itd12d

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter Euclid

特別収容プロトコル: 現在、SCP-XXX-JPの出現は確認されていません。万が一SCP-XXX-JPが出現した場合に備え、特別部隊X-XXX("入浴剤と夢")を常に待機させてください。

説明: SCP-XXX-JPは異常性のある入浴剤の一種です。日本国内で通常のバスロマンが使用された場合、およそ95%の確率でSCP-XXX-JPと入れ替わります。入れ替わる前のSCP-XXX-JPがどこから来るのか、および使用された通常のバスロマンがどこへ行くのかは現在明らかになっていません。
 SCP-XXX-JPが風呂の湯に入った場合、その湯は異常性を持ったものへと変化します(以下この湯をSCP-XXX-JP-1とする)。SCP-XXX-JP-1に将来に関する肯定的な夢を持った人間が接触した場合、SCP-XXX-JPが使用された風呂場の酸素が全て二酸化炭素または一酸化炭素に変化します。このとき風呂場のドアおよび窓は未知の力によって封鎖され、対象は窒息により死亡します。

補遺: SCP-XXX-JPは20██/08/14に岐阜県で田口 ██が死亡した事案により発見されました。当時██の家族は██がなかなか風呂から上がってこないことを不審に思い、風呂場に確認しに行ったところ、██が風呂桶の中で死亡しているのが発見されました。財団の調査によると、この時風呂場の空気中の二酸化炭素の割合はおよそ25%に達していたとみられています。


██