ひくわ

[[tabview]]
アイテム番号:scp-XXX-JP
オブジェクトクラス:Safe
特別収容プロトコル:scp-XXX-JPは密封された箱の中ならどの様なものでも保管できる。
説明:scp-XXX-JPは210 × 297 ミリの小学生6年生レベルのテストプリントである。このプリントは、赤い採点ペンで0点と書かれています。        破ると破った人物が精神年齢9歳になりプリントは修復されます。
このプリントを肉眼で見た一般人、知能が一般より上の人物は0歳同様の知性になってしまいます。しかし一般人より下の知能の人には影響が出ないことが判明しています。ですが1枚何か障害物を挟むことでだれでも見れることができます。
scp-XXX-JPは2017年6月26日に日本の九州南部において風に吹かれ流れ着いたことにより203名が被害にあうことにより財団により確保されました。財団エージェントは、ほとんどが知能が高く財団内で200名被害を受けました。その後小学2年生の少年██████により確保できました。その際少年がプリントをファイルにとじていたことで何か障害物を挟むと被害をなくすことができると分かった。
実験記録1 - 日付2017/6/27
>被験者:D-039992
> 実施方法:D-039992にscp-XXX-JPの内容を書き換えさせる。
>結果:D-039992は推定9歳の精神年齢になった。
[[/tabview]]