HiddenName
  • タイトル: SCP-952 - NP Rock
  • 作者: UraniumEmpire
  • タグ: 聴覚 認識災害 非実体 keter 知識 ミーム 精神影響 音楽 scp ベロニカ・フィッツロイ



評価: 0+x

アイテム番号: SCP-952

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-952の影響下にある音楽企画はあらゆる手段を用いて終了してください。また、SCP-952の影響下にある音楽を録音記録している物理媒体は、標準タイプ-C反ミーム保存装置に複製し、その後破壊してください。SCP-952の影響下にある音楽家が主催する会場は、影響を受けた職員が居ないと確認されるまで閉鎖してください。

SCP-952への対抗ミーム・エージェントの開発が進行中です。完成するまで、SCP-952の影響下にある全個体は拘束してください。

予防措置として、音楽業界内の財団エージェントは、SCP-952が完全収容されるまで"マス・ロック"のジャンルとしての評判を下げるよう努めてください。関連職員は詳細を知る為に資料952-32を参照してください。

説明: SCP-952はマス・ロックの異常な下位ジャンルで"NPロック"として知られています。それは主に、楽器調整・主題・難解な音楽技術それぞれの特殊な組み合わせによって定義されます。物証が示すところでは、これらの要素の集積がSCP-952の異常性の原因です。

SCP-952楽曲を聞くと、被験者は直ちにSCP-952を固有の音楽ジャンルだと判別します。さらに、周期的な視聴は(楽曲を一日一回以上聞くことと定義されます)次のような異常効果を発生させます:

  • 一週間以上の周期的視聴の後、音楽経験の有る被験者はSCP-952を再作曲する方法を会得する。
  • 四週間以上の周期的視聴の後、音楽経験の有る被験者はSCP-952以外の楽曲を演奏することができなくなる。
  • 四週目以降、被験者の人格は多大な変化を受ける。この変化は被験者同士で異なるが、どの場合でも既存の恋愛関係は存続し得ないことが観測されている。
  • 12週目以降、SCP-952でない全楽曲の視聴は被験者に著しい苦痛をもたらす。

既知の最古のSCP-952実体は幹線道路の燃え殻1と考えられており、当アルバムは"スペードのハウス"として知られるバンドが20██年に公開しました。20██/09/28時点では、少なくとも████個のSCP-952楽曲が未収容であると見積もられています。

インタビューログ[952-01]:

インタビュー対象: ベロニカ・フィッツロイ

インタビュー実行者: エージェント・ヘイ

前文: Ms.フィッツロイ氏はスペードのハウスのドラム担当であり、脱退後も公衆の面前に現れる唯一の人物であった。財団は彼女と接触し、ピッチフォークのコラム記者との対話に偽装してインタビューを行った。

<ログ開始>

エージェント・ヘイ: おはようございます、Ms.フィッツロイ。

フィッツロイ: マーガレット、お願い、ベロニカと呼んで。Ms.フィッツロイってのは、はるか昔の歴史的オカルト人物で、そっからラスト・ネームを……

(七秒間の沈黙)

フィッツロイ: 長ったらしかった? あぁ、作詞家はイジー2だったものねぇ。けどまあ、ベロニカで良いの。

エージェント・ヘイ: わかりました、M……ベロニカ、すみません。では始めましょう、スペードのハウスでの仕事のついて、本当に話したかったんです。ずっと聞き続けて、そして、まさしくこう言うべきでしょう、感動しています。あれは他の何とも違います、少なくとも私が聞いたことの有る"他の"ものとは。

フィッツロイ: あぁ、有難う。そうね、多分私の傑作のどれかでしょう。大好きになった? 自己表題? 幹線道路の燃え殻? デイビッド・キャメロンが死んだ豚を犯した

エージェント・ヘイ: どう思い付かれたのも気になります、好きなのと同じくらい……つまり、一番興味がそそる話題は幹線道路の燃え殻を作る際にあなたが成したことなのです。

フィッツロイ: あら、ナード。えぇ、いえね、あれはめっちゃ楽しかったけど、私が全部やったわけじゃないの。ジャック3は私の手にとって目みたいなものだったし、その反対もそうだった。イジーも助けてくれて、そして、サラ4も口車に乗れば便利だった。でも、大部分が私たち二人。その方が簡単だったの。

エージェント・ヘイ: そうだとしても、あれは魔法みたいなものですよ。スペードがずっと"math rock"のお仲間であるとは知っていますが、あれは全くの別物だと思いましたね。

フィッツロイ: ええ、そう、わざとやったの。最初は文句言ってた奴らも結局皆あれを真似したんだから。新しい音楽ジャンルを始めるってのはいつでも面白いものね、特にその名前を"NPロック"みたいなバカげたのにするときは。

エージェント・ヘイ: 大変興味深い名前選びです。その理由を聞いても構いませんよね?

フィッツロイ: もちろん、それで、PがNPにどうやって等しくないか知ってる?

エージェント・ヘイ: ええ。

フィッツロイ: (短い間)NPロックは即席の戯言の類じゃない。慎重な計画と熟考が必要だった、特に私とジャックのパートではね。存在しない音を作ろうと思ったこと有る?

エージェント・ヘイ: えー……うーん、誰でも一回は有るんじゃないでしょうか。

フィッツロイ: めちゃくそむずいのよ、ええ。脳は無意味なことを言うようには配線されてないの、[認識災害編集済み]みたいなことはね。つまりね、NPロックが何かは簡単には決められないの。でも、それを認識するのは簡単、一度聞けば分かる。それに、真似するのもね……つまりね、そうさせることが大目的なの、とにもかくにもね。私はTTNG以降行き詰まった業界に変革をもたらしたかった。

エージェント・ヘイ: ええ、実に革命的——

フィッツロイ: むしろあれは……破壊行為かな、私としては。

エージェント・ヘイ: ……どういうことでしょう?

フィッツロイ: ジャックが何を考えてあれを思い付いたのかは分からない、多分下らないことなんだろうけど。麻薬企画なんて大抵バカげてるもの。でも、繰り返すけど、私には単に計画が一つ有るだけだった。業界に滅入る穴を開けたかった。それで、サラが感じた喜びを全部奪い去って、足元に踏みつけたかった。

(エージェント・ヘイは発言を試みるが、フィッツロイに遮られる。)

フィッツロイ: サラには二つしか無かった。音楽と、そして、軽薄で、快楽主義の、くそったれたガールフレンド。あいつの指を切り落とすか、マス・ロックを滅ぼすか、その間で、そう、私は牢屋に入れられるかもしれないし、マイク・キンセラやザック・ヒルと共に崇められるかもしれない。イジーが最初に自殺すれば良いって思ったこともあるけど、彼女がBrinegash脳の切り傷5になるのを見るのは格別な慰めになったわね。

エージェント・ヘイ: えーっと、すみません、誰かについて話すのは恐ろしいことですよ。それに、サラとの関係が良く分かりません。

フィッツロイ: お姉さん、持ってないジャンルにスコアなんてあげられないでしょう。クソジャンルの全部がhipster nerdsがデートできないことの証なの。聞いてみて、Wayne Szalinski、Polvo、TTNG、 [認識災害削除済み]、あるいはクソなKinsellaの歌、アホなハウスがやったこともないようなシャワー。不幸の中に身を委ねて、それが手に入れられるもの。不幸が魂の鼓動をシンコペートするならなおさら良い。

エージェント・ヘイ: すみません、ですが、"魂の鼓動"はやや込み入っています。もっと簡単に言ってくれませんか?

フィッツロイ: ええ! 最初の質問はね。あなたたちはいつもとぼけているのかしら?

エージェント・ヘイ: ……どういうことです?

フィッツロイ: 重大な質問よ。全ての魂が似たような周波数で生きている。鍵は周波数が何かを掴むこと。そして、今あなたは取締官の周波数をガンガン鳴らしている。

エージェント・ヘイ: えっと……聞いてください、言っている意味が——

フィッツロイ: どうやってかジャックがNP rockをコケにして聞かなかったのを知って、正しい証明は無いのに、PとNPの私の発言に同意して、6そして何より、Pitchforkは馬鹿にしてないの、だって私のソロアルバムに2.6を付けたんだから。政府のオカルト組織のGメンか、それならあんなたは全然合ってないけどね、それかBrinegashの女の一人か、そっちだったらずいぶん手厚い歓迎だけどね、私を殺してもサラは帰ってこないってのに、だってAshyはもう死んでいる!

エージェント・ヘイ: フィッツロイさん? 大丈夫ですか?

フィッツロイ: そういうことね? 私をただ……調べるだけ? ……ええ。イジーにそっちが勝ったって教えてあげな。クソたらしいことに勝ったって、何年も経ってからね。私は哀れな██████ババアで、復讐の為に幸せな人生を投げ売ったんだ。でもねえ、サラはもう死んで、イジーは二度とベースをチューニングしない、[編集済み]の外ではね。で、それがどうしたっていうんだ!?

<凄まじい大音響が聞こえ、エージェント・ヘイはフィッツロイが後ろの壁にかけられていたベースを引いたことを報告した。数秒後に静寂、そしてフィッツロイが椅子にもたれかかる>

フィッツロイ: 私の声明は寝室で、遺言はキッチンで。楽しかったよ。████ ███ ██ ███ ████ █████.

<ログ終了>

最終弁論: インタビュー終了の直後、フィッツロイはクッションの下からリボルバーを取り出し、自身の額を撃ち抜いた。/20██/██/██、Ms. フィッツロイの遺言が機密解除された。

資料952-02:

私、ベロニカ・キャサリン・フィッツロイは、健全な肉体と、そして自身の意志を実行するに足りるクソったれた精神を持ち、Brad CameronとThe Man in Bandagesに視聴され7(二人共、後々合法的クソを扱えるようになる)、以下のように財産の分与を宣言する。

Jack of Spades、自身を知る者、そしてMadam Brinegash、同じく自身を知る者、へ、Sara ██████ ███████の魂を遺す。あれと格闘するのを楽しめ。人の不幸を利用した寄生虫共め。

また、the Jack of Spades、先と同じく今一度、自身を知る者、へ、House of Spade'sの稼ぎの私の取り分を遺す。Self Titled以外の関連アルバムとEP、ギターの絶技だと知ってるだろ? 私がHighway Ashを作るのを手伝ったことの感謝と考えてくれ。お前のクソ変なチンポが湿ることはないと知ってるよ。

Ana ███████へ、Confronting Drunk Driving by H. Lawrence Rossの複製を遺す。お前が姉に似ているなら、私も幾度もそれを読んだよ。

To the Goddess of Cider、愛しきAshyを持つ者、へ、我が魂を遺す、旅にならないとは承知してる。

そして最後にBrad Cameronへ、他の全てを遺す。あんたはうちらのなかでも実に最高のやつだった、そしてあんたを3年の自殺のせいで作曲から蹴り出したのを申し訳なく思う。