星宮玻璃の砂箱
rating: 0+x

アイテム番号:SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス:Keter

特別収容プロトコル:このオブジェクトは現在未収容です。オブジェクトの収容違反を防ぐため、財団フロント企業による広報活動及び、政府と協力した労働環境指導・生活環境改善キャンペーンが行われていますが、収容違反の数は年々増しています。

説明:SCP-XXX-JPは、所謂“深夜”とされる時間帯(午前0時~2時頃)にヒトが活性化する現象です。主な変化としては、気分の躁状態、心拍数の上昇、突発的な行動の増加が挙げられます。SCP-XXX-JP現象下に陥る人物(以下SCP-XXX-JP-Aと呼称)にはある程度の共通点があり、
・寝起きが悪い
・電子機器への依存傾向
・日中はあまり活発ではない様子を示す
などが挙げられます。
SCP-XXX-JP事象は今や世界中に広がりを見せており、最悪の事態としては、生活時間帯の大幅な変更によるEK-クラス:未定義シナリオが引き起こされます。

SCP-XXX-JP事象の解明のため、SCP-XXX-JP-A個体となったことのある██研究員にインタビューを行いました。

このインタビュー記録に基づき、現在の収容プロトコルは制定されました。

補遺:SCP-XXX-JPの発生を防ぐため、新規財団機動部隊の割り当てが検討されましたが、あまりに効果に対して予算額が大きいとの理由により、O5評議会により却下されました。

確保はやね収容はやおき保護あさごはん。昔からある収容プロトコルなんだ、普及に努めるように。 O5-█