木崎邁彦氏のレポートファイル
評価: 0+x

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:サイト-8183はSCP-XXX-JPの収容を主な目的として設立されました。SCP-XXX-JPの点検作業員と研究員はSCP-XXX-JPの及ぼす影響の広範さから、SCP-XXX-JPの十分な専門知識を持ったセキュリティクリアランスレベル3以上の職員に限定してください。また、SCP-XXX-JPの保護のためサイト-8183には機動部隊ん-6("灰の目")が駐留します。SCP-XXX-JPは老朽化のため週に3回以上の点検・補修作業を行ってください。

説明:SCP-XXX-JPは(様式、特徴などの説明)木造の風車です。
SCP-XXX-JPの羽根は無風時にも動きを止めることなく回り続け、また、強風時にも回転速度は上昇せずある程度の速度を維持して回ります。SCP-XXX-JPの回転速度は外部から力が加えられていない間、非常に緩やかなペース(最後に測定されたとき約0.████████rad/s2)で減速してゆき、この速度低下は不可逆です。SCP-XXX-JPの回転速度は現宇宙全体のヒューム値の高さと比例関係にあり、ひいては、宇宙全体の時間の経過速度に影響を与えます。もしSCP-XXX-JPが現在以上の減速、または停止した場合ヒューム値の低下からくるCK-クラス再構築シナリオ、ZK-クラス現実不全シナリオ、時間の経過速度の低下からくる宇宙全体のエネルギー総量の減少、そして時間の完全な停止がもたらす宇宙の凍結によるUK-クラス宇宙崩壊シナリオなどが懸念されます。