Isurafiru
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその特異性により、サイト-8181の絶縁体を使用した人型収容ユニットにSCP-XXX-JP-A、Bは別々のユニットに収容してください。SCP-XXX-JP-AとBの収容室から半径10m以内に磁気記録媒体や金属を持ち込まないでください。また、ペースメーカーや人工内耳使用者など、体内に金属が存在するものは、決して、SCP-XXX-JPに近づかないでください。

説明: SCP-XXX-JPは二体の人型オブジェクト(それぞれSCP-XXX-JP-A、B)です。
SCP-XXX-JPは5〜6歳程度と思われる姉妹の様相を呈しており、「私達は磁石ちゃん」と名乗っています。
SCP-XXX-JPは周囲の磁界を急激に変化させるという異常性を有しており、この異常性はSCP-XXX-JP-A、Bが半径 █m内に存在していると発現します。この条件が達成されると、SCP-XXX-JP-BがSCP-XXX-JP-Aに対しての誹謗中傷などの敵対行動を行うことによって発生します。これにより、SCP-XXX-JP-Aが反論しますが、今までSCP-XXX-Bへの言い返すことができ、後述の状態に発展しなかった例は███例中10〜20例程度です。SCP-XXX-JP-Aが言い返すことができず、SCP-XXX-JP-Bに論破された場合、SCP-XXX-JP-Aの心拍数が著しく上昇し、目に涙を浮かべます。この状態になった場合SCP-XXX-JP-Aの周りで急激な磁界の変化が起き、様々な金属物がSCP-XXX-JP-Bに殺到します。そうしてSCP-XXX-JP-Bに金属が接触しSCP-XXX-JP-Bが反省する又は接触せず、SCP-XXX-JP-Aが疲弊しきった場合磁界の変化が納まり一連の異常事象が終了します。
SCP-XXX-JPは静岡県██市の原子力発電所の近くで原因不明の急激な磁界の変化が観測されたことが財団職員の目に止まって、収容されました。

補遺: インタビュー記録XXX-1

対象: SCP-XXX-JP-A

インタビュアー: ████研究員

付記: 異常性のため、姉と述べているAのみでインタビューを行うことになった。ABともに、██病による入院中というカバーストーリーを流布済み

<録音開始, (20██/07/██)>

インタビュアー(以下研究員): 磁石ちゃんはなんで磁石の力が使えるの?

SCP-XXX-JP-A: わかんない。私達いつの間にか白い服着たおじちゃんのとこにいて、そっから2人で出てきたの。だから私達もわかんない。

研究員: そのおじちゃんがいたところを教えてくれるかな?

SCP-XXX-JP-A: んーっとね、大きくて、えーっと、なんかウィンウィン大きな音が鳴ってたよ。

研究員: そうなのかい。そこにいたおじちゃんが話してたこと覚えてるかい?

SCP-XXX-JP-A: うん!何か慌てんぼうさんだったから、確か、間に合わないーとか時間がないーとか言っててすっごい面白かったよ!

研究員: そうなんだね。そういえば、君たちはなんで、喧嘩ばっかりするの?

SCP-XXX-JP-A: 妹ちゃんがね。悪口言うのー。昔は言わなかったんだけどね。
でもね、本当は妹ちゃんはね、すっごい優しいし、一緒に遊ぼうって言うと笑ってうんって言ってくれるんだよ!ちょっと、素直じゃないだけなんだ!大丈夫かな妹ちゃん?今病院で悪いとこ直してもらってるんでしょ?

研究員: 大丈夫。お医者さんはすごいんだよ他にほしいものとかある?

SCP-XXX-JP-A: いーっぱい[編集済み](██社製のスナック菓子)食べたいー!


<録音終了>

終了報告書: どうも異常性は本人達の意思ではないらしい。

追記: 以下はこのオブジェクトの首すじにつけられていた生体タグに書かれていた内容です

日本生類創研 試作番号T-025 

現在このオブジェクトの詳細情報は制限されています 閲覧する場合はセキュリティクリアランス4以上を提示してください

職員コード
パスワード

とりあえず書いてみたけど、これを何個もかける人たちって本当に凄いなぁ