iknowsupahackasandvox

タイトルについて
Red_SelppaRed_Selppaさんが教えて下さった捩りの元ネタのWrecking Ballなのですが、日本語では(おそらく)は『モンケン』と呼ぶらしいです。ただ正直このタイトルには使いづらい。訳題は『鉄球のピンボール』か『破壊的ピンボール』のどちらかにしたいと思う。

評価: 0+x
SCP-1825AM.jpg

SCP-1825によって破壊された建物を調査するエージェントたち。

アイテム番号 #: SCP-1825

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1825は5m x 5m x 3mの保管室へ収容されます。実験の際は強化鋼鉄製の10m x 34m x 3mの長方形の部屋で行うことを推奨し、2人以上のレベル3職員の許可が必要です。SCP-1825は実験目的でのみ移動が許され、屋外、あるいは球状の部屋で活性化させてはいけません。<補遺-1825-01-A参照>。

説明: SCP-1825は 2m x 50cm x 1.7mの青いピンボール台です。SCP-1825は空のプレイングフィールド、底部にある2本のフリッパー、上部からボールを投入するハッチ、スコアボード、プランジャーで構成されています。現在、SCP-1825のスコアボードが表示した最高スコアは30,232,450<テストログ-1825-01-11を参照>です

SCP-1825が活性化すると、室内の全ての実体が不可視の力により腰より下が固定され移動が不可能になります。SCP-1825を作動させた被験者は影響を受けず自由に移動することができます。被験者がSCP-1825のハンドルを引っ張るとハッチから金属のボールが発射され、1度フリッパーに当てるとSCP-1825のプレイングフィールドの挙動を反映する不可視の動力が発生します。

この動力が部屋の壁、対象、または物体に衝突した際、活性化中は衝突による不定量のダメージを受けても位置とおおよその形状は保持されます。対象者にヒットすると[編集済]、対象の腰から上が分断され、一方で下半身は固定されたままになります。SCP-1825の動力から影響を受けない物体は、プランジャーを引っ張った被験者と、活性化後に入室した物体および人物です。ボールがドレインに落ちると、全物体からSCP-1825の影響が消えて、大きく損傷した場合は崩壊します。

SCP-1825から作られる動力の重量と密度はスコアボード上の得点とともに増加します。ボールは1立方メートル当たり推定1kgで始まり、スコアボードの限界から理論上は999,999,999kg立方メートルまで増大すると考えられます。SCP-1825は1つのボールしか提供ぜず、また結果的に大規模な損傷を与えると思われるため、これはまだ達成されていません。

回収メモ: SCP-1825は20██/██/01に██████の放棄されたアーケードゲーム機の工場が崩壊した事件の後に発見されました。建物内から、工場中で住める場所を探していたと推測される路上生活者、███████ ████氏の遺体が見つかりました。おそらく███████ ████氏がSCP-1825を活性化し、建物が倒壊することで生じた瓦礫により死亡したと仮定されています。SCP-1825は残骸の中で発見され、いくつかの鋼鉄製のガーダー(梁)によって瓦礫から保護されていました。SCP-142の付近で回収されたため、二つのオブジェクトの起源が共通する可能性について現在調査中です。


付録1825: テストログ:
実験ログ-1825-01

評価: 0+x

前文: SCP-1825で使用される全ての実験室は、封じ込め以前と同様の事故を防止するために、強化鋼鉄製の壁を有するものとします


テスト番号: 1
被験者: D-1825-01
日時: 20██年2月2日 AM 7:00
実験: SCP-1825を10m x 34m x 3mの何もない部屋に設置し、標準通りSCP-1825を使用する。
結果: D-1825-1のボールがプレイングフィールドの側面にヒットするたびに壁から衝撃音が聞こえました。それを除けば特筆すべき結果はありません。


テスト番号: 2
被験者: D-1825-01
日時: 20██年2月2日 AM 7:14
実験: SCP-1825は前回と同じ部屋で、中央に大型テーブルを設置して使用されます。
結果: ボールはプレイングフィールド上のテーブルが位置するおおよその空間にヒットすると、SCP-1825はテーブルをバンパーだと解釈しました。D-1825-01がテーブルを当てると動力は密度を増し、結果的に大きな窪みを壁に与えました。テーブルは2回のヒットによってテーブルは破損し、それまでにスコアは10に達しました。ボールが一旦ドレインに落ちるとテーブルはすぐに崩壊しました。


テスト番号: 3
被験者: D-1825-1及びD-1825-2
日時: 20██年2月2日 AM 8:09
実験: SCP-1825はDクラス(D-1825-02)を設置した室内で使用されました。
結果: D-1825-2はSCP-1825が活性化されると直ちに不快感を表明し、足を動かせないと報告しました。D-1825-2に衝突すると、スコアは10増加しました。4回ヒットするまでにスコアは30まで達しました。D-1825-2の胴体は下半身から切り離され、床に落下した一方で彼の下半身は固定されていました。D-1825-1は直ちにSCP-1825を手放し退避しました。ボールがドレインに落ち、D-1825-2の下半身は外れ床へと転倒しました。


テスト番号: 4
被験者: D-1825-1
日時: 20██年2月2日 PM 9:30(訳注:原文ママ、恐らくはAMの誤植)
実験: SCP-1825は10m x 34m x 3mの床に直径2メートルの穴を一ヶ所設置した部屋で活性化させました。D-1825-1はSCP-1825を通常通り使用します。
結果: ホールは穴にヒットし、SCP-1825はそれをキックアウトホールと解釈してスコアボードは50ポイントを獲得しました。その後、動力は約72.4kphの速度で壁に向かって放出され壁に衝突し直径2メートルの大きな穴が残りました。試験はその直後に終了しました。


テスト番号: 5
被験者: D-1825-1
日時: 20██年2月2日 AM 9:40
実験: SCP-1825は、11m x 11m x 4mの部屋の中で使用されました。壁にはモーションセンサーが設置されており、SCP-1825から生成される動力の強さをチェックします。
結果: SCP-1825は起動時に、ピンボール台から発する典型的な一連のノイズを鳴らした後にボールを​​展開させました。ヒットすると、動力は楕円形に変形した為、SCP-1825のボールは通常の軌道から離れるようになりました。


テスト番号: 6
被験者: D-1825-1
日時: 20██年2月2日 AM 9:50
実験: SCP-1825は、一辺が11m、高さ4mの正三角形の部屋の中で使用されました。壁にはモーションセンサーが設置されており、動力の強さをチェックします。
結果: SCP-1825は、起動時に一連のノイズを発しました<実験ログ-1825-01-A-4>を参照してください。その後D-1825-1はSCP-1825を操作出来るようになりました。しかし、動力はモーションセンサーが検知する度に幅を変化させるようでした。


テスト番号: 7
被験者: D-1825-1
日時: 20██年2月2日 AM 10:00
実験: SCP-1825は直径が11m、高さが4mの円筒形の部屋の内で使用されました。壁にはモーションセンサーが設置されており、動力の強さをチェックします。
結果: SCP-1825が起動すると、テスト4、5(訳注:原文ママ。テスト番号5、6のことか)のような一連のノイズが発せられた後、D-1825-1はSCP-1825を操作出来るようになりましたが、ボールの軌道は予測不可能になり、頻繁に飛び跳ねガラスに衝突しました。


テスト番号: 8
被験者: D-1825-1
日時: 20██年2月2日 AM 10:10
実験: SCP-1825は直径11 mの球状の部屋で使用されました。壁にはモーションセンサーが設置されており、動力の強さをチェックします。
結果: SCP-1825は活性化後、D-1825-1がプランジャーを引っ張る前にテスト5、6、および7で観測されたものよりも大きい、一連のノック音を発しました。ボールがフリッパーに当たると、部屋は直ちに建物の一部から分離し、北西の約500メートルまで発射されました。部屋は3階建ての建物を倒し、建物へと戻りました。ボールはサイトの側面に軽く当たったときに停止し、1階に僅かなダメージを与えました。部屋の内部の調査によると、血液が室内の約30%を覆っていました。SCP-1825はその横で発見され、D-1825-1の衝突によって左後ろ足が曲がり、スコアボードには“TILT”1と表示されていました。これとは別に、SCP-1825はそれ以外の損傷を受けていませんでした。付随する被害には、1室の空きオフィス、廊下の一部、1台の用務員のクローゼット、2室のバスルーム、1人のDクラスの人員が含まれます。
注記:SCP-1825は血液の拭取、脚の修理、直ちに元の格納施設への輸送が必要です。SCP-1825は球状の部屋に置くと部屋をプレイングフィールドとして解釈することができないため、ゲームを開始しようとするとSCP-1825は周囲の何処かをプレイングフィールドだと解釈します。
Dr.T██


テスト番号: 9
被験者: D-1825-3-23; 21人のDクラス
日時: 20██年2月2日 PM 4:02
実験: SCP-1825は10m x 34m x 3mの部屋で活性化され、活性化中の同室には18人のDクラス人員を設置しています。D-1825-3はSCP-1825を活性化させる際、プランジャーを引かないように指示され、活性化から1分後に、D-1825-22とD-1825-23は室内を歩き回るように指示されました。
結果: 予想どおりD-1825-4から21は移動を阻害されました。D-1825-22とD-1825-23が室内へ進むと、両者は問題なく移動することが出来ました。D-1825-22とD-1825-23はSCP-1825を動かすように指示されましたが、D-1825-22およびD-1825-23の試みは失敗しました。一度SCP-1825を停止させると、D-1825-22とD-1825-23はSCP-1825を持ち上げることができました。
注記: SCP-1825をDクラス人員のための封じ込め手段として使用することが検討されていましたが、SCP-1825が持つ破壊的性質が明確なため拒否されました。この実験はテスト番号7でSCP-1825が無傷であり続けたことについての説明になるでしょう。
Dr.T██


テスト番号: 11
被験者: D-1825-3
日時: 20██年2月3日 AM 11:25
実験: SCP-1825を同様の長方形の部屋へと設置し、D-1825-3はボールがドレインに落ちるのを防止するため家具を部屋全体に沿って並べるように指示されました。
結果: D-1825-3がプランジャーでボールを発射するとすぐに、ボールは家具の輪の内側に跳ね返り続けました。ボールはループに閉じ込められ、おそらくドレインに戻るまでボールは止まりません。


テスト番号: 11.1
被験者: D-1825-3
日時: 20██年2月3日 AM 11:34
実験: D-1825-3には工具一式を与え、ガラスを取り外すように指示されました。完了後、D-1825-3はSCP-1825内の家具に接触して、ボールをドレインに落とします。
結果: D-1825-3はガラスの取り外しに成功して、家具の感触を掴む事ができましたが、この行動による更なる損傷はありませんでした。ボールを持ち上げると、動力は天井を突き破りました。D-1825-3は狼狽したもののボールをドレインに落とし、室内に巨大な穴が発生しました。ゲームが終了し、得点はSCP-1825の最高スコアである30,232,450を記録しました。
注記: これらの結果は機械ではなくボールがダメージの根源であると説明します。これは軍事利用の可能性を開くかもしれませんが、これはたった一つだけなので、SCP-1825をそれ以上損傷しうる状況下では使用しない方が良いです。
Dr.T██


テスト番号 12
被験者 D-1825-3
日時 20██年2月3日
実験 SCP-1825は野外に設置され、25メートル先にはトラックが配置されています。D-1825-3はフリッパーに当たる前にボールを取り出し、SCP-1825のプレイングフィールドにあるトラックに似た物体と接触するように指示されました。D-1825-3はトラックを見つけたら、ボールでヒットさせる目的が課せられています。
結果 [テスト中止]
注記:SCP-1825が外部をプレイングフィールドだと認識せず[編集済]をピンボールにしてしまう可能性が高かったため、私は実験を中止しました。SCP-1825の以後の試験は中止し、更なる通達が来るまで保管しておくことを推奨します。


——
補遺 1825-01-A // Dr.T██の声明を留意し、球状の室内及び屋外で行われるSCP-1825の実験は却下されます。
-O5-7//