Hibloom
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現在の収容手順は発生したSCP-XXX-JPに関する情報規制に留まっており、完全な収容手順については現在研究が進められています。

機動部隊づ-2("観劇者")は日本国内の劇場に観客として潜入し、SCP-XXX-JPの発生が確認された場合、速やかに照明機器の操作等による妨害を行い上演を中断させます。演劇関係者および観客にはクラスA記憶処理を施し、カバーストーリー「劇場設備の点検不備」を適用します。

説明: SCP-XXX-JPは日本国内の劇場で公演される演劇の上演中に発生する異常な現象です。SCP-XXX-JPが発生した場合、その演劇の出演者の内1名がSCP-XXX-JP-1となります。上演開始13~18分後、SCP-XXX-JP-1以外の出演者はステージから退場し再度登場した場合、容姿がSCP-XXX-JP-1のものと同一になります。(以下、SCP-XXX-JP-1と同一の外見になった人物をSCP-XXX-JP-2とします。)SCP-XXX-JP-2へ変化した際、体形や声等はSCP-XXX-JP-1と完全に同一であるように見られますが、SCP-XXX-JP-2となった人物が元々身に着けていた衣装類に関しては元のサイズを保ちます。

上演中、SCP-XXX-JP-1、SCP-XXX-JP-2に変化していない人物を含むすべての出演者と演出家、脚本家、照明や音響等のスタッフはSCP-XXX-JPの発生を認識しておらず、普段通りに演劇を進行しようとします。一方で観客はSCP-XXX-JPの発生に気付いており、多くの場合は観客席に混乱が広がる等の理由で上演が一時中断されます。その場合、中断となった時点でSCP-XXX-JPは終了します。劇が最後まで進行すること無くSCP-XXX-JPが終了した場合、SCP-XXX-JP-2に変化した人物の外見は不明なタイミングで元の容姿へと戻ります。元の容姿へ戻る瞬間の観測は現時点では成功していません。

SCP-XXX-JPが観客から演出の一部であると認識された等の理由で劇が中断されること無く最後まで終了し、尚且つ劇を通してSCP-XXX-JP-1を除く全ての出演者がSCP-XXX-JP-2へと変化した場合、閉幕或いはステージ上から退場した時点でSCP-XXX-JP-1は消失し、SCP-XXX-JP-2は元の容姿へと戻ります。終演までにSCP-XXX-JP-1を除く最低1名以上の出演者がSCP-XXX-JP-2へと変化しなかった場合、SCP-XXX-JP-1の消失は発生せず、SCP-XXX-JP-2は元の容姿へと戻ります。消失したSCP-XXX-JP-1の行方は現在まで明らかになっていません。調査記録XXX-JP-1を参照してください。

SCP-XXX-JPは201█年からSNS上で「劇を見ていたら出演者が全員同じ人になった」という旨の投稿が散見されるようになった事に興味を持った財団エージェントによって調査が開始されました。当初は演出の一環かと思われましたが、エージェントがファンを装い演出家に接触したところそのような演出は行っていないと主張していること、出演者の変化に気づいたのが観客のみであり関係者は変化を認識していないこと、出演者の内1名が失踪していること等からオブジェクトとしての収容が開始されました。舞台役者の失踪及び異常な演出に関する過去の記録を調査したところ、198█年頃から最低でも年間█件のSCP-XXX-JPが発生しており、SCP-XXX-JPによる失踪者は201█年現在でおよそ7█名に上ることが判明しました。

201█/10/██、東京都██区にてエージェント██が観賞していた演劇にてSCP-XXX-JPが発生しました。演劇のジャンルがSFであり、SCP-XXX-JPが演出の一環と認識されたこと、エージェント██が後方の席に座っていたことが幸いし、他の観客に気付かれること無く舞台袖に潜入、SCP-XXX-JP-2が増加する前にSCP-XXX-JP-1と思われる人物にGPS発信機を取り付けることに成功しました。SCP-XXX-JP-1が消失したおよそ15分後、同区内の廃劇場「████」にてGPS信号が確認されたため、エージェント██による初期調査が行われました。

調査記録内から得られた男性(以降SCP-XXX-JP-3)の容姿を財団および警視庁のデータベースに照らし合わせたところ、過去に暴力事件を起こしたことによって逮捕歴のある丸藤 ██氏であることが判明しました。以下は丸藤 ██氏へのインタビュー記録です。

補遺1: 201█/3/██、東京都豊島区池袋の劇場にてSCP-XXX-JPが発生、SCP-XXX-JP-1は20代後半で大柄の男性でした。奴隷の少女役であった10代後半の女性がSCP-XXX-JP-2に変化した際、衣装として身に着けていた首輪により窒息、死亡しました。死亡した女性の容姿は元に戻らず、SCP-XXX-JP-1となった男性の姿を維持していました。死者が出たことにより劇は中断され、SCP-XXX-JP-1の消失は発生していません。SCP-XXX-JPによる初の死亡例です。

補遺2: 201█/11/██、埼玉県蕨市内の中学校にて、文化祭の出し物である白雪姫の公演中にSCP-XXX-JPの発生が確認されました。劇を監修していた教師及び照明、音響担当の生徒を監督していた教師はSCP-XXX-JPの発生に気付かず、劇と直接的な関わりのなかった学年主任教諭の指摘により劇は一時中断されました。そのためSCP-XXX-JP-1の消失は発生していません。劇場施設以外での初めてのSCP-XXX-JP発生例です。これに伴い特別収容プロトコルの改定が議論されています。