SCP-XXX-JP 「私を忘れないで」
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 建造物にはカバーストーリー「耐震工事」を用いて、一般人の侵入を防いでください。
SCP-XXX-JPの発生が確認された後、SCP-XXX-JPから1m以内に指名されたDクラス職員を最低1時間配置しなければなりません。
SCP-XXX-JPと会話を行ったDクラス職員には、会話が終了した後にAクラス記憶処理を行ってください。
SCP-XXX-JPが発生する壁は24時間監視カメラによって観察されます。SCP-XXX-JPに少しでも変化が出た場合、職員は直ちに担当の博士に報告しなければなりません。

説明: SCP-XXX-JPは大阪府内のマンションで発見された横1m縦2mの赤褐色のシミです。非活性化時は格子型、活性化時は人型になっています。
SCP-XXX-JPはオブジェクトによって死亡したDクラス職員の体液から形成されていると見られています。その体液は活性化状態から非活性化状態へと変化する時に別人の体液へと変化すると見られています。
SCP-XXX-JPは財団日本支部管理下にあるDクラス職員を名指しで1~2人呼び出すよう要求します。呼び出したDクラス職員がSCP-XXX-JPを視認することができ、なおかつ半径1m以内に侵入しない限り、SCP-XXX-JPは要求を続けます。24時間以内に呼び出したDクラス職員が上記の条件を満たしていない場合、対象は防犯カメラなど、周囲の物に対して建造物内のものを操作し、攻撃を行います。人的被害は報告されていませんが、SCP-XXX-JPはDクラス以上の職員に対し敵対意識を持っているため、活性化時にDクラスより上の職員がSCP-XXX-JPと接触することは避けてください。
指名されたDクラス職員が上記の条件を満たした時、SCP-XXX-JPは非活性化状態から活性化状態へと移行し、Dクラス職員に対し、友好的な態度をとります。また、その時のみSCP-XXX-JPは発声することができます。また、SCP-XXX-JPは体液の成分を持った人間の記憶等も引き継ぐことができると見られています。
会話内容は、殆どがDクラス職員を激励するものです。Dクラス職員との会話終了時にSCP-XXX-JPは必ず「私を忘れないで」と発声します。SCP-XXX-JPと会話したDクラス職員の殆どは、SCP-XXX-JPを「彼」と呼称し、SCP-XXX-JPについて友人であるという認識を持つ記憶改変にかかると見られています。
Aクラス記憶処理を行ったとしても、断片的にSCP-XXX-JPについての記憶が残ることが今までの結果から分かっています。
記憶改変によってのDクラス職員の異常行動は確認されていません。 記憶改変から1週間以上経過すると、Dクラス職員は以下の症状を示す事が分かりました。

初期段階: 不安感。頭痛・体温の上昇。
第二段階: 不穏感・不眠・幻聴(一般的に悲鳴)。激しい不安感、及びオブジェクトの幻視。
第三段階:外部刺激に対して反応が鈍くなる。ストレスによる臓器への悪影響が出始める。
第四段階: 短い正常化期間。回復したように見えるが、SCP-XXX-JPとの会話を激しく要求する。
最終段階: 自傷行為、[削除済み]

SCP-XXX-JPはマンション内駐車場の3階で他のオブジェクトの探索をしていたエージェント・イトウによって発見され、収容されました。

機密事項
以下の資料の無認可閲覧は、O5レベル監督官の過半数の同意無しには禁止されています。この指令への抵触は当人の終了だけでなく、この資料を認識した他の職員の終了にも結び付きます。