hitujiの砂箱
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPが発見された██島は現在█████氏の所有する無人島に偽装し管理されています。██島の半径3キロ圏内に侵入した船舶には全て進路を変更するように警告してください。また島内は一般人、職員どちらも踏み入ることは許可されません。SCP‐XXX-JPを目視した場合、即座に該当者を拘束しクラスBの記憶処理を施してください。その後異常が見られないのを確認次第解放することが許可されます。島内の監視は無人探査機および各所に設置された監視カメラで行ってください。SCP-XXX-JP-Aはサイト8141内に存在する監視カメラの設置された簡易生物収容施設に収容してください。SCP-XXX-JP-Aは食事を必要としませんが希望するなら専用の配膳口から日に3度食事を提供してください。また、娯楽も度を過ぎたものでない限り許可されます。

説明: SCP-XXX-JPは緯度██°██′██″経度███°██′██″に存在する████年まで有人島であった無人島で発生していた現象です。この現象はSCP‐XXX‐JP‐Aと呼称される人間を見たときに発現します。SCP‐XXX‐JP‐Aを目視すると目視した人間はSCP‐XXX‐JP‐Aに対して異常なの食欲を促進されます。これは肉体の損傷や拘束などの障害を受けても持続されます。SCP‐XXX‐JP‐Aの肉体を一部でも口内に含むとSCP‐XXX‐JP‐Aの性質を受け継ぎ、SCP‐XXX‐JP‐Aとなります。SCP‐XXX‐JP‐Aの性質は次の通りです。

1・細胞が増殖、死滅しなくなり老化しなくなります。
2・負傷しても約1分~5分程度経過すると回復を開始し、10分程度で完全に回復する不死性が発現します。
3・時期に法則性はありませんが一定の時間1が経過すると以上の性質が一切喪失し、かわりに通常の約530000倍~2600000倍の速さで細胞が活動し、ほとんどの場合その場で死亡します。

発見当時、SCP-XXX-JP-Aは約130の固体が存在しお互いを摂食していました。そのうち6割が拒否の意思を示しながら、他4割は意思疎通が不可能な状態でSCP-XXX-JP-Aの他の個体に対し摂食行為を行っていました。

補遺:██島への3度目の調査の際、異常性が起きる前に村長であったと思われる███氏の手記が見つかりました。そこには人魚と称された10〜14歳程の少女の形をした人型実体であるSCP-XXX-JPの異常性の発生源と思われる個体(以後SCP-XXX-JP-Bと呼称)が自らの肉を分け与え去っていったと記述されています。同時にSCP-XXX-JP-Bの写真も回収したため、それをもとに██島半径20Km内でSCP-XXX-JP-Bを捜索しています。SCP-XXX-JP-Bの性質は詳しく分かっていません。以下は███氏の日記を抜粋したものです。

人魚に出会った。始めは私も人魚などと馬鹿らしいと思ったが彼女は本物だ。いくら肉を切り落とそうが死ぬことはなく、更には笑顔を浮かべ自らその身を差し出してみせる。
素晴らしい。今まで70年生きてきたがこんな素晴らしいことがあっただろうか。
私は伝説上の不老不死の存在になったのだ。惜しむべくはあの私の人魚をみすみす逃してしまったことだろうか。次にあった時は骨までいただくとしよう。あれは全て私のものだ。

███氏は現在発見されておらず、おそらく3の性質を発揮したものと思われます。

追記:███年██月██日にSCP-XXX-JP-Bが██島から約██Km先の沿岸部に位置する███町に出現していたことが確認されました。この時、異常性に暴露した民間人、職員はおよそ███人に届きます。
この三ヶ月後、SCP-XXX-JP-Bは███町から約███Km先に位置する山間部の都市に設置された防犯カメラに捉えられました。この際SCP-XXX-JP-Aとなった民間人だけでものべ████人に昇ります。これによりSCP-XXX-JP-Bの捜索の半径は███Kmまで拡大されました。また、SCP-XXX-JP-Bは防犯カメラに手を振る、財団宛てと思われるメッセージ2を残す、などの行為を行っていることから財団の存在を認知し故意的に防犯カメラに写っていた可能性が示唆されています。事態を重く見た██博士によりオブジェクトクラスをKeterへ引き上げることが現在検討されています。

[ただいま作成中]