iwanami
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8141の標準人型収容室に収容されています。SCP-XXXX-JPがピアノを弾かせないようにし実験の際対象以外の人物の直接及び間接的な演奏の聴取を行はないように徹底してください。1

説明: SCP-XXXX-JPはダラブルト共和国2育ちの日本人男性です。SCP-XXXX-JPがピアノによる演奏を行う際に異常性が発現します。10人以上の人間が直接及び間接的に聞いていた場合演奏開始とともに聴取者(以下SCP-XXXX-JP-1と表記)の手元に銃火器3が出現し、SCP-XXXX-JP-1は二陣に分かれ銃撃戦を開始します。SCP-XXXX-JP-1は戦闘の際の記憶も保持します。

確保時SCP-XXXX-JPが演奏していた曲はセルゲイ・ラフマニノフ作曲のピアノ協奏曲第2番ハ短調です。戦闘により死亡した場合SCP-XXXX-JP-1が演奏に参加します。映像記録を見た研究員はさながら映画かミュージカルのようだと表現しました。

SCP-XXXX-JPの確保時銃声が聞こえると通報が入ったため警察が現場に向かいましたが連絡が取れなくなったため何らかの異常存在が居る可能性が有ると警察に潜入していたエージェント・██からの報告がありました。
このことから対策を施した機動部隊と-7("警備員")が現場へと向かい到着後突入しSCP-XXXX-JPを発見しました。

以下は、確保時回収された監視カメラのビデオ記録とSCP-XXXX-JPへのインタビュー記録、SCP-XXXX-JP-1へのインタビュー記録です。

ビデオ記録


日付: 200█/07/██

注記: 映像記録はSCP-XXXX-JP確保時の監視カメラのビデオ記録です。


[記録開始]

11:03: SCP-XXXX-JPが舞台袖から登場

時間: 出来事

時間: 出来事


[記録終了]

補遺: SCP-XXXX-JPは緊張状態にあったダラブルト共和国で内戦のきっかけとなった演奏会襲撃事件の当事者です。この事件により演奏をしていた27名の子供のうち9名が死亡し17名がその後の内戦により死亡しています。SCP-XXXX-JPは内戦が始まる直前に日本に帰国していたため巻き込まれませんでした。



テンプレ用

一般的なテンプレート

[[>]]
[[module Rate]]
[[/>]]
**アイテム番号:** SCP-XXX-JP

**オブジェクトクラス:** Safe/Euclid/Keter/Neutralized/Explained/Thaumiel

**特別収容プロトコル:**

**説明:**

**補遺:** [SCPオブジェクトに関する補足情報]

インタビュー記録のテンプレート

> **対象:** [人間、団体、SCPオブジェクトなど]
>
> **インタビュアー:** [インタビュアーの名前。必要に応じて█で隠しても良い]
>
> **付記:** [インタビューに関して注意しておく点があれば]
>
> **<録音開始, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>**
>
> **インタビュアー:** [会話]
>
> **誰かさん:** [会話]
>
> [以下、インタビュー終了まで会話を記録する]
>
> **<録音終了, [必要に応じてここに日時(YYYY/MM/DD)を表記]>**
>
> **終了報告書:** [インタビュー後、特に記述しておくことがあれば]

実験記録のテンプレート

SCPに関する実験の記録には以下のテンプレートを使用してください。

__**実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD**__
> **対象:**
>
> **実施方法:**
>
> **結果:**
>
> **分析:**

次のように簡略化しても結構です。

**日時:** 出来事

[http://scp-jp-sandbox2.wikidot.com/iwanami/offset/1/page2_limit/1 ]