itsukida_kazuhiro
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは10メートル×10メートル×10メートルの部屋の中心に造られた、厚さ1メートル、高さ3メートルの金属製の壁で周囲を囲われています。担当職員は壁に埋め込まれた動体感知センサー4基を用いて24時間体制でSCP-XXX-JPに異変がないかを監視してください。尚、後述の事案同様の収容違反を防ぐ為、収容室に常時2人のSCP-XXX-JPの影響を受けた人物(SCP-XXX-JP-1と指定)を配置してください。隔離中のSCP-XXX-JP-1に接触する際は「レコーダー以外を持ち込まない」「最低3人以上の職員が同伴する」などの対策をとってください。

説明: SCP-XXX-JPはマントで頭部を含む全身を覆い、屈み込んでいる平均的な成人男性を模った製作者不明の高さ1メートルほどのブロンズ像です。SCP-XXX-JPは19██年██月██日に██県██市の教会内にて200█年12月██日の早朝に神父として潜入していたエージェントにより発見されました。近くには近隣住民である男性の自殺体があり、教会内を映していたカメラを確認したところ、早朝に男性が教会内にて黙想をしている最中に突如として男性の目の前に現れ、それに気が付いた男性がパニックに陥り自殺したということが判明したため1異常性を疑ったエージェントの連絡を受け収容に至りました。

SCP-XXX-JPはマント内部を覗き込むことで活性化します。SCP-XXX-JPが活性化すると、マント内に複数の眼(SCP-XXX-JP-2と指定)が出現し、マント内部を覗き込む人物に対し視線を向けます。この時SCP-XXX-JP-2のうち、どれか1つでも視線を合わせた人物はSCP-XXX-JP-1となります。SCP-XXX-JPが及ぼす影響は時間経過により進行度1~4に分類されます。Bクラス記憶処理により、症状の緩和がみられます。また、SCP-XXX-JPは特定の範囲内にSCP-XXX-JP-1がいない場合、最も近いSCP-XXX-JP-1の半径5メートル内に瞬間移動することが可能であることが判明しています。また、その際にSCP-XXX-JP-1の症状が時間経過に関係なく進行度4になることも判明しました。

進行度 経過時間 症状
1 ~1日 激しい恐怖感及び不安感
2 ~5日 被害妄想、周囲に誰もいなくても視線を感じる
3 ~10日 周囲の人物に対する暴行、若しくは自傷行為
4 ~30日 殺人衝動、自殺衝動

補遺: SCP-XXX-JPの載った台座に付いているプレートに彫られた文

"When excluding the abyss, it abyss is also except here."