受けて、オブジェクトクラス変更の見送りと共に、特別収容プロトコルが一部変更されました。


Finally it works

… in iPhone!

UPDATE 1.08: 2018/11/21
UPDATE 1.07: 2018/11/03
UPDATE 1.06: 2018/10/30
UPDATE 1.05: 2018/9/29
UPDATE 1.04: 2018/9/16
UPDATE 1.03: 2018/9/06
UPDATE 1.02: 2018/9/05
UPDATE 1.01: 2018/8/25


STANDALONE BUTTONS

Hmm… you're editing this page, aren't you. I can't show you this function due to prevent accidents.This super awesome function is created by Boyu12Boyu12!
Edit Page Source
History Files