午後だけの紅茶

※未完成
題名:午後だけの紅茶
アイテム番号:SCP-XXX-jp-j

オブジェクトクラス:safe

特別収容プロトコル:開閉可能な箱を常に10℃以下を保ってその中に保存して下さい。SCP-XXX-jp-jは開封後出来るだけ早く消費して下さい。

説明:SCP-XXX-jp-jは財団内自動販売機にて発売中です。毎日12:01になると、自動販売機の中のお茶が全てSCP-XXX-jp-jに変わります。種類は多彩で、ミルクティーやストレートティー、レモンティーもあります。美味すぎて仕事出来ない仕事に差し支えのない程度の摂取が認められています。SCP-XXX-jp-jは財団内のコーヒー派を大量絶滅させる恐れがあります。コーヒー派は負けない!少なくとも財団購買部のスタッフは全滅しました。

補填1:SCP-444-jp-jはSCP-444-jp-jと相性が良いです。

補填2:午後しか買えません。

補填3:SCP-682に飲ませたら?摂取させるのに犠牲者が伴うので許可出来ません。