izhaya
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

レコードプレイヤー.jpg
レコードプレイヤーに入ったSCP-XXX-JP

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは財団の標準小型アイテム収容ロッカー内に保管してください。財団のWebクローラを運用し、SCP-XXX-JPの音に類似した音源を検閲し、ネット上から削除してください。実験としてSCP-XXX-JPを再生する場合はセキュリティクリアランスLv3以上の担当研究員2人以上の許可が必要です。SCP-XXX-JPは必ず音圧レベル差等級80以上の遮音性能のある防音室(XXX-セーフ仕様と呼びます)の中で再生してください。SCP-XXX-JP-1は発見され次第生きたまま鎮静され、XXX-セーフ仕様の防音室の中でのみ終了されます。SCP-XXX-JP-1が広範に発生した場合、機動部隊へ-7("静かな夜")がプロトコル"芳一"を実行します。

説明: SCP-XXX-JPは████社製のLPレコード盤です。レコードレーベルの周囲には未知の言語が三重の円形に縁どられており、中央部のタイトルには「全ての救われ得ぬ人々へ」と英語、フランス語、████語で記載されています。再生すると、不明な性別の人間の叫び声が30分間途切れず流れ続けます。この音を人間が認識した場合、後天的に共感覚者となり、全ての刺激に対して別の感覚を同時に得るようになります。この状態になった人間をSCP-XXX-JP-1に指定します。音を認識した際の影響は、財団の記憶処理では取り除けないことが確認されています。

SCP-XXX-JP-1が五感の一つに何かしらの刺激を受けた場合、残りの四つの感覚は同時に異なる刺激を受け取ります。刺激が通常「快」とされるものである場合、同時に受ける四つの感覚は通常「不快」とされるもので、逆も同様です。例として、SCP-XXX-JP-1が「好きな食べ物を食べた」場合、味覚で快の刺激を感じる一方で触覚、嗅覚、視覚、聴覚の全てで不快刺激を感じます。この症状により、SCP-XXX-JP-1はこれまで自身が好んで実施していた行動を取らなくなり、避けていた行動を好んで取るようになります。結果としてSCP-XXX-JP-1の周囲の衛生環境は急激に悪化し、不眠、栄養失調や脱水症状、自傷による感染症等を複合的に発症して死亡します。死亡と同時にSCP-XXX-JP-1は数分間絶叫し、この声もSCP-XXX-JPと同様の効果を持ちます。SCP-XXX-JPを聞かせたDクラスによる脳派測定実験の結果、死亡時のSCP-XXX-JP-1は通常の人間が日常生活において受け得ないような強い快刺激を五感全てに受けていることが解りました。