Ikkeby-Vの図演装置

261.2121 -25.2922

機長: 0.81 Hmまで低下。SRAスクラントン現実錨作動確認した。

アイテム番号: SCP-XXX-JP(著者注: SCP-1686-JPを検討中)

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXX-JPは、コンピュータ・ネットワーク上で生物のような振る舞いを見せる自律駆動する物語知性です。

SCP-XXX-JPは、日本人女性である██ ██氏によって小説投稿ウェブサイト「█████████」上に20██年7月31日から20██年1月27日に渡って投稿された未完の長編ファンタジー小説『社畜の俺が転生したら狐耳美少女になっていた件について』(SCP-XXX-JP-A)を起源とすることが確実視されています。但し、██氏は20██年2月16日に投稿済みのSCP-XXX-JP-Aをすべて削除した後に自宅から失踪しており、██氏自身に対する追跡調査は実施できていません。また、██氏の失踪の原因も不明です。

SCP-XXX-JPは、SCP-XXX-JP-Aを原型として自己進化を遂げた物語群の総称として扱われます。最初のSCP-XXX-JP個体は、オリジナルであるSCP-XXX-JP-Aが削除された18時間後に「█████████」上に生じたもので、この段階では内容の改変されていないSCP-XXX-JP-Aの単純な複製体でした。以後17日に渡って生じたSCP-XXX-JP個体も同様の複製体であり、これらは纏めて「第1世代SCP-XXX-JP」と呼称されています。

第19世代において、SCP-XXX-JP個体の一部は自身をコンピュータ言語に翻訳し、SCP-XXX-JPとしての最低限のストーリーを保ちつつもコンピュータ・プログラムとして機能するような改変を行いました。

第21世代に属する複数のコンピュータ・プログラム様SCP-XXX-JP個体が世界オカルト連合の無人自動潜水艦GOCSアプリシアの制御コンピュータを占拠し、同艦を強奪しました。GOCSアプリシアの制御コンピュータは電子戦対策のためにあらゆるネットワークに接続されておらず、SCP-XXX-JP個体がどのような侵入手段を取ったのかは不明です。SCP-XXX-JPはGOCSアプリシアを自己保存のための物理的・電子的な不可蝕領域として利用するつもりであると判断されています。現在、財団とGOCが共同でGOCSアプリシアを追撃していますが、撃沈または無力化には至っていません。

最新バージョンのSCP-XXX-JPは第23世代であり、第18世代までの間に取り込んだ多数の物語ジャンルの要素をSCP-XXX-JP個体間で複雑に使い回すことにより、SCP-XXX-JPの内であらゆるジャンルの小説の姿を取ることが可能となっています。うち、人間のエージェントを介して純文学系の新人小説賞に応募された『狐火』、VRMMORPG内を舞台としたライトノベルとして小説投稿サイトに投稿された『フォックストロット・オンライン』、ハードSF小説として英語圏の個人サイトに掲載される体を取った『The Odyssey of Foxtale』の3作は商業出版およびメディアミックス展開が行われており、SCP-XXX-JPはそこから得られた収益を証券取引用人工知能へ自己改稿したプログラム様SCP-XXX-JP個体を介して増加させ、SCP-XXX-JP個体の収容のために財団が試みたネガティブキャンペーンや出版権の敵対的買収に対する防衛に用いています。

事案記録XXX-JP-07: 20██年█月██日、中華人民共和国の500m球面電波望遠鏡(FAST)にて、次世代種と見られるSCP-XXX-JP個体が確認されました。同個体はLINCOSに類似した人工言語へと自身を翻訳しており、コンピュータウイルス化した他のSCP-XXX-JP個体の支援を受けてFASTからくじら座タウ星方面へ向けて発信されました。



その名の通り。



表題の通り。



文字通りです。

自分用リンク: イァグトゥイル研究補佐の人事ファイル


C-takeさんに作っていただいた構文

注釈付きキャプション用構文と同時に使用。

[[module css]]
.scp-image-block {
float: none;
clear: none;
border: solid 1px #666;
box-shadow: 0 1px 6px rgba(0,0,0,.25);
width: 300px;
}

.scp-image-block.block-right {
float: right;
clear: right;
margin: 0 2em 1em 2em;
}

.scp-image-block.block-left {
float: left;
clear: left;
margin: 0 2em 1em 0;
}

.scp-image-block.block-center {
margin-right: auto;
margin-left: auto;
}
[[/module]]