Hebiyama
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8122内の、幅1mをあけて2重壁にした標準人型収容室に収容されます。出入り口を除く収容室内の扉がすべて取り除かれ、密閉された箇所がないことを確認してください。2重壁内の空間は監視カメラを用いて24時間監視します。2重壁内の空間にSCP-XXX-JP-1が出現したことを確認した場合、SCP-XXX-JP-1の使用申請がない場合はSCP-XXX-JP-1を速やかに終了してください。
SCP-XXX-JPへの給餌の際には、SCP-XXX-JPに調理済みのSCP-XXX-JP-1を必要な分だけ摂取させてください。残りのSCP-XXX-JP-1は焼却処分されます。SCP-XXX-JPとSCP-XXX-JP-1を対面させることは現在許可されていません。

説明: SCP-XXX-JPは身長171cm体重68kg、20██年時点で51歳の日本人男性です。遺伝子構造は通常のモンゴロイドと同じであることが判明しています。SCP-XXX-JPは24時間に1度、直前に就寝した地点から最も近くにある壁を1枚隔てた空間に自らの複製(SCP-XXX-JP-1)を出現させます。このとき、SCP-XXX-JPの損傷が消えることが分かっています。SCP-XXX-JP-1を出現させる際、直前に就寝した地点から壁までの距離に制限はありません。SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-1を出現させた後、最長6時間以内にSCP-XXX-JP-1に対する食人欲求と著しい空腹を訴えます。実験により、これらはSCP-XXX-JP-1を摂取するまで解消されないことが分かっています。

SCP-XXX-JPは19██年7月██日、滋賀県██市における連続殺人事件の被疑者として逮捕、勾留されました。SCP-XXX-JPが居住していたアパートの一室から異臭がすると近隣住民が通報し、██体の一部腐敗した身元不明の死体に囲まれているところを発見されました。逮捕までに死体の一部を摂取していたことが判明しています。また、逮捕時には著しく精神的安定を失っていたことが報告されています。勾留中にSCP-XXX-JP-1を出現させたため異常性が判明、財団に委譲されました。

SCP-XXX-JP-1は発生時点でのSCP-XXX-JPの記憶及び損傷を含む健康状態を引き継ぎます。また、実験によりSCP-XXX-JPと同一の異常性を持つことが判明しています。

実験記録XXX-1 - 日付19██/03/27

対象: SCP-XXX-JP-1

実施方法: SCP-XXX-JPに与える分を予め取り除いた状態で放置し、24時間の監視をつけて観察する。

結果: 24時間後に、SCP-XXX-JP-1と同一の損傷を負った、さらなる複製(SCP-XXX-JP-1')を出現させた。SCP-XXX-JP-1'の出現と同時にSCP-XXX-JP-1の損傷が消えたことを確認した。

分析: SCP-XXX-JP-1もSCP-XXX-JPと同じか、類する異常性を持つと思われる。また、SCP-XXX-JP-1'出現時にSCP-XXX-JP-1の損傷が消えたのは注目すべき点である。検査の結局、治癒ではないことが判明した。さらなる調査が必要と思われる。

追記: SCP-XXX-JPに非致死性の軽微な損傷を与えて同様の実験を行った結果、SCP-XXX-JP-1出現時にSCP-XXX-JPの損傷も消えることが確認された。

実験記録XXX-2 - 日付19██/10/09

対象: SCP-XXX-JP-1

実施方法: 監視をつけて24時間絶食させる。

結果: 実験開始から約3時間後にSCP-XXX-JP-1'を出現させ、その約2時間後に著しい空腹を訴えた。実験開始から約10時間後に激しい精神的苦痛を訴え始め、その約9時間後に実験を終了。

分析: 通常、24時間の絶食で自己終了に至ることはないため、SCP-XXX-JP-1には絶食中かなりの精神的苦痛が生じていたと思われる。

追記: SCP-XXX-JP-1は実験の約4時間後に新たにSCP-XXX-JP-1'を出現させた後、自己終了した。

実験記録XXX-3 - 日付19██/04/21 - 19██/04/22

対象: SCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JP-1

実施方法: 両者に異なる問題を解かせた後、SCP-XXX-JP-1を終了。翌22日に新たに出現したSCP-XXX-JP-1にどのような問題を解いたか聞き取りを行う。

結果: 回答は前日にSCP-XXX-JPが解いた問題と同一であった。また、前日にSCP-XXX-JP-1が解いた問題については記憶していないことが判明した。

分析: 少なくとも複製後の記憶を新たに共有することはないようだ。