hiroshi koishi
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: キャップを締めた状態で、金属製の一般的な金庫に保管してください。

説明: SCP-XXX-JPは、█████社製の油性マーカーペンに似た緑色のペンです。見た目に異常はありません。このオブジェクトの異常性は、数式を書き、「→」等で別の式を繋げることにより発生します。(「→」より前の式をSCP-XXX-JP-a、「→」より後の式をSCP-XXX-JP-bとします)式の書かれた場所から最も近い、SCP-XXX-JP-aに似た形状のものは、それがどんなに加工しにくい形状であっても、SCP-XXX-JP-bの形状に変化します。変化の際、周辺の環境の改変が行われます。ただし、書かれた式は消失しないため、大まかな変化前の形状を把握することが出来ます。書かれた式は、どんな方法を持ってしても消えません。そのため、風化によって数式の可読性が損なわれることはありません。

20██年11月26日、職員が別件でアメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス市の██公園で監視を行っていた際にSCP-XXX-JPと当オブジェクトで筆記された数式を発見、「落とし物」として回収しました。その後、同職員がSCP-XXX-JPによる簡単な長さに関する計算を飛行機機内で行った際、機体の形状が一般的ではない形状であることを認識し、異常性が確認されました。なお、機体の形状は飛行に適したものでないにも関わらず、定刻通り日本の██空港の予定された滑走路に到着しました。飛行機は、現在修理だとして回収されていますが、機体に異常性はありませんでした。