薄力粉でできた砂場
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは保管サイト-██の低脅威度物品用ロッカーに収容します。実験時にはレベル3職員の許可が必要です。また何らかの特別な理由以外でSCP-XXX-JPを使用することは禁止されており、使用する際は必要最低限の接触・対話を心がけてください。

説明: SCP-XXX-JPは高さ10センチ、直径3センチ、芯の長さが5ミリの淡黄色をした蝋燭です。一般的な蝋燭と同様に点火することができますが、その光は通常のものより強く対象から20センチ離れた地点で700ルクスとなりました。これは、一般的な蝋燭の約70倍の照度となります。SCP-XXX-JPは一般的な蝋燭とほぼ同じ融点なため点灯中溶解しますが、点灯による蝋の消費は通常の10%に留められています。この光を目視し視界から外すと、目視し続けた時間にかかわらず視界にSCP-XXX-JP-Aが確実に映り込みます。SCP-XXX-JP-Aの出現時間は光を注視した時間におおよそ比例します。二人以上の人間にSCP-XXX-JP-Aが同時に映り込むことはありません。
SCP-XXX-JP-Aは人型の光の残像です。容姿は小学校低学年ほどの少女にみえます。SCP-XXX-JP-Aはこちらの様子を認識しており話すことはありませんが、こちらの言語を理解しているため身振りによる意思疎通が可能です。しかし、SCP-XXX-JP-Aとのいかなる対話、接触は控えてください。詳しくは、改定前の記事を参照してください。