Stargazer's Cellar of Possessions


<!ーーーーーーーーーーーーーーーーーー->
<p><font color="#FFFFFF">この文字の下から記事の下書き</font></p>
<!ーーーーーーーーーーーーーーーーーー->

『SCP-1818-JP ご百度参り』

評価: 0+x

アイテム番号:SCP-1818-JP

オブジェクトクラス: Explained Safe Neutralized

scp_1818_jp_1

SCP-1818-JP-1の神主である中山夫妻(故)

特別収容プロトコル: 現在、SCP-1818-JP-1は、カバーストーリー“危険遊具の撤去工事”によって隠蔽されています。オブジェクトの周囲には通常の工事用パネルを設置し、その内外は常にカメラによる監視を行ってください。SCP-1818-JPへの全ての入口は封鎖し、許可された者以外の立ち入りを禁止します。

現在、オブジェクトはその異常性を失っていると推測されています。上記該当地区の隠蔽処置は検討中です。詳細は補遺を参照してください。

説明: SCP-1818-JP-1は新潟県新潟市█区に存在する神社です。「五百円玉が毎月拾える神社」の噂話が児童に浸透していることが、当時の教育機関に潜入していたエージェント・月島の注意を引き、調査に当たったところ、その異常性が確認されました。追加調査に当たった、這龍沢上級研究員のインタビュー記録1818-JP-01、並びに、文書記録1818-JPなどの提示資料によって、19██年にExplained指定されました。
詳細は下記のインシデント記録1818-JP-01以下を参照してください。

インシデント1818-JP、及び、Safeへオブジェクトクラスの改訂以降、本文書とその類似品はSCP-1818-JP-2に指定されました。担当の財団職員によって回収を急いでいます。回収されました。それに従い、Neutralizedへオブジェクトクラスの改訂が行われました。

以後、本オブジェクトの校舎としての運用は、凍結され、位置する区域ごと財団のフロント企業により買収・管理されています。

SCP-014-JP-EXは異常性が存在しないため、財団においては当該案件の対処は行わず、外部団体である██工務店に現在の撤去工事の引き継ぎを審議中です。