HiddenName
  • タイトル: SCP-1205 - Wallflower
  • 作者: Skara Brae(アカウント削除済)
  • タグ: 音波 人工 認識災害 safe scp 自己修復



rating: 0+x
wallflowerSCP-min.jpg

7/██/██時点でのSCP-1205

アイテム番号: SCP-1205

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1205は、窓が無い弱光の収容セルに、監視カメラに向けた状態で安置してください。月毎に空気質検査を行い、カビの発生を防ぐように空気質を補正してください。

オブジェクトの規模・形状の変化イベントの際、監視を行う職員に警報が入ります。インシデント1205-G███についての更なる情報が明らかになるまで、ライブビデオ映像自体の観察は禁止されています。

説明: SCP-1205は、花が印刷された朽ちかけの壁紙の一片で、未だに切り取られた壁の一面に貼り付いているように見えます。紙は年季が入って剥離しており、ビニール無しの壁紙と同程度に燃焼(火と様々な化学物質の両方)や切断に脆弱なようです。オブジェクトを意図的に傷付けるよう指示された被験者は、まるで遠くから沸騰したやかんを連想させる持続した金切り声が聞こえることを報告しました。

オブジェクトが破壊された場合、24時間以内に全部分が以前と同じ箇所に同じ状態で再出現します。切断されたり千切られて取り除かれた断片は、阻止する術無く数分の間に細かな塵に崩れ、同じく24時間以内に再出現します。また、オブジェクトの形状や規模が不定期に変化するのが観測されています。この変化によってオブジェクトの表面積が6平方センチメートル以上増減することは有りません。

実験環境下では、オブジェクトとの相互作用によって、短期長期を問わず、精神的・物理的・その他の形態での損害が発生することは観測されていません。しかし、インシデント1205-G███をめぐる議論からは、認識改変についての更なる試験が必要であると示唆されています。

インシデント報告1205-G███はSCP-1205に割り当てられた全ての職員が読まなくてはなりません。

注記: 以下のファイルはDr. E███ G███の個人的覚書・記録からの抜粋を含みます。財団職員と家族の参照情報は全て検閲されています。目撃者によって意見が分かれたDr. G███のイベント描写には適宜注釈が挿入されています。

補遺7/██/██: While performing air-quality tests in the containment cell, a junior researcher claimed to witness the following
"I'd just finished up… and I know it isn't a known issue, but I felt weird turning my back on it. So I backed out of the room, keeping an eye on it
and then I saw it move. It was like a little seam appeared in one corner, and a little scrap of it quivered, like someone was trying to tear it off. It pulled free and fluttered to the ground, but I must have blinked. When I looked again, it was gone."

補遺2: An anonymous Foundation researcher notes that he/she has read both the incident report and Dr. G███’s original documents several times, and thoroughly. It is his/her opinion that sections of writing have since disappeared from the handwritten originals. This claim is disputed by other researchers.